意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余計な詮索」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「余計な詮索」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「余計な詮索」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「余計な詮索」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「余計な詮索」とは?
  • 「余計な詮索」の表現の使い方
  • 「余計な詮索」を使った例文と意味を解釈
  • 「余計な詮索」の類語や類義語


「余計な詮索」とは?

「余計な詮索」とは必要以上に細かくつきつめたり、調べ求めることを言います。

また邪魔で必要のないことまでとやかく言うことでもあります。

  • 「余計な詮索」の読み方

「余計な詮索」の読み方

「余計な詮索」と書いて「よけいなせんさく」と読みます。



「余計な詮索」の表現の使い方

「余計な詮索」とは、当事者でもないのに、細かいことを調べたり、あれこれ言ったりすることを言います。

意味合いからしてもわかりますが、いい意味で使うことはありません。

「余計な詮索をするな」「余計な詮索をされる」などと使います。

「余計な詮索」とはされる方にとっては「嫌な言動」という意味合いになりますし、する人は「嫌な言動」をしているということになります。

「余計な詮索」を使った例文と意味を解釈

それでは「余計な詮索」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「余計な詮索」を使った例文1
  • 「余計な詮索」を使った例文2

「余計な詮索」を使った例文1

「あの人は、余計な詮索ばかりして、自分のことはお留守だね」

「余計な詮索」とはする必要がないことまで細かく探るといった意味になります。

つまり、人のことを必要以上にあれこれ探ったり、とやかく言うことを「余計な詮索」と言います。

そのような場合、自分のことは棚に上げてといった場合も多く、例文のように「自分のことはお留守」になっているのです。

「余計な詮索」を使った例文2

「余計な詮索をされたくないので、噂好きの連中とは関わらないようにしているよ」

「余計な詮索」とはする必要がない、細かいことを調べ求めることですから、そのようなことをされたくないと思うならば、関わらないようにすることです。



「余計な詮索」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「余計な詮索」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「細かく探る」【こまかくさぐる】
  • 「余計なお世話」【よけいなおせわ】

「細かく探る」【こまかくさぐる】

「探る」とは相手の考え、様子、所在といったものをこっそり調べることを言います。

「相手のことを細かく探る癖がある」「細かく探っても何もわからなかった」などと使います。

「余計なお世話」【よけいなおせわ】

「余計なお世話」とはお節介のことであり、相手の迷惑になるような世話をやくこと、またそのような行動をする人のことを言います。

「お弁当を作ってくるなんて、余計なお世話だ」「余計なお世話と思われるだけだから、そっとしておきなさい」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「余計な詮索」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

必要以上に相手のことを細かく調べることを言いますが、迷惑がられる言動となりますので「余計な詮索」はしない方がいいと、言葉の意味と併せて覚えておきましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。