意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「慰留を促す」の意味とは!言葉を徹底解説

行動を表す言葉は様々に存在しますが、中にはなかなか使われない単語も多く存在します。

そんな単語を用いた言葉の一つに「慰留を促す」がありますが、どのような言葉か紹介します。

慰留を促す

Meaning-Book
「慰留を促す」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「慰留を促す」とは?
  • 「慰留を促す」の表現の使い方
  • 「慰留を促す」を使った例文と意味を解釈
  • 「慰留を促す」の類語や類義語・言い換え


「慰留を促す」とは?

「慰留を促す」という言葉の意味として相手に対して思い留まらせることを促す意味を持ちます。

そして思い留まらせるにあたり、相手をなだめることも含みます。

元々「慰留」には「慰める」「留める」という2つの漢字が合わさって構成されます。

そのため退く・逃げるといった人を慰める・なだめることで留まらせようと促すこととなります。

  • 「慰留を促す」の読み方と用いる場面

「慰留を促す」の読み方と用いる場面

「慰留を促す」という言葉の読み方として「いりゅうをうながす」と読みます。

「慰留」はそれぞれ音読みでの読み方となります。

そしてこの言葉が使う機会として多くは退任・退職を考える職員を引き留める際、その状況を表すときに多く用いられます。

そのため日常会話よりも公的な場で用いることが多いです。



「慰留を促す」の表現の使い方

「慰留を促す」という言葉を使う際、多くは公的な場で用いられます。

そして使う相手は何かしらの理由に事を退こうとする人となります。

そのため相手の意向・意思に対して反対のこと(慰留する)を促すため、意見の相違が生じやすいです。

そのため使い方として相手の意見・意向をしっかりと確認していることを前提に用いられます。

「慰留を促す」を使った例文と意味を解釈

「慰留を促す」という言葉が適応する場面・状況はたくさん存在してますが、どのように使うか知らない・わからないという人も多いです。

実際の使い方がどのようになるか紹介します。

  • 「慰留を促す」を使った例文1
  • 「慰留を促す」を使った例文2

「慰留を促す」を使った例文1

「クラブのコーチは今回の敗戦を機に去ろうとしたが、皆で慰留を促すことで続けてくれるようになった」

この場合、チームの配線をきっかけに去ろうとしたのはクラブのコーチであり、引き留めたのはチームメイトとなります。

そしてチームに残るように促したことを「慰留を促す」と表現しています。

「慰留を促す」を使った例文2

「彼は退職を希望したが会社にとって非常に有益な人材のため、待遇を良くしてでも慰留を促すことにした」

ここでは退職を希望する職員に対して何としてでも在籍させようとしていることとして用いられています。

しかし「ことにした」とあることからまだ促してはおらず、「慰留をとどめる」ことに決定した状態を表しています。



「慰留を促す」の類語や類義語・言い換え

「慰留を促す」という言葉は日常会話で用いることは少なく、類語や言い換えた表現が使うこともあります。

実際にどのような言葉があるか紹介します。

  • 「思いとどまらせる」
  • 「説得する」

「思いとどまらせる」

「思いとどまらせる」という言葉は相手に対して考えや行動を見つめなおして阻止・抑制しようとすることを意味します。

「慰留を促す」での逃げる・退くといった特定の状況に限らずに用いられる為、類語とされています。

「説得する」

「説得する」は相手に対して説き伏せる・わからせることを意味します。

その背景として相手の中に意思・主張があり、それを分かった上で考え直すこととなります。

そして退こうとする・逃げようとする人に対して「説得する」際には「慰留を促す」と同義の意味となり、類語に当たります。

icon まとめ

「慰留を促す」という言葉は相手を引き留める上で用いられる言葉ですが、使う場面・状況は非常にデリケートなことが多いです。

そのためトラブルを防ぐうえでも正しく理解して適切に使うことが求められます。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。