意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「容赦」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「容赦」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「容赦」という言葉を使った例文や、「容赦」の類語を紹介して行きます。

容赦

Meaning-Book
「容赦」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「容赦」とは?
  • 「容赦」を使った例文や短文など
  • 「容赦」の類語や類義語・言い換え


「容赦」とは?

「容赦」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンなどで、誰かが誰かを「容赦なく責める」場面を見たことがあるかもしれません。

一方で、「容赦」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「容赦」という言葉の意味を紹介します。

  • 「容赦」の読み方
  • 「容赦」の意味

「容赦」の読み方

「容赦」「ようしゃ」と読みます。

少し読み方が難しい言葉のため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「容赦」「ようしゃ」と読みましょう。

「容赦」の意味

「容赦」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「容赦」には、「相手の過ちや失敗を許すこと」という意味があります。

逆に「容赦なく責める」という時は、相手の過ちや失敗を許したりせずに、厳しく責めるという意味があります。

このように、「容赦」という言葉には、「相手の過ちや失敗を許すこと」という意味があります。



「容赦」を使った例文や短文など

続いて「容赦」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「容赦」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「容赦」を使った例文1
  • 「容赦」を使った例文2

「容赦」を使った例文1

「彼は、本当は優しい人のため、『容赦』してやってください」

この例文は、本当は性根がいい人が失態を犯してしまった時、その様子を見ていた第三者が「許してあげて欲しい」と言っている場面になります。

出来心で悪いことをしたものの、普段は真面目な時は、許してあげたいと思うかもしれません。

このようにミスや失敗を許して欲しいと思った時、「容赦してやってくれ」などという言い回しを使います。

「容赦」を使った例文2

「次に会ったら、『容赦』しないと誓う」

この例文には、次回出会った時は、決して許さないという意味があります。

一度は許したものの、同じような状況になったら許さない時、「次は容赦しない」などという言い回しを使います。

「容赦」の類語や類義語・言い換え

続いて「容赦」の類語や類似表現を紹介します。

「容赦」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「許し」【ゆるし】
  • 「堪忍」【かんにん】

「許し」【ゆるし】

「許し」には、「許可すること」という意味があります。

「外出の許しを請う」という時は、両親や寮長などに、外出の許可を得るという意味があります。

「堪忍」【かんにん】

「堪忍」には「怒りを抑えて、人の過ちを許すこと」という意味があります。

「今回だけは堪忍してやる」という時は、今回は怒りを抑えて、許してあげるという意味になります。



icon まとめ

「容赦」という言葉について見てきました。

相手の過ちや失敗を許す時に、「容赦」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。