意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「次世代を担う」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「次世代を担う」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は色々なシチュエーションで耳にすることがありますが、ここで改めてその意味や活用の仕方を説明していくことにします。

次世代を担う

Meaning-Book
「次世代を担う」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「次世代を担う」とは?
  • 「次世代を担う」の「担う」とは?
  • 「次世代を担う」の表現の使い方
  • 「次世代を担う」を使った例文と意味を解釈
  • 「次世代を担う」の類語や類義語・言い換え

「次世代を担う」とは?

「次世代を担う」とは、「次の世代で中心となって活躍すること」「音頭を取ること」という意味がある言葉です。

これからの次の時代を担う人を「次代を担い手」と表現することもあります。

  • 「次世代を担う」の読み方

「次世代を担う」の読み方

「次世代を担う」「じせだいをになう」と読みますが、決して難しい読み方ではないので、頭を悩ますこともないでしょう。

「次世代を担う」の「担う」とは?

「次世代を担う」「担う」という言葉は、物を肩に載せて支え持つこと」や「担ぐ(かつぐ)」という意味がありますが、ここでの解釈は、「自分の責任として引き受ける」、あるい「負担する」という理解になります。

「次世代を担う」の表現の使い方

「次世代を担う」とは、「将来を背負って活躍する」という意味がありますので、期待される若者のことを指したり、新たな製品や技術などが、将来、世の中の貢献につながるような場合に使われます。

「次世代を担う」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「次世代を担う」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「次世代を担う」を使った例文1
  • 「次世代を担う」を使った例文2

「次世代を担う」を使った例文1

「次世代を担う人材の育成は我が社においても喫緊の課題だ。今から研修プログラムの充実を図る必要があります」

今、企業においては、若手の人材が慢性的に不足しています。

このままでは将来的に企業の存続も危うくなってくるので、若手と登用・育成が最重要課題となります。

「次世代を担う」を使った例文2

「オリンピックでも素晴らしい成績を残した日本も、次世代を担う若手の育成が大きな課題だ」

「次世代を担う」という言葉は、必ずしも企業だけで使われるものではありません。

オリンピックなどのスポーツの世界でも、将来活躍する選手の育成で用いられることがあります。

「次世代を担う」の類語や類義語・言い換え

「次世代を担う」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「新たな段階を担う」
  • 「新ステージを担う」

「新たな段階を担う」

「新たな段階を担う」という表現も「次世代を担う」と同じ解釈ができる表現として使うことができます。

「新たな段階」とは、「成長や進化の結果、次の段階に移行すること」です。

この段階に進むには、その世界で貢献できる人材や技術などが求められることになります。

「新ステージを担う」

「新ステージを担う」「次世代を担う」に近い意味を持つ言葉として、類義語の部類に含まれます。

「新ステージ」「新たな段階」と同じ意味で理解することができますが、最近ではカタカナ語がよく使われていることからしても、時々、耳にすることがあるフレーズかもしれません。

若い人にとっては、こちらの表現の方がしっくり来ることでしょう。

これからのステージでは、どのようなことがあるのか、とても楽しみです。

icon まとめ

「次世代を担う」という意味が言葉の意味や活用シーンを紹介してきましたが、ある程度は理解して頂けたかと思います。

私達の生活やビジネスも時の流れと共に常に変化、進化していきます。

そして、その先にはどのような時代が待ち受けているのか、予想することは中々難しいことではありますが、少なくとも「次世代を担う」若い人達や技術、製品、サービスを今のうちから育てておくことが大切です。

それなくしては、10年後、20年後の明るい未来を語ることはできないでしょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。