意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目安箱」とは?意味や例文など徹底解説

「目安箱」という言葉の意味を紹介します。

また「目安箱」という言葉の使い方を紹介して行きます。

目安箱

Meaning-Book
「目安箱」とは?意味や例文など徹底解説>


目次

  • 「目安箱」とは?
  • 「目安箱」の概要
  • 「目安箱」を使った例文と意味を解釈


「目安箱」とは?

「目安箱」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「目安箱」は、「官公庁や学校などで、広く意見を募る目的で設定されている箱」のことを言います。

例えば、自分の住んでいる市区町村がもっとよくなるために意見がある人がいる時、市会議員などに会って、陳情するのは難しいかもしれません。

市役所などの役場に、意見を募るための箱が置いてあれば、誰でも自分なりの意見を当初できます。

このような意見を募るための箱を「目安箱」と言います。



「目安箱」の概要

「目安箱」はそもそも江戸時代の将軍徳川吉宗が、享保の改革のひとつとして設けた意見箱がもとになっています。

評定所前に設置した箱には、たとえ庶民でも進言や不満を投書できます。

「目安箱」は将軍の目前で開けられたため、庶民が将軍に意見できる良い機会になったとされています。

「目安箱」を使った例文と意味を解釈

最後に「目安箱」を使った例文を紹介し、意味を解釈して行きます。

「目安箱」が入った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「学校に『目安箱』を置けば、生徒の意見が先生に届く」
  • 「『目安箱』を採用した徳川吉宗は立派な将軍だ」

「学校に『目安箱』を置けば、生徒の意見が先生に届く」

この例文のように、学校に「目安箱」を設置すれば、生徒の様々な意見が先生の耳に入りそうです。

より良い学校になるためのヒントを得られるかもしれません。

「『目安箱』を採用した徳川吉宗は立派な将軍だ」

この例文のように、「目安箱」を政策に取り入れた徳川吉宗は、現在でも人気があります。

時代劇のドラマの主人公になっているため、知っている人も多いかもしれません。



icon まとめ

「目安箱」という言葉について見てきました。

官公庁や学校などで、広く意見を募るための箱を見た時、「目安箱」という言葉を使ってみましょう。