意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「過疎」とは?意味や使い方!例文や解釈

「過疎」「過」という漢字の語源的な意味は、「すぎる・通る・度を越える・行き過ぎる」などになります。

「過疎」とは、「人・物が極度にまばらなこと」「ある地域の人口が他に流出したり出生数が減ったりして少なすぎること」を意味する言葉です。

「過疎」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・過疎を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

過疎

Meaning-Book
「過疎」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「過疎」とは?
  • 「過疎」の表現の使い方
  • 「過疎」を使った言葉と意味を解釈
  • 「過疎」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「過疎」の反対語
  • 「過疎」の類語や類義語・言い換え
  • 「過疎」の英語と解釈


「過疎」とは?

「過疎」という言葉は、「人・物が極度にまばらなこと」「ある地域の人口が都市部に流出したり出生数が減ったりして少なくなり過ぎている状態」を意味しています。

「過疎」という表現は、「主に地方・農村部の人口密度が過度にまばらになっていて、共同体としての機能や相互扶助が低下している状態」を意味しているのです。

  • 「過疎」の語源や漢字
  • 「過疎」の読み方

「過疎」の語源や漢字

「過疎」の語源は、その漢字の意味・成り立ちから 「過」の成り立ちは、「立ち止まる足+十字路(行く)の象形」「肉を削り取って頭部を備えた人の骨+口の象形(えぐる)」の形声文字から、「越の連想・同義化」も合わさって「過ぎる・度を超す」を意味するようになりました。

「疎」の漢字の語源的な意味は、「粗い・まばら・少ない・うとい・親しくない」などになります。

「過+疎=過疎」で、「過剰に人・物がまばらなこと、極端に少な過ぎること」を意味することになったのです。

「過疎」の読み方

「過疎」の読み方は、「かそ」になります。



「過疎」の表現の使い方

「過疎」の表現の使い方は、「人・物が極度にまばらな状態」「ある地域の人口が他に流出したり出生数が減ったりして少なくなり過ぎている状態」を指して使うという使い方になります。

「過疎」というのは、「極端にある地域の人口密度が低下していて、共同体としての相互扶助や社会インフラを維持しづらくなっている場合」に使われる表現なのです。

「過疎」を使った言葉と意味を解釈

「過疎」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「過疎化」
  • 「過疎の村」
  • 「過疎対策法(過疎法)」

「過疎化」

「過疎化」という表現は、「ある地域(共同体)の人口・人口密度が減少して、共同体としての機能や社会インフラを維持しづらくなっている状態」を意味しています。

例えば、「この地域は産業衰退による過疎化によって、人口が最盛期の三分の一にまで減っています」といった文章で、「過疎化」の言葉を使うことができます。

「過疎の村」

「過疎の村」という言葉は、「都市部への人口流出・出生数の減少(出生可能な若年層の減少)によって人口・人口密度が減っている村」を意味しています。

「過疎の村の過疎化」が進行すると、村落共同体そのものの存続が困難になる「限界集落」になっていきます。

例えば、「過疎の村にも守るべき自然や文化が多くあり、今後どのようにして村・地域を維持していくかが課題になります」といった文章で、「過疎の村」の表現を使えます。

「過疎対策法(過疎法)」

「過疎対策法(過疎法)」という表現は、地方から都市への大規模な人口流出が発生した昭和30年代の高度成長期に、農漁村で発生した過疎問題に対策するために立法された法律のことです。

その後、「過疎法」は何度も改正を重ねており、平成12年(2000)には「過疎地域自立促進特別措置法」が制定されています。



「過疎」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「過疎」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「過疎」を使った例文1
  • 「過疎」を使った例文2

「過疎」を使った例文1

「昭和中期まではこの村にも大勢の子供たちがいましたが、その後の過疎化によって村で子供の姿を見かけることは滅多になくなりました」

この「過疎」を使った例文は、「昭和中期まではこの村にも大勢の子供たちがいましたが、その後の出生数低下と人口減少によって、村で子供の姿を見かけることは滅多になくなった」ということを意味しています。

「過疎」を使った例文2

「地方・農村部の過疎化と東京都心の過密化の格差拡大は、日本の均衡ある国土の開発や国防の態勢維持の妨げになっています」

この「過疎」を使った例文は、「地方・農村部の人口流出・人口減少(出生数減少)と東京都心の人口流入・人口増大の格差拡大は、日本の均衡ある国土の開発や国防の態勢維持の妨げになっている」ということを意味しています。

「過疎」の反対語

「過疎」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「過密」

「過密」

「過疎」の反対語として、「過密」が上げられます。

「過密」という言葉は、「人・物などの密度が極度に高いこと」「都市部で人口密度が過度高くて、人が密集しすぎている状態」を意味しています。

「過疎」という表現は、「人・物が極度にまばらなこと」「ある地域の人口密度が極端に低い状態」を意味しています。

それらの意味の比較から、「過疎」と反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「過密」を指摘できるのです。

「過疎」の類語や類義語・言い換え

「過疎」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「人が少ない・まばら」
  • 「密度が低い・すかすか」
  • 「閑散とする・散らばる」

「人が少ない・まばら」

「過疎」の類語・言い換えとして、「人が少ない・まばら」があります。

「過疎」という表現は、「人口が少なくなること・人の数が極度に少ないこと」「人・物の密度が下がってまばらになること」を意味しています。

それらの意味から、「過疎」の表現は「人が少ない・まばら」という表現に言い換えることができるのです。

「密度が低い・すかすか」

「過疎」の類義語・言い換えとして、「密度が低い・すかすか」があります。

「過疎」という言葉は、「人口密度が低いこと・まばら」「密度が低いために、中身がすかすかな状態」を意味しています。

その意味合いから、「過疎」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「密度が低い・すかすか」が上げられます。

「閑散とする・散らばる」

「過疎」の類語・言い換えとして、「閑散とする(かんさんとする)・散らばる」があります。

「閑散とする」という表現は、「人がいなくて、ひっそりと静まり返っていること」を意味しています。

「過疎」という表現は、「人が極度に少なくて閑散とした状態」「人口密度が減って人が散らばっている状態」を意味しています。

その意味合いから、「過疎」の言葉は「閑散とする・散らばる」という表現で言い換えられるのです。

「過疎」の英語と解釈

「過疎」という言葉は、“depopulated”(過疎の・人口が減った)や“depopulation”(過疎・過疎化)、“underpopulated”(過疎の・人口減少の)といった英語で表現することができます。

  • “Depopulation of rural areas is a serious problem common to developed countries.”

“Depopulation of rural areas is a serious problem common to developed countries.”

「過疎」の言葉を使ったこの英語の例文は、「地方の過疎化は、先進国共通の深刻な問題です」ということを意味しています。

icon まとめ

「過疎」という言葉について徹底的に解説しましたが、「過疎」には「人・物が極度にまばらなこと」などの意味があります。

「過疎」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「人が少ない・まばら」「密度が低い・すかすか」「閑散とする・散らばる」などがあります。

「過疎」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。