意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「円滑な運営を図る」の意味とは!類語や概要

ビジネスで「円滑な運営を図る」という言葉を耳にすることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

円滑な運営を図る

Meaning-Book
「円滑な運営を図る」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「円滑な運営を図る」とは?
  • 「円滑な運営を図る」の表現の使い方
  • 「円滑な運営を図る」を使った例文と意味を解釈
  • 「円滑な運営を図る」の類語や類義語


「円滑な運営を図る」とは?

「円滑な運営を図る」の概要について紹介します。

  • 「円滑な運営を図る」の読み方
  • 「円滑な運営を図る」の意味

「円滑な運営を図る」の読み方

「円滑な運営を図る」「えんかつなうんえいをはかる」と読みます。

「円滑」は読みにくいので、しっかりと覚えておきましょう。

「円滑な運営を図る」の意味

「円滑な運営を図る」は、組織や団体が、様々な面で目標を達成できる様に運営する側がしっかり管理すること」という意味です。

会社は「部門」「部署」「係り」などに細かく分けられていますが、それぞれの部署で問題が起きると会社全体の経営に影響が出てしまいます。

各部署が滞りなく仕事ができる様に、部門間や組織間でしっかりと連動して問題点があれば早目に話し合うなどして、大きなリスクを防いでいくことを「円滑な運営を図る」と言うのです。



「円滑な運営を図る」の表現の使い方

「円滑な運営を図る」の使い方を紹介します。

  • マネジメントクラスが使う言葉
  • 具体案を伴って使われる

マネジメントクラスが使う言葉

「円滑な運営を図る」は、経営側に立った言葉ですので、会社内でも管理職の人が使う言葉です。

「運営」の中には人事も入っていますので、一般従業員は口出しができません。

具体案を伴って使われる

「円滑な運営を図る」というのは「経営をスムーズにする」という意味ですが、非常にあいまいな表現です。

この言葉を使う時には「例えば」などと具体案を提示することが望ましいでしょう。

「円滑な運営を図る」を使った例文と意味を解釈

「円滑な運営を図る」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「円滑な運営を図る」を使った例文1
  • 「円滑な運営を図る」を使った例文2

「円滑な運営を図る」を使った例文1

「PCDAを導入することで円滑な運営を図る」

計画から改善までのサイクルである「PCDA」を導入することで、ミスを防ぎより大きな成果を上げられる様に目指していくことを表しています。

「円滑な運営を図る」を使った例文2

「社内プレゼンを行うことで円滑な運営を図る」

社内で注目のプロジェクトや問題点の解決などについてのプレゼンを行うことで、従業員の興味とやる気を引き出し、会社の運営に良い流れを作れる様になるという意味です。



「円滑な運営を図る」の類語や類義語

「円滑な運営を図る」の類語を紹介します。

  • 「うまく会社を回す」
  • 「スムーズなマネジメントを目指す」

「うまく会社を回す」

「会社の経営を良い状態に維持していくこと」という意味です。

「回す」というのは「資金を運用すること=会社を運営すること」という意味です。

「スムーズなマネジメントを目指す」

「会社で上に立つ者が上手に下の者達を管理できる様な状態にすること」という意味です。

管理する側とされる側がうまく行っていれば、会社の経営も順調にいくことが考えられるからです。

icon まとめ

「円滑な運営を図る」は、組織や団体が、様々な面で目標を達成できる様に運営する側がしっかり管理すること」という意味です。

会社の経営が順調で雰囲気が良い時に使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。