意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「補足説明」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「補足説明」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、この言葉は日常生活の中で使われているというよりは、ビジネスシーンで耳にすることが多い言葉かもしれません。

今回は、この「補足説明」にフォーカスを当てて、どのような意味があり、どんな場面で使われるのか、見ていくことにしたいと思います。

補足説明

Meaning-Book
「補足説明」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「補足説明」とは?
  • 「補足説明」の英語と解釈
  • 「補足説明」の表現の使い方
  • 「補足説明」を使った例文と意味を解釈
  • 「補足説明」の類語や類義語・言い換え


「補足説明」とは?

「補足説明」とは?

「補足説明」「補足」「説明」の2つの言葉から構成されている四字熟語です。

「補足」「付け足して補うこと」という意味になり、「説明」「解き明かすこと」「物事がどうしてこのような結果になったのかなどの根拠や理由を明らかにすること」という意味を持っています。

そのことから「補足説明」は、「説明の十分でない部分について追加で説明すること」「さらに説明を加えて補うこと」という解釈することができ、物事の背景や事情、経緯、参考になる情報を加え場柄、補足的に説明することになります。

  • 「補足説明」の読み方

「補足説明」の読み方

「補足説明」「ほそくせつめい」と読みますが、難しい読み方ではないので、正確に覚えておくようにしましょう。



「補足説明」の英語と解釈

「補足説明」の英語と解釈

「補足説明」を英語で訳すと、“supplementary explanation”“further note”という言葉で表現することができます。

「補足説明」の表現の使い方

「補足説明」の表現の使い方

「補足説明」「不足している箇所を補うために説明すること」という意味がありますので、ビジネスにおけるプレセンテーションや商談で相手の理解が不十分な時に追加の説明をする時などで使われています。



「補足説明」を使った例文と意味を解釈

「補足説明」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「補足説明」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージして行くことにしたいと思います。

  • 「補足説明」を使った例文1
  • 「補足説明」を使った例文2

「補足説明」を使った例文1

「本委員会では、総務大臣が骨子説明を行い、その後、事務次官が補足説明を行うことになります」

国会でもこのようなことが良く行われているかと思われますが、大臣級の説明だけでは細かな内容が把握・理解しづらいために、事務官レベルの説明で補足されることで、より具体的な内容が理解できることになります。

「補足説明」を使った例文2

「前回の説明では不十分だったので、今回はさらにいくつかの点について補足説明しておく必要があります」

このようなセリフも会議や商談の中であるケースではないかと思います。

定期的に行われる会議でも、あるテーマについて説明したことがあまりにも簡単だったために、関係者がキチンと理解できてないなかったということがあります。

そのような時に「補足説明」をすることで、相手の理解を高めるようにするのです。

「補足説明」の類語や類義語・言い換え

「補足説明」の類語や類義語・言い換え

「補足説明」を他の言葉で言いかえるとするなら、どのような言葉があるのかを見ていくことにしましょう。

  • 「説明を加える」【せつめいをくわえる】
  • 「解説する」【かいせつする】

「説明を加える」【せつめいをくわえる】

「説明を加える」という表現が「補足説明」の類義語の1つとして挙げることができます。

「足りない箇所、十分に理解が得られない部分を詳しく追加的に説明する」という意味になります。

「解説する」【かいせつする】

「解説する」という言葉も使うことができますが、「物事を相手がよく理解できるように伝えること」という意味で用いられています。

icon まとめ

「補足説明」という言葉の意味や使い方を説明してきましたが、この言葉は仕事をしている人であれば、身近な言葉として頻繁に使っている言葉でしょう。

それだけに、この言葉の意義や重要性を再認識することが大切だと思うのです。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。