意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「重大」とは?意味や使い方!例文や解釈

「重大」とは、「軽々しく扱えない大切な事柄であること」を意味する言葉です。

「重大」「意味・読み方・使い方・重大を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

重大

Meaning-Book
「重大」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「重大」とは?
  • 「重大」の表現の使い方
  • 「重大」を使った言葉と意味を解釈
  • 「重大」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「重大」の反対語
  • 「重大」の類語や類義語・言い換え
  • 「重大」の英語と解釈


「重大」とは?

「重大」という表現は、「軽々しく扱えない大切(重要)な事柄であること」「ある物事・人物が普通ではない大変な結果(影響)をもたらすような状態にあるさま」を意味しています。

「重大」というのは、「普通ではない大きな影響(重要な変化)を及ぼすような状態にあること」「軽視することができない大切(大事)な事柄であること」を意味している表現なのです。

  • 「重大」の読み方

「重大」の読み方

「重大」の読み方は、「じゅうだい」になります。



「重大」の表現の使い方

「重大」の表現の使い方は、「軽々しく扱えない大切(大事)な事柄である」ということを示唆して使うという使い方になります。

例えば、「重大な問題が解決しなければ、私たちは安心することはできない」といった文章で、「重大」という表現を適切に使うことができます。

また「重大」の表現は、「ある物事が、普通ではない大きな影響(重要な変化)を及ぼすような状態にある場合」に使うことができます。

「重大」を使った言葉と意味を解釈

「重大」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「重大な結果」【じゅうだいなけっか】
  • 「重大さに気づく」【じゅうだいさにきづく】
  • 「重大発表」【じゅうだいはっぴょう】

「重大な結果」【じゅうだいなけっか】

「重大な結果」という言葉は、「ある行動・発言が引き起こした、普通ではない大変な影響を及ぼすような結果(結末)」を意味しています。

例えば、「彼女の選挙戦における行動が、重大な結果を招くことになりました」といった文章において使われます。

「重大さに気づく」【じゅうだいさにきづく】

「重大さに気づく」という表現は「事の重大さに気づく」という形で使われることが多く、「物事の普通ではないレベルの重要性・大切さに気づく」ということを意味しています。

例えば、「事の重大さに気づいて、自分のした行為が怖くなってきました」といった文章で使用することができます。

「重大発表」【じゅうだいはっぴょう】

「重大発表」という言葉は、「非常に大きな影響を及ぼすことになる重要(大事)な内容の公開・発表」を意味しています。

例えば、「明日の午後からの記者会見で重大発表を行いますので、業界関係者の方々はぜひご出席ください」といった文章で使われることになります。



「重大」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「重大」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「重大」を使った例文1
  • 「重大」を使った例文2

「重大」を使った例文1

「時間に限りがあるので物事にプライオリティー(優先順位)をつけて、重大な問題から先に片付けていった方が良いでしょう」

この「重大」を使った例文は、「時間に限りがあるので物事にプライオリティー(優先順位)をつけて、軽視できない重要な問題(大きな影響がある問題)から先に片付けていった方が良いだろう」ということを意味しています。

「重大」を使った例文2

「彼は大きなビジネスの場面で重大なミスを犯してしまったショックで、以前のように自信を持って仕事をすることができなくなりました」

この「重大」を使った例文は、「彼は大きなビジネスの場面で、深刻な結果につながる大きなミスをしてしまったショックで、以前のように自信を持って仕事をすることができなくなった」ということを意味しています。

「重大」の反対語

「重大」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「些細・軽微」

「些細・軽微」

「重大」の反対語として、「些細・軽微」があります。

「些細」という表現は、「取るに足らない小さなこと・ほとんど影響がない細かい事柄」を意味しています。

「軽微」という言葉は、「影響・変化の程度が非常に小さいこと」「損失・損害の程度がとても軽いこと」を意味しています。

それらの意味合いから、軽視することができない重要な事柄を意味する「重大」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「些細・軽微」を指摘できるのです。

「重大」の類語や類義語・言い換え

「重大」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「重要・大切」
  • 「肝要・肝心」
  • 「深刻・大変・ど偉い」

「重要・大切」

「重大」の類語・言い換えとして、「重要・大切」があります。

「重大」という表現は、「軽々しく扱えない重要で大切な事柄であること」を意味しています。

その意味合いから、「重大」という表現はそれとほとんど同じ意味を持つ「重要・大切」という表現に言い換えることができるのです。

「肝要・肝心」

「重大」の類義語・言い換えには、「肝要・肝心」があります。

「肝要」という表現は、「非常に重要なこと・もっとも必要なこと」を意味しています。

「肝心」という言葉は、「肝臓と心臓が生命維持に欠かせない器官であることから、最も重要なこと」を意味しています。

それらの意味から、「重大」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「肝要・肝心」という表現を上げることができます。

「深刻・大変・ど偉い」

「重大」の類義語・言い換えには、「深刻・大変・ど偉い」があります。

「重大」という表現は、「普通ではない大変な(深刻な)影響がある状態」「ど偉い結果につながるような重要な事態」を意味しています。

それらの意味合いから、「重大」と近しい似た意味を持つ類義語として、「深刻・大変・ど偉い」という表現を指摘できるのです。

「重大」の英語と解釈

重大 meaning in english

「重大」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“important”(重要な・大切な・重大な)

“serious, severe”(深刻な・大変な・厳しい・きつい・重大な)

“grave”(深刻な・重々しい・厳粛な・重大な・元々は墓地を意味する名詞)

“grievous”(ひどい・悲痛な・痛ましい・重大な)

  • “That work problem has become serious(grievous) because I left that behind.”

“That work problem has become serious(grievous) because I left that behind.”

「重大」という言葉を使ったこの英語の例文は、「その仕事上の問題を放置していたために、重大な問題になってしまいました」ということを意味しています。

icon まとめ

「重大」という言葉について徹底的に解説しましたが、「重大」には「軽々しく扱えない大切な事柄であること」などの意味があります。

「重大」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「重要・大切」「肝要・肝心」「深刻・大変・ど偉い」などがあります。

「重大」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。