意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「押し付ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「押し付ける」とは、「相手の意思を無視して、無理やりに仕事・責任などを引き受けさせること」を意味する言葉です。

「押し付ける」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

押し付ける

Meaning-Book
「押し付ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「押し付ける」とは?
  • 「押し付ける」の表現の使い方
  • 「押し付ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「押し付ける」の類語や類義語


「押し付ける」とは?

「押し付ける」という表現は、「相手の意思や選択を無視して、無理やりに仕事・役割・責任などを引き受けさせること」を意味しています。

「押し付ける」の元々の意味は「力を入れて押すことで、他のものにくっつけること」ですが、そこから転じて「相手の意思を無視して、無理に何かを承知させたり引き受けさせたりすること」を意味するようになったのです。

  • 「押し付ける」の読み方

「押し付ける」の読み方

「押し付ける」の読み方は、「おしつける」になります。



「押し付ける」の表現の使い方

「押し付ける」の表現の使い方は、「相手の意思や選択を無視して、無理に仕事・役割・責任などを引き受けさせる場合(あるいは承知させる場合)」に使うという使い方になります。

例えば、「生徒会長の仕事を僕に押し付けられても、とてもそんな大役は果たせません」といった文章で使用することができます。

「押し付ける」を使った例文と意味を解釈

「押し付ける」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「押し付ける」を使った例文1
  • 「押し付ける」を使った例文2

「押し付ける」を使った例文1

「彼女はいつも嫌な仕事や損な役回りを、反論できない感じのおとなしい人に押し付けています」

この「押し付ける」を使った例文は、「彼女はいつも嫌な仕事や損な役回りを、反論できない感じのおとなしい人に無理やりに引き受けさせている」を意味しています。

「押し付ける」を使った例文2

「買ったばかりの洋服が雨水で濡れてしまうので、畳んだ傘をそんなに私の体に押し付けてこないでください」

この「押し付ける」を使った例文は、「買ったばかりの洋服が雨水で濡れてしまうので、畳んだ傘をそんなに私の体に押してくっつけてこないでください」ということを意味しています。



「押し付ける」の類語や類義語

「押し付ける」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「無理強いする・強要する」
  • 「重圧をかける・人のせいにする」

「無理強いする・強要する」

「押し付ける」という表現は、「相手の意思・意向を無視して、ある仕事・役割を無理強いすること」「強要すること」を意味しています。

その意味合いから、「押し付ける」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「無理強いする・強要する」という表現を指摘できるのです。

「重圧をかける・人のせいにする」

「押し付ける」という表現は、「ある仕事・役割を無理矢理に引き受けさせるために重圧をかけること」「ある行為の責任を逃れて誰かのせいにすること・責任転嫁すること」を意味しています。

それらの意味合いから、「押し付ける」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「重圧をかける・人のせいにする」といった表現を上げられるのです。

icon まとめ

「押し付ける」という言葉について解説しましたが、「押し付ける」には「相手の意思を無視して、無理やりに仕事・責任などを引き受けさせること」などの意味があります。

「押し付ける」の類語(シソーラス)・類義語としては、「無理強いする・強要する」「重圧をかける・人のせいにする」などがあります。

「押し付ける」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。