意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「冴え渡る」の意味とは!類語や概要

皆さんは「冴え渡る」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は身近な日常生活の会話の中や、仕事をしている中でも使われることがある言葉ですが、今一度、じっくりと振り返って意味を見ることはあまりないかもしれません。

そこでここでは、「冴え渡る」にフォーカスして見ていくことにします。

冴え渡る

Meaning-Book
「冴え渡る」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「冴え渡る」とは?
  • 「冴え渡る」の表現の使い方
  • 「冴え渡る」を使った例文と意味を解釈
  • 「冴え渡る」の類語や類義語


「冴え渡る」とは?

「冴え渡る」には、色々な意味がありますが、「光や音などが一面に澄みきる」「隅々まで澄み通る」と言った意味合いの他に、「頭の働きやか身体の調子などがひと際はっきりする」「腕前や手際などがすごく鮮やかである」というような解釈をすることもできる言葉です。

  • 「冴え渡る」の読み方

「冴え渡る」の読み方

「冴え渡る」「さえわたる」という読み方をしますので、ここで忘れることのないように、きちんと憶えておくようにしましょう。



「冴え渡る」の表現の使い方

「冴え渡る」「頭の働きやか身体の調子などがひと際はっきりする」という意味で使われることが結構あります。

特にビジネスシーンにおいては、会議中の発言やプレゼンでの意見で人の関心を集めるような場面で使われることもあります。

「冴え渡る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「冴え渡る」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「冴え渡る」を使った例文1
  • 「冴え渡る」を使った例文2

「冴え渡る」を使った例文1

「彼は、夜になると頭は冴え渡ってくるので、その時に文章を書くことにしています」

人によって頭が「冴え渡る」時間やタイミングはまちまちです。

この例文に登場してきた「彼」の職業は小説家なのかもしれませんが、文章を書くのに夜にならないと頭が「冴え渡らない」のかもしれません。

確かに小説家の中には、夜にならないと駄目な人が少なくない印象があります。

「冴え渡る」を使った例文2

「夜の景色を眺めてみると、空に高く冴え渡る月の光が素晴らしくおもえてしまいます」

「冴え渡る」は、この例文にあるように、頭の中のことだけでなく、空気や空の清浄な意味合いも表現することができます。

澄み切った夜空を表現しているのですが、その中でも月光は非常に美しく感じるものです。



「冴え渡る」の類語や類義語

「冴え渡る」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「クリアになる」
  • 「澄み切る」【すみきる】

「クリアになる」

「クリアになる」という言葉が「冴え渡る」の類義語として挙げることができます。

「頭の働きがとても良くなること」という意味で使われていますが、頭の中がクリアになるということは、頭の回転が活発になり思考力が高くなっていくことを指しています。

「澄み切る」【すみきる】

「澄み切る」という言葉もありますが、「空気や水が淀んでおらず、澄んでいる」「清浄になる」「清まる」などの解釈ができます。

icon まとめ

「冴え渡る」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、この言葉を使う場面も様々ありそうです。

特に仕事をしている中では、様々なことを思考しなくてはなりませんので、「冴え渡る」ようなアイデアを常に出せるようにしておきたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。