意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「事前に防ぐ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「事前に防ぐ」という言葉を使うことがありますが、一体どの様な意味なのでしょうか。

使い方や例文なども併せて紹介します。

事前に防ぐ

Meaning-Book
「事前に防ぐ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「事前に防ぐ」とは?
  • 「事前に防ぐ」の表現の使い方
  • 「事前に防ぐ」を使った例文と意味を解釈
  • 「事前に防ぐ」の類語や類義語


「事前に防ぐ」とは?

「事前に防ぐ」の概要について紹介します。

  • 「事前に防ぐ」の読み方
  • 「事前に防ぐ」の意味
  • 「事前に防ぐ」の言葉の成り立ち
  • 「事前に防ぐ」と「未然に防ぐ」の違い

「事前に防ぐ」の読み方

「事前に防ぐ」「じぜんにふせぐ」と読みます。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「事前に防ぐ」の意味

「事前に防ぐ」の意味は「そのものごとが発生しない様に対策を施すこと」です。

ビジネスで、ミスやトラブルが起きることが想定される場合、どうしたらそれが発生しないで済むかを考えます。

ただ注意するだけではなく、対策も立てておく必要があるでしょう。

これらの対策や準備をすることで、ミスやトラブルを「事前に防ぐ」という結果につながるのです。

「事前に防ぐ」の言葉の成り立ち

「事前に防ぐ」「事前+に(助詞)+防ぐ」で成り立っています。

「事前」とは、「そのものごとが起きる前の段階」という意味です。

「防ぐ」とは、「敵の攻撃を抑えること」の他に「好ましくない事態が起きない様にすること」という意味があり「事前に防ぐ」はこちらの意味が使われています。

これらの言葉が組み合わさり「好ましくないものごとが起きる前の段階で止めること」という意味で使われる様になりました。

「事前に防ぐ」と「未然に防ぐ」の違い

「事前に防ぐ」と似た言葉に「未然に防ぐ」がありますが、この2つは使分けがあります。

「事前に防ぐ」「そのものごとが発生すると想定して、発生しない様に対処する」という意味です。

「未然に防ぐ」「そのものごとはこうすれば発生しないと想定して対処する」という意味です。

「事前に連絡する」と言っても「未然に連絡する」とは言いません。

これは「事前」「ものごとが起きること」を想定している言葉であるからです。

逆に「事故を未然に防ぐ」「事故を事前に防ぐ」とは言いません。

この2つの違いは「問題が発生するかしないかという心構え」という点です。



「事前に防ぐ」の表現の使い方

「事前に防ぐ」は、問題が発生することを前提に対応を考える時に使われます。

「ミス」「トラブル」など、日常的によくあることを止める時の表現です。

未だに起きたことのない問題や、起きる可能性が非常に少ないことに対しては使われません。

「事前に防ぐ」を使った例文と意味を解釈

「事前に防ぐ」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「事前に防ぐ」を使った例文1
  • 「事前に防ぐ」を使った例文2

「事前に防ぐ」を使った例文1

「時間が押すのを事前に防ぐ為に、1人の持ち時間を短くした」

全員スピーチなどをすると、時間が押してしまうことが多くあるので、最初から1人の持ち時間を短めに設定しておいたことを表しています。

「事前に防ぐ」を使った例文2

「申し込みが殺到するのを事前に防ぐ為に、抽選制度にした」

何かの申し込みで応募が殺到することが予想されたので、最初から抽選システムにしたことを表しています。



「事前に防ぐ」の類語や類義語

「事前に防ぐ」の類語を紹介します。

  • 「阻止する」【そしする】
  • 「食い止める」

「阻止する」【そしする】

「そのものごとを防ぎ止めること」という意味です。

「食い止める」

「人やものが侵入してくるのをはばむこと」という意味です。

icon まとめ

「事前に防ぐ」「そのものごとが発生しない様に対策を施すこと」です。

問題が起きると分かっている時に使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。