意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熟練度を上げる」とは?意味や類語!表現の使い方

熟練度を上げる、という言い回しを聞いたことがあるでしょうか。

最近はRPGのキャラクターに対して熟練度を上げるという表現も使われるようになりました。

それならば、熟練度を上げるという言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは熟練度を上げる、という言い回しについて紹介します。

熟練度を上げる

Meaning-Book
「熟練度を上げる」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「熟練度を上げる」とは?意味
  • 「熟練度を上げる」の表現の使い方
  • 「熟練度を上げる」の英語と解釈
  • 「熟練度を上げる」を使った例文と意味を解釈
  • 「熟練度を上げる」の類語や言い換え


「熟練度を上げる」とは?意味

熟練度を上げる、というのは熟練している度合いや技術を上げるという意味です。

熟練度というのは技術や身のこなし等について、どれほど熟達しているかという程度を表す表現ですが、技術を上げるということで熟練度を上げるという表現が使えます。

熟練度は習熟度と言われることもあり、学校教育においては習熟度別教育などという言葉が使われる場合もあります。

RPGのキャラクターでは、熟練度を上げることによってスキルを身に付け、アイテムなどを広く利用できるようになる場合もあります。



「熟練度を上げる」の表現の使い方

熟練度を上げる、という表現は日常生活でも利用できます。

例えば、自衛隊の熟練度を上げる、キャラクターの熟練度を上げる、格闘技の熟練度を上げる、などといった使い方が可能です。

もしも格闘技などを習っているのであれば、様々な技術を身に付け、試合で勝利していくことによって熟練度を上げることが可能になります。

「熟練度を上げる」の英語と解釈

熟練度を上げる meaning in english

熟練度を上げる、という表現を英語にすると“improve the skills”“getting better at it”などという表現が使えます。

熟練度という表現であれば“degree of proficiency”“level of skill”と表現でき、“pull up the skill”で熟練度を上げると表現することも可能です。



「熟練度を上げる」を使った例文と意味を解釈

ここでは熟練度を上げるという表現について紹介します。

  • 「熟練度を上げる」を使った例文1
  • 「熟練度を上げる」を使った例文2

「熟練度を上げる」を使った例文1

「熟練度の低いユーザとは対戦したくありません」 近年では、インターネットを通じて仲間たちとRPGで対戦をし、自分のキャラクターの熟練度を上げていくことが可能です。

しかし、熟練度が高いユーザと対決して処理してこそ自分のキャラクターの熟練度が上がるため、熟練度が低いユーザとは対戦したくないと感じる人もいるのではないでしょうか。

多くのキャラクターに対戦してもらうためにも、熟練度を上げていく必要があるのです。

「熟練度を上げる」を使った例文2

「あそこの職人さんは、どんどん熟練度を上げている」 職人と言えば技術が求められる仕事です。

しかしいちど技術を身に付けたからといってそれで良いというわけではなく、熟練度を上げて執行を重ねていく必要があります。

熟練度を上げる努力をする職人は人気がありますし、その技は非常に素晴らしいと言えるでしょう。

「熟練度を上げる」の類語や言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「上達する」
  • 「技術を上げる」
  • 「熟達する」

「上達する」

上達する、というのは技芸や技術などがよく身に付き、進歩するという意味になります。

例えば英会話や水泳、ピアノなどを習い始めた時、最初はあまり上手にできないですよね。

そしてそれは当然です。

しかし、どんどん練習を重ねることで上達することが可能になり、きちんと習得することが可能になるのです。

「技術を上げる」

技術を上げる、という表現は技術を向上させたり、新しい技術を身に付ける、という意味です。

練習することが非常に大切であり、練習なしで技術を上げる事は不可能です。

高度なレベルに達することを「技術を上げる」と表現することもありますし、技術を高める、という表現も使われます。

「熟達する」

熟達する、というのは技術や技能を訓練や練習によって高める、という意味です。

上達する、などという意味もあり、例えば機械操作に熟達する、といった使われ方があります。

icon まとめ

何事においても熟練度を上げていくことが大切です。

謙虚な気持ちを持ち、上達できるように心がけていきたいですね。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。