意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「信頼関係を築く」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「信頼関係を築く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「信頼関係を築く」という言葉を使った例文や、「信頼関係を築く」の類語を紹介して行きます。

信頼関係を築く

Meaning-Book
「信頼関係を築く」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「信頼関係を築く」とは?
  • 「信頼関係を築く」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「信頼関係を築く」を使った例文や短文など


「信頼関係を築く」とは?

「信頼関係を築く」という言葉を知っているでしょうか。

「何度も会うことで、信頼関係を築く」という人もいるでしょう。

一方で、「信頼関係を築く」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「信頼関係を築く」という言葉の意味を紹介します。

  • 「信頼関係を築く」の読み方
  • 「信頼関係を築く」の意味

「信頼関係を築く」の読み方

「信頼関係を築く」「しんらいかんけいをきずく」と読みます。

「信頼関係」「しんらいかんけい」「築く」「きずく」と読みます。

これを機会に、「信頼関係を築く」「しんらいかんけいがきずく」と読みます。

「信頼関係を築く」の意味

「信頼関係を築く」という言葉の意味を紹介します。

「信頼関係を築く」には、「お互いの人物を高く評価して、すべて任せられるという気持ちを持つ関係を作ること」という意味があります。

「この人にまかせておけば、大丈夫」と思えるような関係を作ることを、「信頼関係を築く」と言います。

このように「信頼関係を築く」には、「お互いの人物を高く評価して、すべて任せられるという気持ちを持つ関係を作ること」という意味があります。



「信頼関係を築く」の類語や類似表現や似た言葉

次に「信頼関係を築く」の類語や類似表現を紹介します。

「信頼関係を築く」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「腹を割る」【はらをわる】
  • 「本音のやり取り」【ほんねのやりとり】

「腹を割る」【はらをわる】

「腹を割る」には「本心を打ち明ける」という意味があります。

「腹を割って話す」には、隠さずの心の中をさらけ出し話すという意味があります。

「本音のやり取り」【ほんねのやりとり】

「本音のやり取り」には、「本心のよるやりとり」という意味があります。

知り合いから友達へと、新密度が増すと、本心でやりとりできるようになるため、「本音のやり取り」ができるかもしれません。

「信頼関係を築く」を使った例文や短文など

続いて「信頼関係を築く」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「信頼関係を築く」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「信頼関係を築く」を使った例文1
  • 「信頼関係を築く」を使った例文2

「信頼関係を築く」を使った例文1

「『信頼関係を築く』ために、週に一度話をする」

この例文のように、定期的に話をすることで、相手との「信頼関係を築ける」かもしれません。

仕事の初めに会ったきりで、その後、一度も会わないまま仕事を進めて行くと、その仕事は上手く行っても、次の仕事につながらないかもしれません。

人は何度も顔合わせした人に行為を持つ傾向があります。

仕事をする時は、会える範囲で会うようにすると、次につながるような「信頼関係を築ける」かもしれません。

「信頼関係を築く」を使った例文2

「相手の利益を考えて仕事することで、『信頼関係を築ける』」

この例文のように、仕事をする上で大切なのは、仕事を通じてお互いが利益を得ることです。

自分の利益だけを考えて仕事をすると、その仕事で大きな利益を得ても、「信頼関係を築く」のは難しいでしょう。

長い目で見れば、自分にとっても損になってしまうでしょう。

相手の利益を考えた上で仕事を進めることが、「信頼関係を築く」ため、長期的な利益のために大切になりそうです。



icon まとめ

「信頼関係を築く」という言葉について見てきました。

誰かを高く評価して、すべて任せられると感じられる時、そのような関係を作れた時、「信頼関係を築く」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。