意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「不要不急」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「不要不急」とは、「必要ではないし緊急でもないということ」を意味する言葉です。

「不要不急」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

不要不急

Meaning-Book
「不要不急」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「不要不急」とは?
  • 「不要不急」の表現の使い方
  • 「不要不急」を使った例文と意味を解釈
  • 「不要不急」の類語や類義語


「不要不急」とは?

「不要不急」とは?

「不要不急」という表現は、「必要(重要)ではないし緊急でもないということ」を意味しています。

「不要不急」という四字熟語の「不要」「必要性がないこと・重要性が乏しいこと」を意味していて、「不急」「緊急性がないこと・急ぎではないこと」を意味しています。

  • 「不要不急」の読み方

「不要不急」の読み方

「不要不急」の読み方は、「ふようふきゅう」になります。



「不要不急」の表現の使い方

「不要不急」の表現の使い方

「不要不急」の表現の使い方は、「必要(重要)ではなくて緊急でもない仕事・用件・用事」などを指示して使うという使い方になります。

例えば、「社長は忙しいので不要不急な用事には時間を割けません」といった文章で使えます。

「不要不急」を使った例文と意味を解釈

「不要不急」を使った例文と意味を解釈

「不要不急」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「不要不急」を使った例文1
  • 「不要不急」を使った例文2

「不要不急」を使った例文1

「過密スケジュールで常に忙しく動き回っているので、不要不急な用事で呼び出された時にはついイライラとしてしまいます」

この例文は、「過密スケジュールで常に忙しく動き回っているので、必要性が乏しくて急ぎでもない用事で呼び出された時にはついイライラしてしまう」ということを意味しています。

「不要不急」を使った例文2

「不要不急な仕事ばかりにとらわれている人は、仕事の効率性やプライオリティーが理解できていないのです」

この例文は、「重要性がなくて緊急性もない仕事ばかりにとらわれている人は、仕事の効率性やプライオリティーが理解できていない」ということを意味しています。



「不要不急」の類語や類義語

「不要不急」の類語や類義語

「不要不急」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「急を要さない・重要性がない」
  • 「優先度が低い・後でも構わない」

「急を要さない・重要性がない」

「不要不急」の類語・類義語として、「急を要さない・重要性がない」があります。

「不要不急」という表現は、「重要性がなくて急ぎではないこと」を意味しています。

その意味から、「不要不急」に良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「急を要さない・重要性がない」という表現を上げられます。

「優先度が低い・後でも構わない」

「不要不急」の類語・類義語には、「優先度が低い・後でも構わない」があります。

「不要不急」という表現は、「重要性や優先度が低いこと」「急ぎではないので後でも構わない物事」を意味しています。

それらの意味から、「不要不急」とほとんど同じような類似の意味を持つ類義語として、「優先度が低い・後でも構わない」を指摘できるのです。

icon まとめ

「不要不急」という言葉について解説しましたが、「不要不急」には「必要ではないし緊急でもない」などの意味があります。

「不要不急」の類語(シソーラス)・類義語としては、「急を要さない・重要性がない」「優先度が低い・後でも構わない」などがあります。

「不要不急」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。