意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「哀愁漂う」の意味とは!類語や概要

「哀愁漂う」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「哀愁漂う」という言葉の理解を深めていきましょう。

哀愁漂う

Meaning-Book
「哀愁漂う」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「哀愁漂う」とは?
  • 「哀愁漂う」の表現の使い方
  • 「哀愁漂う」を使った例文と意味を解釈
  • 「哀愁漂う」の類語や類義語


「哀愁漂う」とは?

「哀愁漂う」とは何とはなしに、悲しい雰囲気があることを言います。

  • 「哀愁漂う」の読み方

「哀愁漂う」の読み方

「哀愁漂う」とは「あいしゅうただよう」と読みます。



「哀愁漂う」の表現の使い方

「哀愁漂う」「哀愁」とは何となく悲しい気持ち、物悲しい感じという意味になります。

「漂う」とは雰囲気などが感じられるという意味で使いますので、物悲しさが感じられることを「哀愁漂う」という言葉を使って表現できるのです。

「哀愁漂うメロディー」「哀愁漂うサラリーマン」などと使います。

「哀愁漂う」を使った例文と意味を解釈

それでは「哀愁漂う」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「哀愁漂う」を使った例文1
  • 「哀愁漂う」を使った例文2

「哀愁漂う」を使った例文1

「哀愁漂う姿が、何だか色っぽく見えた」

「哀愁漂う」とはどこか物悲しい、陰がある、そのような雰囲気に対して使う言葉です。

明るく天真爛漫とは逆の雰囲気と言えるでしょう。

そのような姿は、かえって人の気を惹いてしまい、また色気を感じさせることもあります。

「哀愁漂う」を使った例文2

「彼の哀愁漂う笑顔に、これまでの人生経験が楽なものばかりではなかったことがわかる」

「哀愁漂う」とは物悲しさ、陰といったものを感じさせます。

人生経験が豊富であると思われますし、何か苦労もあったのではと想像できるのです。

そのような雰囲気を持っている人に「哀愁漂う」という言葉を使います。



「哀愁漂う」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「哀愁漂う」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「泣けてくる」【なけてくる】
  • 「切ない」【せつない】
  • 「哀調を帯びた」【あいちょうをおびた】

「泣けてくる」【なけてくる】

「泣けてくる」とはどこか悲しく涙を誘うという意味で使います。

「あんな姿を見たら、泣けてくるわ」「彼の現状に泣けてくる」などと使います。

「切ない」【せつない】

「切ない」とは胸がしめつけられるような気持ち、辛くてやるせないといった時に使う言葉です。

「切ない胸の内」「彼女のことを思うと切ない気持ちになるなあ」などと使います。

「哀調を帯びた」【あいちょうをおびた】

「哀調を帯びた」とは物悲しく、寂しい感じを身に着けている、そのような要素があるという意味です。

「哀調を帯びた歌声」などと言います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「哀愁漂う」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「哀愁漂う」とは何となく、悲しい気持ちになるような、そのような雰囲気を持っている人などに使う言葉です。

それはある意味魅力的という場合と、かわいそうといった同情的な場合と、どちらでも使いますので、会話、文章の前後の流れなどで判断するようにしましょう。