意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「危ない目に遭う」の意味とは!類語や言い換え

「危ない目に遭う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「危ない目に遭う」という言葉を使った例文や、「危ない目に遭う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「危ない目に遭う」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「危ない目に遭う」とは?
  • 「危険な目に遭う」を使った例文や短文など


「危ない目に遭う」とは?

「危ない目に遭う」という言葉を知っているでしょうか。

「初めて行った外国の街で、危ない目に遭う」という経験をした人がいるかもしれません。

一方で、「危ない目に遭う」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「危ない目に遭う」という言葉の意味を紹介します。

  • 「危ない目に遭う」の読み方
  • 「危ない目に遭う」の意味
  • 「遭う」の意味

「危ない目に遭う」の読み方

「危ない目に遭う」「あぶないめにあう」と読みます。

「危ない目」「あぶないめ」「遭う」「遭う」と読みます。

これを機会に「危ない目に遭う」「あぶないめにあう」と読みましょう。

「危ない目に遭う」の意味

「危ない目に遭う」という言葉の意味を紹介します。

「危ない目に遭う」には、「物事をするにあたり、危険な場面に遭遇する」という意味があります。

例えば、初めて行った街で、チンピラに絡まれそうになった時は、「危ない目に遭った」と言えるでしょう。

「遭う」の意味

「遭う」という言葉には、「好ましくないことを経験する」という意味があります。

そのため「危ない目に遭う」や、「事故に遭う」「災難に遭う」など、好ましくない経験をしたことを文章にする時は、「遭う」という言葉を使います。

「イケメンに会う」という時など、素敵な人と出会った時などに、「遭う」という言葉を使わないようにしましょう。



「危険な目に遭う」を使った例文や短文など

「危険な目に遭う」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「危険な目に遭う」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「危険な目に遭う」を使った例文1
  • 「危険な目に遭う」を使った例文2

「危険な目に遭う」を使った例文1

「女性がひとりで夜道を会うと、『危険な目に遭う』ので注意しよう」

この例文のように、平和と言われる日本でも、女性が一人で夜道を歩くと、どのような危険が待っているか分かりません。

できれば女性一人では、夜遅くは出歩かないようにし、どうしても必要なら、信頼できる男性に付き添ってもらうようにしましょう。

「危険な目に遭う」を使った例文2

「『危険な目に遭う』のが嫌なので、山にはクマよけ鈴を持って行く」

この例文は登山やハイキングに出かける人の、危機対策になります。

山によってはクマがいる可能性があります。

クマと対面してしまったら、ケガをするリスクが生じます。

クマと山で遭遇するという、「危険な目に遭う」のを避けるために、クマよけ鈴は有効なアイテムかもしれません。

icon まとめ

「危険な目に遭う」という言葉について見てきました。

危険な体験をした時、またはそのような体験をしそうになった時、「危険な目に遭う」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。