意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「不利益」とは?意味や使い方!例文や解釈

「不利益」とは、「利益にならないこと・損になること」を意味する言葉です。

「不利益」「意味・読み方・分解して解釈・使い方・不利益を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

不利益

Meaning-Book
「不利益」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「不利益」とは?
  • 「不利益」の表現の使い方
  • 「不利益」を使った言葉と意味を解釈
  • 「不利益」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「不利益」の反対語
  • 「不利益」の類語や類義語・言い換え
  • 「不利益」の英語と解釈


「不利益」とは?

「不利益」とは?

「不利益」という言葉は、「利益にならないこと・損になること」「ためにならないこと・損失・損害」を意味しています。

「不利益」というのは、「個人や集団(会社など)にとって利益にならないことや損になること」を意味している表現なのです。

例えば、「他人の失敗によって自分まで不利益を被る(こうむる)事態は、できるだけ避けたいです」といった文章で、「不利益」の意味を分かりやすく示せます。

  • 「不利益」の読み方
  • 「不利益」を分解して解釈

「不利益」の読み方

「不利益」の読み方は、「ふりえき」になります。

「不利益」を分解して解釈

「不利益」という表現を「不」「利益」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。

「不」という言葉は、「名詞や形容動詞の語幹に付いて、それを打ち消して否定する意味を表す接頭辞」を意味しています。

「利益」という表現は、「得になること・益になること・利すること・儲け(もうけ)」などを意味しています。

「不+利益=不利益」で、「利益にならないこと・儲けにならないこと・損すること」を意味しているのです。



「不利益」の表現の使い方

「不利益」の表現の使い方

「不利益」の表現の使い方は、「利益にならないこと・ためにならないこと」「損失・損害」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「あなたが無責任なことをすれば、同僚や家族に不利益が及ぶ恐れがあります」といった文章で、「不利益」の表現を使用することができるのです。

「不利益」を使った言葉と意味を解釈

「不利益」を使った言葉と意味を解釈

「不利益」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈します。

  • 「会社の不利益」【かいしゃのふりえき】
  • 「国家の不利益」【こっかのふりえき】
  • 「不利益の相殺」【ふりえきのそうさい】

「会社の不利益」【かいしゃのふりえき】

「会社の不利益」という表現は、「会社組織にとって利益にならないこと・損失・ためにならないこと」を意味しています。

例えば、「会社の不利益のリスクを考えたら、そんな無謀なM&Aに踏み出すことはできません」といった文章で使えます。

「国家の不利益」【こっかのふりえき】

「国家の不利益」という言葉は、「国家にとって利益にならないこと・損失になること・ためにならないこと」を意味しています。

例えば、「戦前は国家の不利益になるような行為は、国家反逆罪や秩序紊乱罪に問われる恐れがありました」といった文章で使用できます。

「不利益の相殺」【ふりえきのそうさい】

「不利益の相殺」という表現は、「損失を別の利益によって埋め合わせること」「損した金額分を補償したり補填したりすること」を意味しています。

例えば、「株で大金を損しても、誰も不利益の相殺なんてしてくれません」といった文章で使えます。



「不利益」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「不利益」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「不利益」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「不利益」を使った例文1
  • 「不利益」を使った例文2

「不利益」を使った例文1

「彼が今まで多くのミスや失言を繰り返したことで、我が社はかなりの不利益をこうむっているのです」

この「不利益」を使った例文は、「彼が今まで多くのミスや失言を繰り返したことで、我が社はかなりの損失・損害(得られるはずだった利益の逸失)をこうむっている」ということを意味しています。

「不利益」を使った例文2

「あなたもチームの一員であるのであれば、チームの仲間の不利益になるような言動は控えるようにして下さい」

この「不利益」を使った例文は、「あなたもチームの一員であるのであれば、チームの仲間の損失や不利になるような言動は控えるようにして下さい」ということを意味しています。

「不利益」の反対語

「不利益」の反対語

「不利益」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「利益・利得」

「利益・利得」

「不利益」の反対語として、「利益・利得」を上げることができます。

「利益」という言葉は、「益(えき)になること・ためになること・利すること(役に立つこと)」「儲け(もうけ)・得」を意味しています。

「利得」という表現は、「利益を得ること・得すること」を意味しています。

それらの意味合いから、利益にならないや損するを意味する「不利益」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「利益・利得」を指摘することができます。

「不利益」の類語や類義語・言い換え

「不利益」の類語や類義語・言い換え

「不利益」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「利益の喪失・損失」
  • 「役に立たない・割を食う」
  • 「鳴かず飛ばず」【なかずとばず】

「利益の喪失・損失」

「不利益」の類義語・言い換えには、「利益の喪失・損失」があります。

「不利益」というのは、「利益にならないこと・利益を失うこと・損失になること」を意味する表現です。

その意味合いから、「不利益」という言葉は「利益の喪失・損失」という表現で言い換えることができるのです。

「役に立たない・割を食う」

「不利益」の類語・言い換えとして、「役に立たない・割を食う」があります。

「割を食う」というのは、「自分だけが不利な扱いを受けること」「自分だけ損をすること」を意味する表現です。

「不利益」というのは、「利益にならず役に立たないこと」を意味する言葉です。

それらの意味から、「不利益」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「役に立たない・割を食う」という表現を上げることができます。

「鳴かず飛ばず」【なかずとばず】

「不利益」の類義語・言い換えとして、「鳴かず飛ばず」があります。

「鳴かず飛ばず」という表現は、「売れておらず人気(利益)が出ていないこと」「何の活躍もしていないこと」を意味しています。

その意味合いから、利益にならないことを意味する「不利益」の表現と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「鳴かず飛ばず」という表現を指摘できるのです。

「不利益」の英語と解釈

「不利益」の英語と解釈

「不利益」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“disadvantage, disadvantageous”(利益がない・不利益な・不利な)

“unprofitable”(利益にならない・不利益な・損失の)

“inadvisable”(得策ではない・不利になる・不利益な)

“be against one's interests”(~の不利益になる)

  • “That way of business is a disadvantage to the company.”

“That way of business is a disadvantage to the company.”

「不利益」という言葉を使ったこの英語の例文は、「そのビジネスのやり方は、会社にとって不利益です」ということを意味しています。

icon まとめ

「不利益」という言葉について徹底的に解説しましたが、「不利益」には「利益にならないこと・損になること」などの意味があります。

「不利益」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「利益の喪失・損失」「役に立たない・割を食う」「鳴かず飛ばず」などがあります。

「不利益」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。