意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「妙味」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「妙味」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「妙味」という言葉を使った例文や、「妙味」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「妙味」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「妙味」とは?
  • 「妙味」を使った例文や短文など
  • 「妙味」の類語や類義語・言い換え


「妙味」とは?

「妙味」という言葉を知っているでしょうか。

「妙味のある作品」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「妙味」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「妙味」という言葉の意味を紹介します。

  • 「妙味」の読み方
  • 「妙味」の意味

「妙味」の読み方

「妙味」「みょうみ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「妙味」「みょうみ」と読みましょう。

「妙味」の意味

「妙味」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「妙味」には、「巧みな味わい」「良いところ」という意味があります。

「妙味のある作品」という言葉には、何とも言えない味わいのある作品という意味があります。

このように「妙味」という言葉には、「巧みな味わい」「良いところ」という意味があります。



「妙味」を使った例文や短文など

次に「妙味」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「妙味」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「妙味」を使った例文1
  • 「妙味」を使った例文2

「妙味」を使った例文1

「『妙味』のある仕事を始める」

この例文のように、何とも言えない味わいがある仕事や、美味しい部分がある仕事を始める人もいるでしょう。

例えば、人里離れた場所で農業を始めると、雄大な自然を眺められ、健康的な生活が遅れるという優れた部分があります。

このような素晴らしさを「妙味」と表現します。

「妙味」を使った例文2

「彼は『妙味』のある一手を打つ」

この例文は、優れた棋士についての文章になります。

ただ強いだけの棋士ではなく、趣深い、人々が唸るような手を指す人はファンに好かれます。

このような棋士が指す一手は、「妙味のある一手」と呼ばれるかもしれません。

「妙味」の類語や類義語・言い換え

「妙味」の類語や類似表現を紹介します。

「妙味」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「味わい」【あじわい】
  • 「趣」【おもむき】

「味わい」【あじわい】

「味わい」には、「飲食物が、舌に与える風味や味」「趣」という意味があります。

「味わいがある絵」という時は、趣があり、見ている人が面白いと感じられる絵になります。

「趣」【おもむき】

「趣」という言葉には、「そのものがしみじみと感じさせる風情」「味わい」という意味があります。

「趣のある和歌」「趣のある町」などという使い方をします。



icon まとめ

「妙味」という言葉について見てきました。

何とも言えない味わいがある物事を見た時、非常に優れた趣があると感じた時に、「妙味」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。