意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「揶揄表現」とは?意味や例文など徹底解説

「揶揄表現」という言葉は見聞きすることはあってもただし理解して使いこなしている人は少ないです。

いったいどのような言葉なのか、紹介していきます。

Meaning-Book
「揶揄表現」とは?意味や例文など徹底解説>


目次

  • 「揶揄表現」とは?
  • 「揶揄表現」の概要(具体例)
  • 「揶揄表現」の類語や言い換え


「揶揄表現」とは?

「揶揄表現」という言葉は対象となる物事を面白く冗談を交えて表現することを表す言葉です。

元々「揶揄」にはそれぞれの漢字にからかうという意味合いを持つ言葉とされており、それが合わさることでより強調されています。

またその「揶揄」「表現」すると構成されるため、面白く冗談を交えた表現とされます。

またその表現についてもただ面白いだけでなく皮肉めいた内容で笑いを集めるような表現ともされています。

  • 「揶揄表現」の読み方

「揶揄表現」の読み方

「揶揄表現」という言葉の読み方として「やゆひょうげん」と読みます。

それぞれの漢字を音読みで四で構成されます。



「揶揄表現」の概要(具体例)

「揶揄表現」という言葉は日常的に適応することの多い言葉ですが、実際にどのようなことを対象とするかを知っておく必要があります。

意味合いとして皮肉めいた笑い・冗談といった解釈となります。

例としてスマホに依存しすぎている人を「スマホ中毒」やなかなか芝居がうまくできない・棒読みといった俳優を「大根役者」などが例となります。

その特徴を捉え、笑い・冗談別の物に表現しますが言われた相手にはネガティブな印象を取られかねないため、注意が必要です。

「揶揄表現」の類語や言い換え

「揶揄表現」という言葉は様々な場面で適応しますが、その言葉を会話で使うことは少なく、類語や言い換えた言葉で表現されることも多いです。

どのような言葉が該当するか、例を紹介していきます。

  • 「ブラックジョーク」
  • 「いじり」

「ブラックジョーク」

「ブラックジョーク」という言葉はジョーク(冗談)のことを表しますが、その内容が腹黒い内容のものを言います。

そのため悪い・悪意ある冗談としての意味合いを持ち「揶揄表現」の類語とされます。

「いじり」

「いじり」とは対象となる事象・人に対して面白おかしく扱うことを意味します。

元々「いじり」「弄る(いじる)」という言葉からの言葉であり、その意味としては「もてあそぶ」とされています。

そのため相手を面白く扱うということから類語とされています。



icon まとめ

「揶揄表現」という言葉は日常的に適応することの多い言葉です。

しかしその内容は皮肉的な冗談とされるため言われた相手にとってはあまり聞きたくないことであることが多いです。

そのため使い方にも注意が必要です。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。