意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝手を頼る」の意味とは!類語や概要

皆さんは「伝手を頼る」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は、人の繋がりを巧みに利用するような印象を覚えるのですが、普段の会話の中で使うよりもビジネスシーンで出てくるケースが多い言葉です。

今回は、この「伝手を頼る」について見ていくことにします。

伝手を頼る

Meaning-Book
「伝手を頼る」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「伝手を頼る」とは?
  • 「伝手を頼る」の表現の使い方
  • 「伝手を頼る」を使った例文と意味を解釈
  • 「伝手を頼る」の類語や類義語


「伝手を頼る」とは?

「伝手を頼る」とは、「物事を進めるに当たり頼りにできそうな人物の力を頼ること」という意味になります。

「伝手」とは「人や国などと深い関係を持っていること」「特定の業界や組織の内部に協力的な知人がいること」という意味になり、ビジネスにおいては、この繋がりがあるかないかで結果が大きく変わっていくことがあります。

  • 「伝手を頼る」の読み方

「伝手を頼る」の読み方

「伝手を頼る」「つてをたよる」という読み方になりますが、仕事を進める上でよく出てくる言葉なので、ここでしっかりと覚えておくようにしておきましょう。



「伝手を頼る」の表現の使い方

「伝手を頼る」「ある業界・組織・国などに強い繋がりを持つ人の力を当てにする」という意味になりますので、仕事を円滑に進めるために、人の力を借りたい時に使われることになります。

「伝手を頼る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「伝手を頼る」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「伝手を頼る」を使った例文1
  • 「伝手を頼る」を使った例文2

「伝手を頼る」を使った例文1

「私達が、現在直面する複雑な政治的な問題をスムーズに解決するには財界に大きな影響力を持つ人の伝手を頼ることを避けることができない」

「伝手を頼る」の使い方の中では、このような使い方が典型的なものになるでしょう。

政治の高度的な問題を解決するためには、財界のドンと呼ばれる人の力が必要になるのですが、ここに癒着などの問題が発生しないように注意が必要です。

「伝手を頼る」を使った例文2

「伝手を頼ることや、コネを使うやり方は、どうしても倫理的なやり方ではなく、フェアとは言い難いのですが、現実的には、この方法が有効な手段であることは間違いない」

この例文に見るように「伝手を頼る」ことは、「企業活動において有効に利用することのできる人脈を最大限に活用する」ことを意味しています。

しかし、「伝手を頼る」方法は、フェアなやり方ではなく、むしろ不公平でずるい手段のように受け止められやすい傾向にあります。

とは言うものの、現実的な仕事においては、その力を借りて協力してもらうことも、有効なやり方の1つなので、決して臆することは不要です。



「伝手を頼る」の類語や類義語

「伝手を頼る」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「他人の助力を頼みにする」【たにんのじょりょくをたのみにする】
  • 「人を当てにする」【ひとをあてにする】

「他人の助力を頼みにする」【たにんのじょりょくをたのみにする】

「他人の助力を頼みにする」という表現も「伝手を頼る」の類義語として使うことができます。

「希望を実現する手がかりを他者に求める」という意味で使うことができます。

「人を当てにする」【ひとをあてにする】

「人を当てにする」という言葉も「伝手を頼る」の類義語の1つになります。

「物事をスムーズに進めるために人のコネを頼ること」という意味になります。

icon まとめ

「伝手を頼る」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、仕事をされている人にとっては、この手法は非常に有効な手段となるので、マスターしておきたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。