意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「明るい」とは?意味や使い方!例文や解釈

「明るい」とは、「光が強く差して(光量が大きくて)物が良く見える状態」などを意味する言葉です。

「明るい」「意味・読み方・使い方・明るいを使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「明るい」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「明るい」とは?
  • 「明るい」の表現の使い方
  • 「明るい」を使った言葉と意味を解釈
  • 「明るい」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「明るい」の反対語
  • 「明るい」の類語や類義語・言い換え
  • 「明るい」の英語と解釈


「明るい」とは?

「明るい」という表現は、「光量が大きくて物が良く見える状態」「性格・表情・雰囲気などが陽気・前向きで朗らかなさま」を意味しています。

また「明るい」という言葉には、明るくて物が良く見えることからの連想で、「その物事・方面によく通じていて知っている」「将来に希望・喜びが持てるような状態」「隠したくなるような後ろ暗いところがない」といった意味もあります。

  • 「明るい」の読み方

「明るい」の読み方

「明るい」の読み方は、「あかるい」になります。



「明るい」の表現の使い方

「明るい」の表現の使い方は、「光が強く差して物が良く見える」の意味で使うという使い方になります。

「明るい部屋なのですぐに見つかりました」などの文章で使えます。

「性格・表情・雰囲気などが陽気で朗らかな時」にも、「明るい」の表現を使えます。

例えば、「明るい笑顔に癒されます・明るい雰囲気なので安心しました」などの文章で使われています。

また「明るい」の言葉は「その分野・方面について良く知っている」の意味でも使うことができ、「彼はインドの地理に明るかったのです」といった文章で使用できます。

「明るい」を使った言葉と意味を解釈

「明るい」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「明るい部屋」【あかるいへや】
  • 「明るい性格」【あかるいせいかく】
  • 「漢字に明るい」【かんじにあかるい】

「明るい部屋」【あかるいへや】

「明るい部屋」という言葉は、「光が十分に差し込んでくる暗くない部屋・光量の大きさで内部が良く見える部屋」のことを意味しています。

例えば、「私は賃貸物件を借りる時にはいつも、不動産屋に日当たりの良い南向きの明るい部屋を探してもらうようにしています」といった文章で使えます。

「明るい性格」【あかるいせいかく】

「明るい性格」という表現は、「(周りにいる人たちの気分を明るくするような)陽気・ポジティブで朗らかな性格」のことを意味しています。

例えば、「彼女は人を笑顔にする明るい性格なので、いつも周りに複数の友人たちが集まってきていました」といった文章で使われます。

「漢字に明るい」【かんじにあかるい】

「漢字に明るい」という表現は、「漢字の分野・方面に精通していて、たくさんの漢字の読み書き・解釈ができるということ」を意味しています。

例えば、「漢字に明るい人がいると、正しい漢字を使用した美しい文章を作成できます」といった文章に使用することができます。



「明るい」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「明るい」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「明るい」を使った例文1
  • 「明るい」を使った例文2

「明るい」を使った例文1

「未成年の子供たちは明るい時間帯に友達と遊ぶようにして、外が暗くなる前に自宅に帰った方が安全なのです」

この「明るい」を使った例文は、「未成年の子供たちは、太陽の光が十分に差していて暗いところがない時間帯に友達と遊ぶようにして、外が暗くなる前に自宅に帰った方が安全である」ということを意味しています。

「明るい」を使った例文2

「成績トップの営業員である彼女の武器は、見る人の気持ちをあっという間に和ませて信頼させてしまう明るい笑顔でした」

この「明るい」を使った例文は、「成績トップの営業員である彼女の武器は、見る人の気持ちをあっという間に和ませて信頼させてしまう、陽気・前向きで朗らかな笑顔であった」ということを意味しています。

「明るい」の反対語

「明るい」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「暗い」

「暗い」

「明るい」の反対語として、「暗い」があります。

「暗い」という表現は、「光量が小さくて物・周りが良く見えないこと」「気持ちが晴れず陰気でふさぎ込んだ感じがあること」「将来について期待・希望が持てない」「人に知られたくない事情がある」「その方面・分野について知識が乏しくて詳しくない」などを意味しています。

それらの意味から、「明るい」とはすべて反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「暗い」という表現を指摘できるのです。

「明るい」の類語や類義語・言い換え

「明るい」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「煌々とした・幸せ」
  • 「陽気な・快活な」
  • 「精通した・熟知した」

「煌々とした・幸せ」

「煌々とした」という表現は、「光源からの十分な光量があって、物・周囲がキラキラしているさま」を意味しています。

「明るい」という言葉は、「将来について期待・希望が持てて、幸せが感じられること」を意味しています。

それらの意味合いから、「明るい」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「煌々とした・幸せ」を上げることができるのです。

「陽気な・快活な」

「明るい」という表現は、「性格・表情・雰囲気が陽気で朗らかなさま」「性格的な特徴が爽やかで生き生きとしていること」を意味しています。

「快活」という言葉は、「性格・雰囲気が明るくキビキビしていて元気のあるさま」を意味しています。

それらの意味から、「明るい」という表現は「陽気な・快活な」という表現に言い換えられるのです。

「精通した・熟知した」

「明るい」という表現は、「ある方面・分野(ジャンル)について精通していて詳しく知っていること」を意味しています。

「熟知した」という言葉は、「細かい部分に至るまで良く知っていること」を意味しています。

その意味合いから、「明るい」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「精通した・熟知した」という表現を上げられるのです。

「明るい」の英語と解釈

「明るい」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“bright”(明るい・明るく・輝いている)

“upbeat”(雰囲気やテンポが明るい)

“light”(光量が十分にあって明るい)

“cheerful”(陽気な・朗らかな・明るい)

“be well acquainted with~, be well informed about~”(~をよく知っている・~に精通している・~に明るい)

“She was of a cheerful disposition in her childhood.”

「明るい」を使ったこの英語の例文は、「彼女は子供時代には明るい性格でした」を意味しています。

icon まとめ

「明るい」という言葉について徹底的に解説しましたが、「明るい」には「光量が大きくて物が良く見える状態」「性格・表情・雰囲気が陽気で朗らかなさま」などの意味があります。

「明るい」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「煌々とした・幸せ」「陽気な・快活な」「精通した・熟知した」などがあります。

「明るい」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。