意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特筆すべき」の意味とは!言葉を徹底解説

「特筆すべき」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「特筆すべき」という言葉を使った例文や、「特筆すべき」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「特筆すべき」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「特筆すべき」とは?
  • 「特筆すべき」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「特筆すべき」を使った例文や短文など


「特筆すべき」とは?

「特筆すべき」という言葉を知っているでしょうか。

誰かの話を聞いた時、「特筆すべき点がある」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「特筆すべき」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「特筆すべき」という言葉の意味を紹介します。

  • 「特筆すべき」の読み方
  • 「特筆すべき」の意味

「特筆すべき」の読み方

「特筆すべき」「とくひつすべき」と読みます。

「とくふで」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「特筆すべき」「とくひつすべき」と読みましょう。

「特筆すべき」の意味

「特筆すべき」には、どのような意味があるでしょうか。

「特筆すべき」には、「特に取り立てて書くべきこと」という意味があります。

誰かの話を聞いた時、「この部分は特に取り立てて記録すべきだ」と感じる時、誰かに伝えたいと思う時、「特筆すべき」という言葉を使います。

このように「特筆すべき」には、「特に取り立てて書くべきこと」という意味があります。



「特筆すべき」の類語や類似表現や似た言葉

次に「特筆すべき」の類語や類似表現を紹介します。

「特筆すべき」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ポイント」
  • 「注目点」【ちゅうもくてん】

「ポイント」

「ポイント」には、「要点」「肝心な点」という意味があります。

「ポイントは、Aだ」という時、肝心な点はAだという意味があります。

「注目点」【ちゅうもくてん】

「注目点」には「注目すべき点」という意味があります。

見るべきところ、驚くべきポイントを、「注目点」と言います。

「特筆すべき」を使った例文や短文など

続いて「特筆すべき」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「特筆すべき」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「特筆すべき」を使った例文1
  • 「特筆すべき」を使った例文2

「特筆すべき」を使った例文1

「『特筆すべき』は、彼が嘘をついたことだ」

この例文は、誰かの話を聞いた時に、嘘をついたことが気になり、他の人にも伝えたいと思ったという意味があります。

もし記者なら、嘘をついたことに違和感を感じ、記事にしようとしています。

このように、絶対に見逃せず、取り立てたいと感じる時、「特筆すべき」という言葉を使ってみましょう。

「特筆すべき」を使った例文2

「この作品には、特に『特筆すべき』点がない」

この例文のように映画や小説を読んだ時、特別に、取り立てるような良い点や欠点がないという意味があります。



icon まとめ

「特筆すべき」という言葉について見てきました。

誰かの話を聞いた時、事件やニュースを見た時に、メッセージや日記、記事などに特に取り立てて書くべきだと感じる時、「特筆すべき」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。