意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「哀愁を誘う」とは?意味!使い方や例文!類語や言い換え

「哀愁を誘う」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「哀愁を誘う」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「哀愁を誘う」とは?意味!使い方や例文!類語や言い換え>


目次

  • 「哀愁を誘う」とは?
  • 「哀愁を誘う」の表現の使い方
  • 「哀愁を誘う」を使った例文や解釈


「哀愁を誘う」とは?

みなさんは「哀愁を誘う」という言葉を見て、どのような感想を持つでしょうか。

最近、「哀愁を誘う」場面に出くわしたと感じた人もいるでしょう。

一方で、この言葉の意味すら分からない人もいるでしょう。

そこで「哀愁を誘う」という言葉の読み方や意味を紹介します。

「哀愁を誘う」の意味を知ることで、自分もそのような場面を見たことを思い出せるかもしれません。

  • 「哀愁」の意味
  • 「誘う」
  • 「哀愁を誘う」の意味

「哀愁」の意味

「哀愁を誘う」「哀愁」「あいしゅう」と読みます。

読み方が難しい漢字が使われているため、いきなり正しく読むのは難しいかもしれません。

「哀愁」には、「もの悲しさ」という意味があります。

詩を書く時に、詩にもの悲しさを加えた時、「哀愁のある詩」になります。

「誘う」

「哀愁を誘う」「誘う」「さそう」と読みます。

「誘う」には、「一緒に行動するようにすすめる」という意味があります。

「部活動に誘う」「サークル活動に誘う」などという使い方をします。

また「悪の道に誘う」という場合は、「好ましくない状況に引き入れる」という意味になります。

さらに「誘う」には、「あることが原因で、ある気持ちを引き起こさせること」という意味があります。

「哀愁を誘う」「誘う」には、この意味があります。

「涙を誘う歌声」という場合には、歌声が原因で涙がこぼれるという意味になります。

「哀愁を誘う」の意味

「哀愁を誘う」には、「あることが原因で、もの悲しさを引き起こさせること」という意味があります。

例えば、高齢の犬を見た時に、もの悲しい気持ちになった時、「哀愁を誘う老犬の姿」などと表現できます。

日常生活や特別なイベントなどで、「哀愁を誘う」場面に出会うことがあるでしょう。



「哀愁を誘う」の表現の使い方

「哀愁を誘う」の使い方を紹介します。

「哀愁を誘う」には、「あることが原因で、もの悲しさを引き起こさせること」という意味があります。

ビジネスシーンでは、かつてバリバリと仕事をしていた上司が、現在は窓際族になっている姿を見ると、もの悲しい気持ちになるかもしれません。

このような時に、「かつての上司の姿が、『哀愁を誘う』」などと言います。

枯れ木を見た時、使い古された食器などを見た時も、もの悲しさが引き起こされるかもしれません。

このような時に、「哀愁を誘う」という言葉を使ってみましょう。

「哀愁を誘う」を使った例文や解釈

最後に「哀愁を誘う」という例文や短文を紹介します。

「哀愁を誘う」を使った文章は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「哀愁を誘う」を使った例文1
  • 「哀愁を誘う」を使った例文2

「哀愁を誘う」を使った例文1

「捨て置かれた家は、人々の『哀愁を誘う』」

この例文のように、かつては家族が暮らしていたと思われる家が、現在は廃屋になっているのを見た時、見た人の心をもの悲しくさせるかもしれません。

まさに「哀愁を誘う」景色と言えるでしょう。

「哀愁を誘う」を使った例文2

「故郷の方言は『哀愁を誘う』」

故郷を離れて暮らしている人は、この例文のような感想を持ったことがあるかもしれません。

故郷の懐かしい方言を聴くと、懐かしいと思うと同時に、もの悲しい気持ちになるかもしれません。

学生時代のスナップ写真や、卒業アルバムなども、人によって「哀愁を誘う」アイテムになるかもしれません。



icon まとめ

「哀愁を誘う」という言葉について見てきました。

この言葉の意味を知ることで、実際にもの悲しいと感じる場面を思い出した人もいるでしょう。

次にそのような人や風景を見た時に、「哀愁を誘う」という言葉を使ってみましょう。