意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「練度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「練度」は、特定のスキル(技術)を必要とする職種や職業だけでなく、ゲームでもよく使われる言葉です。

練度

Meaning-Book
「練度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「練度」とは?
  • 「練度」の表現の使い方
  • 「練度」を使った例文と意味を解釈
  • 「練度」の類語や類義語


「練度」とは?

「練度」とは、「熟練度合い」を略した言葉です。

つまり、これが高いほど、それだけその対象となった内容に対して熟練しているということになります。

このような意味の言葉の為、冒頭のように特定の内容に対し、その練度という形で用いられることが多く、「そろそろ練度が上がってきたのか、失敗しなくなってきた」などと使われます。

  • 「練度」の読み方

「練度」の読み方

「練度」は、「れんど」と読む言葉です。

先のように、「熟練度合い」(じゅくれんどあい)からきているので、そちらの言葉を知っていれば問題なく読めるでしょう。

読み方よりも、「練」とよく似ている「錬」という漢字があるので、記述や変換の際にそちらにしないように気を付けてください。



「練度」の表現の使い方

「練度」という言葉はゲームでも使われると書きましたが、特定の技や武器、防具のこれが上がることで、今までより効果や性能が上がるといったシステムがよく採用されています。

あるゲームでは、武器にそれぞれこの練度があり、基本性能が100の武器の練度が150になると、120の性能をもつ武器で練度が100の状態より高い攻撃が可能になります。

プレイヤー自身やイベントなどにも使える表現で、「このイベントに対する練度も上がってきた」といったような使い方も見聞きします。

「練度」を使った例文と意味を解釈

「練度」を使った例文と、その意味の解釈です。

これが低い、足りないと使うと、それだけ慣れていないことの表現になります。

  • 「練度」を使った例文1
  • 「練度」を使った例文2

「練度」を使った例文1

「まだまだ練度が足りないのか、3回に一度成功すればいい方だ」

何かに対してまだ熟練していない為、3回に一度程度しかうまくいかないと言っています。

この言葉は、基本的にこのような使い方になります。

「練度」を使った例文2

「練度が100になると、レベルが1つ上がると聞いた」

ゲームにおいて、武器などの練度が100になると、レベルとして1つ上がるというシステムのようです。

このようなシステムの場合、レベルが同じだと、その中でいくら熟練度が上がっても効果は一緒ということが多くなっています。



「練度」の類語や類義語

「練度」と似た意味で使える言葉です。

こちらの表現の方が一般には有名かも知れません。

  • 「経験値」【けいけんち】

「経験値」【けいけんち】

どれだけそれに対して経験を積んだかという度合いのことで、何かのスキルや職種に対するそれと使うと、熟練度合いと同じ意味に解釈になります。

その為、言い換えにも使える言葉で、ゲームでもよく使われているのはご存知の通りです。

「経験度」(けいけんど)という形でも同じ意味になり、こちらで用いることもあります。

icon まとめ

「練度」はその意味から、職人の世界でよく使われますが、色々な競技やスポーツ、またはゲームにおいてもよく使われる言葉です。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。