意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝手」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「伝手」とは、「物事を進めるに当たって、頼りにできそうな人物・人脈」「自分の希望・目的を達成するための手がかりや縁故」です。

「伝手」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・英語と解釈・伝手を使った言葉・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

伝手

Meaning-Book
「伝手」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「伝手」の意味とは?
  • 「伝手」の読み方
  • 「伝手」の言葉の使い方
  • 「伝手」を使った例文・短文(解釈)
  • 「伝手」の英語と解釈
  • 「伝手」を使った言葉と意味を解釈
  • 「伝手」の類語や類義表現


「伝手」の意味とは?

「伝手」の意味は、「物事や課題を進めるに当たって、頼りにできそうな人物・人脈」「自分の希望・目標を達成するための手がかり、頼りになる縁故」になります。

「伝手」というのは、主に就職転職・金策・起業などに際して、何か支援してもらうことができそうな頼りになる人物(人脈)のことを意味しています。

「伝手」には、「相手に伝えるための手段・方法・仲立ち」「人づて・ついでに」という意味もあります。

「伝手」というのは、物事に取り組もうとする時に頼りにすることができそうな人物・手がかりのことであり、「伝手」を頼ることによって目標達成がスムーズに進みやすくなるのです。

例えば、「知り合いの伝手によって、今よりも給料の良い仕事を得ることができた」というような文章において、便りにできそうな人物・人脈の意味を持つ「伝手」を使用することができます。



「伝手」の読み方

「伝手」の読み方は、「つて」になります。

「伝手」の言葉の使い方

「伝手」の言葉の使い方は、物事・目的達成を進めるに当たって、誰かとのつながりを頼り(当て)にする時に使うということになります。

「伝手」で誰かを頼りにする具体的なケースとしては、「就職転職・起業・金策・結婚・重要な用事」などを考えることができ、「自分の希望・目標を達成するための手がかり」として「伝手」を利用することができるのです。

例えば、「友人の伝手によって、コンピューターに詳しい技術者(エンジニア)を紹介してもらうことができました」「友人である彼女の伝手が無ければ、私は現在の仕事に就くことができなかったでしょう」といった使い方をすることができます。



「伝手」を使った例文・短文(解釈)

「伝手」を使った例文・短文を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

我々が直面している複雑な人間関係の問題、特に政治的問題を解決するには、政財界に影響のある有力な伝手がどうしても必要になります。

この例文の「伝手」は、「政治的問題や人間関係の問題を解決するためのキーパーソンとなる影響力のある人物」のことを意味しています。

政財界に口利きしたり誰かを仲介したりできるような影響力を有する人物、権力のある頼れる人物のことを指して、「伝手」と言っているのです。

例文2

大学教授である彼女の両親の伝手によって、私は自分だけの力ではまず転職できないような大手商社に転職することができました。

この例文の「伝手」は、「大学教授として働いている彼女の両親の口利き・支援」のことを意味しています。

自分一人の経歴・能力・実績・資格などだけでは、到底、一部上場企業である大手商社に転職することはできませんでしたが、彼女の両親の仲介・支援によってその大手商社に見事、転職を決めることができたのです。

例文3

伝手を頼ったりコネを使ったりするやり方は、倫理的・心情的にスマートなやり方ではなく公平ではないかもしれないが、現実社会ではかなり有効な手段の一つではあるのです。

この例文の「伝手」は、「社会生活や職業活動において有効に利用することのできる人間関係・人脈」のことを意味しています。

伝手やコネの活用は、一般社会では不公平でずるいやり方のように解釈されやすいのですが、現実の仕事・社会生活においては、知り合いの力を借りて支援を受けることも有効なやり方の一つと言えるでしょう。

「伝手」の英語と解釈

伝手 meaning in english

「伝手」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“connection”(人間関係・つながりのことから、伝手を意味します。)

“He had a good connections for job‐changing. ”(彼は転職に当たり、良い伝手を持っていました。)

“introducer”(紹介者・仲介者のことから、伝手を意味します。)

“He was an my introducer when I found a job. ”(求職中の私にとって彼が伝手でした。)

“intermediary”(仲介者・媒介者のことから、伝手を意味します。)

“I got this job through the intermediary of a third party. ”(私は第三者の伝手によって、この仕事を得ました。)

「伝手」を使った言葉と意味を解釈

「伝手」を使った言葉とその意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 「伝手を頼る」
  • 「伝手を使う」

「伝手を頼る」

「伝手を頼る」の言葉の意味は、就職・転職などの何か物事をするに当たって、知り合い・人脈を頼るということです。

「伝手を頼る」という言葉は、「人間関係を頼る・人脈を頼る」という言葉に言い換えることができます。

「伝手を頼る」という言葉には、「親戚・友人知人の対人ネットワークに頼って目的の達成を支援してもらう」というニュアンスがあります。

知っている誰かを頼ることによって、就職転職・問題解決・金策などの援助をしてもらうということが、「伝手を頼る」という言葉の具体的な意味になっているのです。

「伝手を使う」

「伝手を使う」の言葉の意味は、「人間関係・人脈を使うこと」「知っている人に援助してもらえるようにお願いして実際に活用すること」になります。

「伝手を使う」という言葉は、「親戚・友人知人・恩師などの対人ネットワークを利用すること」を意味しています。

具体的な「伝手を使うケース」としては、「転職のために先輩OBに企業に口利きをしてもらうこと」「有名な医師の治療を受けるために知人の医師に紹介してもらうこと」などを考えることができます。

「伝手」の類語や類義表現

「伝手」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「伝手」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「人脈・縁故」
  • 「コネ(コネクション)・拠り所」
  • 「頼みの綱・手蔓(てづる)」

「人脈・縁故」

「伝手」の類語・類義表現として、「人脈(じんみゃく)・縁故(えんこ)」があります。

「人脈」の言葉の意味は、「ある集団・組織において、価値観や利害関係などを前提にした人と人とのつながり」になります。

「縁故」というのは、「血縁・姻戚(いんせき)などを前提にした人との深いつながり」「特別に深い人と人とのつながり」を意味しています。

頼りにできる人物や人脈を意味する「伝手」の類語として、「人脈・縁故」を上げることができます。

「コネ(コネクション)・拠り所」

「伝手」の類語・類義表現として、「コネ(コネクション)・拠り所(よりどころ)」があります。

「コネ(コネクション)」の言葉の意味は、「利害関係や価値観(目的意識)の一致などを前提にした人と人とのつながり」になります。

「拠り所」というのは、「物事を進める場合に頼りにすることができそうな人物・人脈」を意味しています。

目的を達成するための人間関係を意味する「伝手」の類義表現として、「コネ(コネクション)・拠り所」を指摘することができます。

「頼みの綱・手蔓(てづる)」

「伝手」の類語・類義表現として、「頼みの綱・手づる」があります。

「頼みの綱」の言葉の意味は、「問題状況や課題に直面した時に、最後に頼ることができそうな相手・物事」になります。

「手蔓(てづる)」という言葉は、「頼りにすることができる特別な人間関係」「問題解決・目的達成に役に立つ手がかり」を意味しています。

頼りにすることができる人物・人脈である「伝手」の類語として、「頼みの綱・手づる」が上げられるのです。

icon まとめ

「伝手」という言葉について徹底的に解説しましたが、伝手には「物事を進めるに当たって、頼りにできそうな人物・人脈」「自分の希望・目的を達成するための手がかりや縁故」などの意味があります。

伝手の類語・類義表現としては、「人脈・縁故」「コネ(コネクション)・拠り所」「頼みの綱・手蔓」などがあります。

「伝手」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。