意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「人心掌握」とは?読み方や意味・概要を解説!

この「人心掌握」は、心理学ではよく見聞きする言葉の1つです。

人心掌握

Meaning-Book
「人心掌握」とは?読み方や意味・概要を解説!>


目次

  • 「人心掌握」とは?
  • 「人心掌握」の概要


「人心掌握」とは?

「人心掌握」とは、人の心を掴むという意味の言葉です。

それによって、尊敬の対象となったり、信頼されることになるでしょう。

ただし、そう簡単にできることではなく、それにはもちろん努力が必要になります。

また、元からその素質がある人も居るもので、この人はそれがうまいと感じる人は、そのような才能があるのかも知れません。

  • 「人心掌握」の読み方

「人心掌握」の読み方

「人心掌握」は、「じんしんしょうあく」と読んでください。

心理学においては、この人と居ると(話していると)何となく安心できると思わせることだと定義されており、それこそがその人の心を掴んだということになるという解釈です。



「人心掌握」の概要

この「人心掌握」は、一歩間違えると、「洗脳」の類いになってしまいます。

人から頼りにされるのは嬉しいものですが、その人が居ないと生きていけないとまで思われてしまうと、掴み過ぎてしまったと解釈するしかありません。

遭えてそのように仕向けることで、その洗脳を行おうとする場合もあるだけに、この「人心掌握」は、どこまでが本来の意味のそれなのかが難しいと言われています。

自分のことを分かってくれる人の存在は、とても嬉しいものです。

逆にそう思える人が居れば、それは、その人に「人心掌握」されているからかも知れません。

icon まとめ

「人心掌握」は、その意味から、あまりいい使い方はされない言葉です。

かつてのナチスのヒトラーは、抜群にこれがうまかった為、独裁者になれたと考えられています。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。