意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「根絶」とは?意味や使い方!例文や解釈

「根絶」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「根絶」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「根絶」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「根絶」とは?
  • 「根絶」の表現の使い方
  • 「根絶」を使った言葉と意味を解釈
  • 「根絶」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「根絶」の反対語
  • 「根絶」の類語や類義語・言い換え
  • 「根絶」の英語と解釈


「根絶」とは?

「根絶」とは根本までなくしてしまい、再び起こることがないようにすることを言います。

  • 「根絶」の読み方

「根絶」の読み方

「根絶」と書いて「こんぜつ」と読みます。



「根絶」の表現の使い方

「根絶」とは、根本からなくすこと、再び起こらないようにすることを言います。

再び起こってはならないことということで「根絶」とは悪いことに対して使われる言葉です。

例えば「小さな不正も根絶しなければならない」「汚職を根絶する」「暴力の根絶」といったように使います。

「根絶」を使った言葉と意味を解釈

「根絶」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「争いは根絶すべきこと」
  • 「根絶できていない」
  • 「飲酒運転の根絶」

「争いは根絶すべきこと」

争いとは、小さなことから大きなことまで様々ですが、いいことではないでしょう。

争えばどちらかが勝ちますが、負けた方には恨みが残り、復讐をするなど、いつまでも負のループです。

つまり争いごととは根本までなくし、再び起こらないように努めることが平和、平穏に生活する為に必要なことと言えるでしょう。

「争いは根絶すべきこと」という言葉にはこのような意味合いがあります。

「根絶できていない」

「根絶」とは根本からなくし、同じようなことが起こらないようにすることを言います。

ですから暴力、争い、飲酒運転、といったように悪いとされることが「根絶する」ことになります。

そのような状態ができていないことを「根絶できていない」と言うのです。

「まだ根絶できていない」「根絶できていない以上、信用できない」などと使います。

「飲酒運転の根絶」

「飲酒運転の撲滅」といった言葉と同じ意味合いで「飲酒運転の根絶」という言い方もします。

飲酒運転という悪い行為が起こらないようにすることを言います。

しかし、残念ながら罰則を厳しくしても飲酒運転はいまだ「根絶できていない」状態なのです。



「根絶」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「根絶」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「根絶」を使った例文1
  • 「根絶」を使った例文2

「根絶」を使った例文1

「これ以上の不幸は根絶しなければならないと、彼女との縁を切った」

「根絶」とは根本から断ち切ることを言います。

不幸が起こることを考えていきますと原因があるでしょう。

原因となるものを断ち切ることが幸せになる道となります。

不幸の原因である人が存在するならば縁を切ることが「不幸を根絶」することに繋がるでしょう。

「根絶」を使った例文2

「パワハラやモラハラを根絶できないようではあの会社はブラック企業のままだ」

職場において、パワハラやモラハラが横行している状態であれば健全な職場とは言い難く、離職者が増えたり、ストレスを抱える従業員がなくならないことでしょう。

パワハラ、モラハラをなくし、再び起こらないようにしなければなりません。

それを「根絶」という言葉で言い表しているのです。

「根絶」の反対語

「根絶」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「生成」【せいせい】
  • 「創造」【そうぞう】

「生成」【せいせい】

「生成」とは生じること、生じさせることを言います。

「自分たちで生成できるだろうか」「新しい物質が生成する瞬間」などと使います。

「創造」【そうぞう】

「創造」とはそれまでなかったものを初めて作り出すことを言います。

「創造し続けるというのは大変な苦労ですよ」という風に使います。

「根絶」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「根絶」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「撲滅」【ぼくめつ】
  • 「絶滅」【ぜつめつ】
  • 「根絶やし」【ねだやし】
  • 「根切り」【ねきり】
  • 「殲滅」【せんめつ】

「撲滅」【ぼくめつ】

「撲滅」とは完璧に滅ぼしてしまうことを言います。

「害虫撲滅に励んでいる」「撲滅運動に参加することにした」などと使います。

「絶滅」【ぜつめつ】

「絶滅」とはすべて、滅びて絶えてしまうことを言います。

「これは、絶滅危惧種ですよ」「恐竜ははるか大昔に絶滅してしまったが実際にいたのだ」という風に使います。

「根絶やし」【ねだやし】

「根絶やし」とは何も残らないようにすることを言います。

人間に対して使う場合は全員亡き者にしてしまうという意味合いです。

「敵を根絶やしにしてしまえ」「一族を根絶やしにする必要なんてないのに、無慈悲なことをする」などと使います。

「根切り」【ねきり】

「根切り」とは「根絶やし」と同じ意味となります。

「殲滅」【せんめつ】

「殲滅」とは皆殺しにして滅ぼす、一人残らず滅ぼすという意味になります。

「このままでは我々が敵から殲滅される運命だ」「敵の部隊を殲滅してやる」などと使います。

「根絶」の英語と解釈

「根絶」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“eradication”“eradicate”“root. . . out”という単語を使います。

例文は“the eradication of poverty”(貧困の根絶)、“eradicate the disease”(その病気を根絶する)、“root out bad practices”(悪習を根絶する)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「根絶」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「根絶」とは根本からなくし、再び起こさないようにするという意味になります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。