意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「逐次」とは?意味や使い方!例文や解釈

「逐次」とは、「順序を追って次々に(連続的に)物事が行われるさま」を意味する言葉です。

「逐次」「意味・読み方・使い方・逐次を使った言葉・例文と解釈・逐次と順次と随時の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

逐次

Meaning-Book
「逐次」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「逐次」とは?
  • 「逐次」の表現の使い方
  • 「逐次」を使った言葉と意味を解釈
  • 「逐次」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「逐次」と「順次」と「随時」の意味の違い
  • 「逐次」の類語や類義語・言い換え
  • 「逐次」の英語と解釈


「逐次」とは?

「逐次」という表現は、「順序を追って次々に連続して物事が行われるさま」を意味しています。

「逐次」というのは、「順序に従って一つずつ物事が行われること」「順次に連続的に物事をこなしていくさま」を意味する表現なのです。

  • 「逐次」の読み方

「逐次」の読み方

「逐次」の読み方は、「ちくじ」になります。



「逐次」の表現の使い方

「逐次」という表現は、「順を追って次々に連続して物事を行う場合」に使うという使い方になります。

「逐次」というのは、「次から次に途切れることなく物事を実行する時」に使うことができる表現なのです。

例えば、「この研究課題については、逐次レポートを提出するようにしてください」といった文章で、「逐次」の表現を使えます。

「逐次」を使った言葉と意味を解釈

「逐次」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「逐次報告」【ちくじほうこく】
  • 「逐次発表」【ちくじはっぴょう】
  • 「逐次行う」【ちくじおこなう】

「逐次報告」【ちくじほうこく】

「逐次報告」という表現は、「順を追って次々に報告すること」を意味しています。

例えば、「逐次報告ができない部下は、どうしても人事評価が下がりやすくなります」といった文章で使用することができます。

「逐次発表」【ちくじはっぴょう】

「逐次発表」という言葉は、「順序に従って次から次へと連続で発表すること」を意味しています。

例えば、「このプレゼントの当選者については番組内で逐次発表させて頂きますので、番組をぜひチェックしてみてください」といった文章で使われます。

「逐次行う」【ちくじおこなう】

「逐次行う」という表現は、「順を追って次々に物事を行うこと・連続的に物事に対処すること」を意味しています。

例えば、「どんな仕事も逐次行うことができれば、仕事を溜め込んで後で苦労することはありません」といった文章で使えます。



「逐次」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「逐次」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「逐次」を使った例文1
  • 「逐次」を使った例文2

「逐次」を使った例文1

「お客様の個人情報については、逐次セキュリティを確保した適切な方法でデータベースに記録していく仕組みになっています」

この「逐次」を使った例文は、「お客様の個人情報については、手順に従って連続的に(次々に)セキュリティを確保した適切な方法でデータベースに記録していく仕組みになっている」ということを意味しています。

「逐次」を使った例文2

「繁忙期で仕事量が膨大になっているので、逐次仕事を片付けていかないといつまで経っても終わりません」

この「逐次」を使った例文は、「繁忙期で仕事量が膨大になっているので、順序正しく次から次へと仕事を片付けていかないといつまで経っても終わらない」ということを意味しています。

「逐次」と「順次」と「随時」の意味の違い

「逐次(ちくじ)」という表現は、「順を追って次から次へと連続的に行うこと」を意味しています。

「順次(じゅんじ)」という言葉は「順番に従って次々に物事を行うこと」を意味していて、「逐次」「順次」は言い換えることが可能な言葉になっています。

「随時(ずいじ)」という表現は、「好きな時にいつでも」「気が向いた折(機会)に」といったことを意味しています。

「逐次」「順次」はほぼ同じような意味を持っていて言い換えられますが、「随時=いつでも好きな時に」という表現だけは「逐次・順次」とは全く異なる意味になっているのです。

「逐次」の類語や類義語・言い換え

「逐次」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「逐一・一つずつ」
  • 「順々に・次々に」
  • 「連続的に・立て続けに」

「逐一・一つずつ」

「逐次」の類義語・言い換えとして、「逐一・一つずつ」があります。

「逐一」という表現は、「順を追って詳しく・何から何まで全部」を意味しています。

「一つずつ」という表現は、「確実に一つ一つの物事を順繰り(じゅんぐり)に処理する」を意味しています。

それらの意味から、順を追って連続的に行うを意味する「逐次」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「逐一・一つずつ」を指摘できます。

「順々に・次々に」

「逐次」の類語・言い換えとして、「順々に・次々に」があります。

「順々に」の表現は、「順次に・順番に従って確実に」ということを意味しています。

「次々に」という表現は、「順を追って連続的に・途絶えることなく」を意味しています。

それらの意味から、「逐次」の表現は「順々に・次々に」という表現に言い換えることができるのです。

「連続的に・立て続けに」

「逐次」の類義語・言い換えには、「連続的に・立て続けに」があります。

「逐次」という表現は、「順序に従って連続的に行うさま」「連続して立て続けに対処するさま」を意味しています。

それらの意味から、「逐次」に近しい似た意味を持つ類義語として、「連続的に・立て続けに」を上げられるのです。

「逐次」の英語と解釈

逐次 meaning in english

「逐次」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“one by one”(順を追って一つずつ・逐次)

“one after another”(他が終わったら次のこと・一つずつ・順を追って次々に・逐次)

“successively”(連続的に・引き続き・逐次)

“consecutive interpretation”(逐次通訳)

“sequential”(連続的な・一つながりの・逐次)

  • “We will announce the safety information about this disaster successively.”

“We will announce the safety information about this disaster successively.”

「逐次」という言葉を使ったこの英語の例文は、「災害に関する安否情報を逐次発表していきます」ということを意味しています。

icon まとめ

「逐次」という言葉について徹底的に解説しましたが、「逐次」には「順序を追って次々に(連続的に)物事が行われるさま」などの意味があります。

「逐次」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「逐一・一つずつ」「連続的に・立て続けに」「順々に・次々に」などがあります。

「逐次」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。