意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「事前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「事前」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「事前」という表現について詳しく紹介していきます。

事前

Meaning-Book
「事前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「事前」とは?
  • 「事前」の表現の使い方
  • 「事前」を使った例文と意味を解釈
  • 「事前」の類語や類義語


「事前」とは?

「事前」というのは一連の動作が始まる前のことを指しています。

例えば、遅刻をする時などは「事前に連絡してください」などと言われることもあるかもしれませんね。

あらかじめ、前もって、という意味であり、まだ何も起こっていない時点で、などという意味を持つこともあります。

例えば「事前に報告してくださいね」という事は何も起こっていない状態で、つまり何かをする前に報告してください、という意味になるのです。

  • 「事前」の読み方

「事前」の読み方

「事前」という表現は「じぜん」と読みます。

よく使われる表現ですので覚えておきましょう。



「事前」の表現の使い方

「事前」という表現はあらかじめ、事の起こる前、などという意味で使われます。

例えば、「遅刻をする可能性があるときには事前に連絡してください」などと言われることもあるかもしれませんね。

遅刻をするかもしれないとなった時点で連絡を入れることで、万が一遅刻したときにはどのように対応するのか、誰がカバーするのか、などということを決めておけます。

遅刻してから連絡を入れていては、急に予定を変更しなければならないなどということもあるかもしれません。

職場では「事前」に連絡することが大切です。

「事前」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「事前」を使った例文1
  • 「事前」を使った例文2

「事前」を使った例文1

「そういう事は事前に言って欲しかったです」

コミュニケーションがうまくいっていない場合、最初に言って欲しかったことや最初から教えておいて欲しかったことなどが伝わっておらず、トラブルになってしまうこともあるかもしれません。

持ち物等は事前に教えて欲しいですし、例えば会議などをする場合、どのような話し合いがなされるのか、などということも事前に知りたいですよね。

「事前」を使った例文2

「事前に準備しておいてくださいね」

何か予定がある場合、直前に準備をするのではなく、余裕を持って事前に準備をしておくことでミスを防ぐことが可能になります。

時間がない中で慌てて準備をすると何かを忘れてしまうかもしれませんね。

そのため、余裕を持って事前に準備しておきましょう。



「事前」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「予め」【あらかじめ】
  • 「前々から」【まえまえから】

「予め」【あらかじめ】

「予め」は前もって、先立って、という意味で使われる表現です。

「予めご了承ください」などと言われますね。

「前々から」【まえまえから】

「前々から」というのはさほど昔でない過去に開始され現在まで続いている様、という意味になります。

時間的に前からその状態にある様子、という意味で使われる表現です。

icon まとめ

「事前」という表現は日常的にも使われる言い回しですのでぜひ知っておきましょう。

「事前」に連絡することを忘れないようにしたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。