意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見当違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見当違い」とは、「ある物事についての判断・解釈・推測を間違うこと」を意味する言葉です。

「見当違い」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

見当違い

Meaning-Book
「見当違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見当違い」とは?
  • 「見当違い」の表現の使い方
  • 「見当違い」を使った例文と意味を解釈
  • 「見当違い」の類語や類義語


「見当違い」とは?

「見当違い」とは?

「見当違い」という表現は、「ある物事(言動)についての判断・解釈・推測を間違うこと」を意味しています。

「見当違い」「見当」というのは「曖昧な物事に対する大まかな推測・見込み」の意味であり、その見当が間違っている(誤っている)ことを「見当違い」と言っているのです。

また「見当違い」には、「方向や方角を誤る」という意味もあります。

  • 「見当違い」の読み方

「見当違い」の読み方

「見当違い」の読み方は、「けんとうちがい」になります。



「見当違い」の表現の使い方

「見当違い」の表現の使い方

「見当違い」の表現の使い方は、「ある物事に対する大まかな予測・推測・判断などが誤っている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「マスメディアからの質問に対して、容疑者と思われる男はわざと見当違いの回答をしているように見えました」といった文章において、「見当違い」の表現を使用できます。

「見当違い」を使った例文と意味を解釈

「見当違い」を使った例文と意味を解釈

「見当違い」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「見当違い」を使った例文1
  • 「見当違い」を使った例文2

「見当違い」を使った例文1

「警察による見当違いな初動捜査の影響で、この事件の解決は大幅に遅れることになってしまいました」

この「見当違い」を使った例文は、「警察による事件の経緯に対する予測・判断が間違った初動捜査の影響で、この事件の解決は大幅に遅れることになってしまった」ということを意味しています。

「見当違い」を使った例文2

「私が妻を裏切って不倫をしていたなどという悪質な噂話は、見当違いもはなはだしいものです」

この「見当違い」を使った例文は、「私が妻を裏切って不倫をしていたなどという悪質な噂話は、間違った無根拠な推測(完全に的外れな憶測)もはなはだしいものである」ということを意味しています。



「見当違い」の類語や類義語

「見当違い」の類語や類義語

「見当違い」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「見込み違い・誤解」
  • 「的外れ・筋違い」

「見込み違い・誤解」

「見当違い」という表現は、「はじめの見込みが間違っていたこと」「ある物事について誤った理解・解釈をしていたこと」を意味しています。

それらの意味から、「見当違い」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「見込み違い・誤解」を指摘できます。

「的外れ・筋違い」

「的外れ」という表現は、「大事な部分・重要な点から外れていること」「見当違いであること」を意味しています。

「筋違い」という言葉は、「間違った考え方・解釈をしていて見当違いであるさま」を意味しています。

それらの意味から、「見当違い」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「的外れ・筋違い」の表現を上げられます。

icon まとめ

「見当違い」という言葉について解説しましたが、「見当違い」には「ある物事についての判断・解釈・推測を間違うこと」などの意味があります。

「見当違い」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「見込み違い・誤解」「的外れ・筋違い」などがあります。

「見当違い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。