意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「円滑」とは?意味や使い方!語源や例文

「円滑」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「円滑」を使った類語を紹介して行きます。

さらに「円滑」を使った例文などを紹介して行きます。

円滑

Meaning-Book
「円滑」とは?意味や使い方!語源や例文>


目次

  • 「円滑」とは?
  • 「円滑」の使い方
  • 「円滑」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「円滑」を使った例文や短文など
  • 「円滑なコミュニケーション」を取る方法


「円滑」とは?

みなさんは「円滑」という言葉を知っているでしょうか。

「円滑な人間関係」を目指しているという人もいるかもしれません。

一方で、「円滑」という言葉の意味をまるで知らない人もいるかもしれません。

そこで「円滑」という言葉の、読み方と意味を紹介して行きます。

  • 「円滑」の読み方
  • 「円滑」の意味

「円滑」の読み方

「円滑」という言葉の読み方を紹介します。

「円滑」「えんかつ」と読みます。

それほど難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「円滑」「えんかつ」と読むようにしましょう。

「円滑」の意味

「円滑」には、「滞りなく、すらすら進む」という意味があります。

また「かどばらず、滑らかな様子」という意味があります。

「円滑」「滑」には「滑らか」という意味があります。

例えば、「円滑な進行」という場合は、スムーズに滞りなく進行して行く様子という意味になります。

このように「円滑」には、「滞りなく、すらすら進む」という意味があります。



「円滑」の使い方

「円滑」という言葉の使い方を紹介します。

「円滑」には、「滞りなく、スラスラ進む」という意味があります。

そこで、何かが滞りなく、スムーズに進んでいると感じた時に、「円滑」という言葉を使ってみましょう。

またビジネスシーンでは、「円滑に○○するように」というお達しが来ることがあります。

例えば「円滑に計画を進めろ」とか、「円滑な運営をするように」などという命令です。

このように、何かを問題なく進めるようにという意味を含めて、「円滑」という言葉を使った指示が出されるということを覚えておきましょう。

「円滑」の類語や類似表現や似た言葉

次に「円滑」の類語や類似表現を紹介します。

「円滑」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「すらすら」
  • 「スムーズ」
  • 「坦々」

「すらすら」

「すらすら」には、「滞りなく物事が進む様子」という意味があります。

「円滑に進む」「すらすら進む」は、ほとんど同じ意味といえるでしょう。

また、勉強が滞りなく進む時、「勉強がすらすら進む」などと言います。

「スムーズ」

「スムーズ」というカタカナ語は、広く一般的に使われています。

「スムーズ」には、「つっかえることなく、滑らかな様子」という意味があります。

ちなみに「スムーズ」は英語にすると、“smooth”と表記します。

「仕事がスムーズに進む」「会議がスムーズに進行する」などという使い方をします。

「坦々」

「坦々」「たんたん」と読み、「大した変動も無く、無事に過ぎる様子」という意味があります。

山坂があるのではなく、平地をスーッと進んでいくようなイメージが「坦々」という言葉にあります。

「坦々と時間が過ぎる」「坦々と食事をする」などという使い方をします。



「円滑」を使った例文や短文など

「円滑」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「円滑」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「円滑」を使った例文1
  • 「円滑」を使った例文2

「円滑」を使った例文1

「大きなイベントだが、『円滑』な運営がなされ、ストレスがない」

この例文のように、大きなイベントであるにもかかわらず、運営が素晴らしいため、参加者がストレスを感じないで済むことがあります。

このような「円滑」な運営は、高く評価されるべきでしょう。

10万人程度集まるような巨大イベントであっても、「円滑」に運営できる会社は貴重です。

オリンピックに準じるようなイベントを担当しても、上手く運営できるかもしれません。

「円滑」を使った例文2

「結婚して10年、妻の実家とも『円滑』な関係を保っている」

この例文のように、結婚した後で始まった人間関係を、「円滑」に保っている人は素晴らしいと思います。

違う文化を持つ妻や夫、その家族とは、何かと衝突してしまいがちですが、スムーズに交流できるのは素晴らしいことです。

家族は人間関係の基本になるため、できるだけ「円滑」に保った方が、精神的にもいいでしょう。

「円滑なコミュニケーション」を取る方法

「円滑なコミュニケーション」を取れれば、職場や友達関係はずっと楽になります。

そこで「円滑なコミュニケーション」のコツを、3つ紹介します。

  • 「聞き上手になる」
  • 「話題を準備する」
  • 「小道具を使う」

「聞き上手になる」

「円滑なコミュニケーション」のために、まずは「聞き上手」になってみましょう。

楽しい会話は「円滑なコミュニケーション」に欠かせませんが、自分から楽しい話をするのが苦手という人もいるでしょう。

そこでまずは「聞き上手」になりましょう。

相手の話を良く聞き、適度なタイミングで相槌を打つだけで、会話は楽しくなります。

「話題を準備する」

自分から話ができた方が、「円滑なコミュニケーション」に有利なのは間違いありません。

特に口下手な人と仲良くするためには、自分から話しかけないといけないかもしれません。

そこで、事前に「話題を準備する」ことをおすすめします。

日常的に、「これは話題になりそうだ」ということを、スマホなどにメモしておきましょう。

いつでも会話に使えそうなネタがいくつかあれば、話題に事欠くこともないでしょう。

「小道具を使う」

「円滑なコミュニケーション」のために、「小道具」を使ってみましょう。

例えば「お菓子」を使って見てはいかがでしょうか。

最新のお菓子や懐かしいお菓子を、職場などに持っていくと、話題の中心になるかもしれません。

お菓子代という少しの投資で、「円滑なコミュニケーション」が取れれば安いものかもしれません。

またスナップ写真や、旅行のお土産なども、「円滑なコミュニケーション」のための有効な小道具になりそうです。

icon まとめ

「円滑」という言葉について見てきました。

何となく「円滑」という言葉を知っていた人も、具体的にどのような意味があるかを理解できたのではないでしょうか。

また「円滑」に物事を進めることの素晴らしさや大切さを、あらためて感じたかもしれません。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。