意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「迂回路」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「迂回路」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は道路事情の悪いルートを避けたり、長期休暇の時に定番の交通集中による渋滞の時に耳にすることがあります。

しかし、この言葉を何となく聞き流していて、正確な意味を理解しないままに使っているかもしれませんので、今回は「迂回路」にフォーカスしていくことにします。

迂回路

Meaning-Book
「迂回路」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「迂回路」とは?
  • 「迂回路」の英語と解釈
  • 「迂回路」の表現の使い方
  • 「迂回路」を使った例文と意味を解釈
  • 「迂回路」の類語や類義語・言い換え


「迂回路」とは?

「迂回路」とは、「本来、進むべき予定の道を行かずに、特定の場所を避けたり、通ることが困難な時に他のルートを使い遠回りすること」という意味がある言葉です。

  • 「迂回路」の読み方

「迂回路」の読み方

「迂回路」「うかいろ」と読みますが「迂回」が難しい読み方なので、ここで読み方を正しく理解することにしましょう。



「迂回路」の英語と解釈

迂回路 meaning in english

「迂回路」を英語で訳すと、“bypass”という言葉で表現することができます。

郊外を走る「バイパス」や手術の「バイパス」もここから来ています。

「迂回路」の表現の使い方

「迂回路」と言うと、一般的には「導管や水路などの迂回路」を指していますが、交通渋滞地域を避けて走る道路のことを意味することが多くなっています。

これは日本だけでなく、海外でも昔からある市街地の中心部を走る幹線道路が、車の通行量増加に伴って、「迂回路」となって行く経緯があります。



「迂回路」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「迂回路」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「迂回路」を使った例文1
  • 「迂回路」を使った例文2

「迂回路」を使った例文1

「路面凍結で高速道路が途中から通行止めになったり、交通渋滞により、仕方なく高速道路を避けて迂回路を走行することがあります」

高速道路を利用する時に、帰省シーズンや冬の道路凍結のために高速道路を使わずに、「迂回路」を探して走ることがあります。

このような時は、大体の方角を押さえておけば方向を間違うことがないだろうと考えてしまうものですが、間違った道路に行かないようにすることが必要です。

「迂回路」を使った例文2

「新たなネットワークを構築する時には、通信経路の迂回路を確保しておくことが重要です」

「迂回路」は道路の代替路だけでなく、通信回線の予備回線として使われることがあります。

今やLANやLTE、Wi-Fiなどの通信インフラもビジネスの世界では必須の存在です。

その重要な基盤が損なわれることは、ビジネスチャンスを失うことにもなりかねませんので、ネットワーク設計においては、十分な検討が必要になってきます。

「迂回路」の類語や類義語・言い換え

「迂回路」を他の言葉でどのように表現することがあるかを見ていくことにしましょう。

  • 「回り道」【まわりみち】
  • 「遠回り」

「回り道」【まわりみち】

「回り道」という言葉が「迂回路」の類義語として扱うことができます。

「遠回りの道」「遠回りして行く」という意味がある言葉です。

「遠回り」

「遠回り」も類義語の1つとして活用することができますが、「目的地に向かう時に、最短ではない道を通って行く」という意味で活用されている言葉です。

目的地に行くためには、できる早く楽に着くことが理想ですが、中にはとても辿り着けないようなケースがあります。

このようなことから、「回り道」を使って確実に安全に目的地に行くために、「回り道」が使われます。

icon まとめ

「迂回路」は、色々な場面で出てくる言葉なのですが、交通渋滞のような非常時での使い方がよく引き合いに出されます。

しかし、日頃の環境の中でも、どうしても「迂回路」を使わざるを得ないこともありますので、間違った使い方で、相手を惑わすようなことがないようにすることが、とても重要なことになります。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。