意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「理解力」とは?意味や使い方!例文や解釈

「理解力」とは、「物事の道理・筋道・内容を正しく分かることができる能力」を意味する言葉です。

「理解力」「意味・読み方・使い方・理解力を使った言葉・例文と解釈・理解力と認識力の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

理解力

Meaning-Book
「理解力」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「理解力」とは?
  • 「理解力」の表現の使い方
  • 「理解力」を使った言葉と意味を解釈
  • 「理解力」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「理解力」と「認識力」の意味の違い
  • 「理解力」の類語や類義語・言い換え
  • 「理解力」の英語と解釈


「理解力」とは?

「理解力」という表現は、「物事の道理・筋道・内容などについて正しく分かることができる能力」を意味しています。

「理解力」というのは、「他者にも通用する論理的な思考の筋道を介して、物事の意味・内容・仕組みなどを正しく判断したり分かったりすることができる力」を意味している表現なのです。

  • 「理解力」の読み方

「理解力」の読み方

「理解力」の読み方は、「りかいりょく」になります。



「理解力」の表現の使い方

「理解力」の表現の使い方は、「物事の意味・内容・仕組みなどを、正しい思考の筋道や論理(道理)を通して分かることができる力」を意味して使うという使い方になります。

「理解力」という言葉は、「物事・現象を他者とも共通する論理や道理を介して正しく分かることができる能力」という意味で使われる言葉なのです。

例えば、「言葉の仕組みの理解力が高ければ高いほど、外国語の習得が容易になってくるのです」といった文章において、この「理解力」という表現を使用することができます。

「理解力」を使った言葉と意味を解釈

「理解力」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「言語の理解力」【げんごのりかいりょく】
  • 「異文化の理解力」【いぶんかのりかいりょく】
  • 「理解力の強化」【りかいりょくのきょうか】

「言語の理解力」【げんごのりかいりょく】

「言語の理解力」という表現は、「言語の文法・語彙・語用・論理などを前提にして、その言語を正しく分かって使えるようになる能力」のことを意味しています。

例えば、「言語の理解力の高低は生まれつきの言語感覚だけではなく、後天的な学習環境によっても左右されます」といった文章で使われます。

「異文化の理解力」【いぶんかのりかいりょく】

「異文化の理解力」という言葉は、「現在の自分が属している文化圏とは異なる文化圏の生活様式・価値観・宗教や社会制度などについて、偏見や先入観を排して正しく分かることができる力」を意味しています。

例えば、「異文化の理解力を持っていれば、海外旅行をより自由に楽しむことができます」といった文章で使えます。

「理解力の強化」【りかいりょくのきょうか】

「理解力の強化」という表現は、「物事の意味・内容・道理について他者にも通用する形で正しく分かる力を強めていくこと」を意味しています。

例えば、「国語の理解力の強化をするためには、読書経験を増やしてできるだけ多くの言葉や物語に触れることが大切です」といった文章で使われます。



「理解力」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「理解力」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「理解力」を使った例文1
  • 「理解力」を使った例文2

「理解力」を使った例文1

「彼は他者の気持ちに対する理解力が劣っているので、いつも対人関係のトラブルを起こしていました」

この「理解力」を使った例文は、「彼は他者の気持ちを正しく推測して分かる力が劣っているので、いつも対人関係のトラブルを起こしていた」ということを意味しています。

「理解力」を使った例文2

「外国語の理解力を高める一番良い方法は、ネイティブスピーカーと日常的な会話を何度も積み重ねることです」

この「理解力」を使った例文は、「外国語の使い方・文法・語彙などを正しく把握して分かることができる力を高める一番良い方法は、ネイティブスピーカーと日常的な会話を何度も積み重ねることである」を意味しています。

「理解力」と「認識力」の意味の違い

「理解力」という言葉は、「物事の意味・内容・仕組みを、他者とも共通する論理や道理を介して正しく分かることができる力」を意味しています。

「認識力」という表現は、「知覚で物事を見分けて、本質を理解したり正しく判断したりする力」を意味しています。

「理解力」「認識力」は似た意味の言葉ですが、「理解力」の方が「認識力」よりも「高次の分かったと思える能力」を意味していて、「認識力」には「知覚・感覚・直感など思考以前の心の働き」が含まれているという意味の違いがあるのです。

「理解力」の類語や類義語・言い換え

「理解力」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「見識・知見」
  • 「知力・インテリジェンス」
  • 「思いやり・シンパシー」

「見識・知見」

「理解力」の類語・言い換えとして、「見識・知見」があります。

「理解力」という表現は、「物事に対する見識(知識・経験・知見)に裏打ちされた分かることができる力」を意味しています。

その意味から、「理解力」と同じような意味を持つ類語として、「見識・知見」があります。

「知力・インテリジェンス」

「理解力」の類義語・言い換えには、「知力・インテリジェンス」があります。

「理解力」という表現は、「物事を論理や道理に基づいて正しく分かることができる知力・知性(インテリジェンス)」を意味しています。

その意味合いから、「理解力」という表現は「知力・インテリジェンス」という表現で言い換えられるのです。

「思いやり・シンパシー」

「理解力」の類語・言い換えとして、「思いやり・シンパシー」があります。

「理解力」の表現は、「他者の気持ちを思いやって正しく推測して共感することのできる力」を意味しています。

その意味合いから、「理解力」と近しい意味を持つ類語として、「思いやり・シンパシー(共感)」を上げることができます。

「理解力」の英語と解釈

「理解力」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“ability to understand”(理解する能力・理解力)

“power of understanding”(理解するパワー・理解力)

  • “She lacked the power of understanding about feelings of others.”

“She lacked the power of understanding about feelings of others.”

「理解力」という言葉を使ったこの英語の例文は、「彼女は他者の気持ちについての理解力に欠けていました」ということを意味しています。

icon まとめ

「理解力」という言葉について徹底的に解説しましたが、「理解力」には「物事の道理・仕組み・状況やその意味する内容などを正しく分かることができる力」などの意味があります。

「理解力」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「見識・知見」「知力・インテリジェンス」「思いやり・シンパシー」などがあります。

「理解力」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。