意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「次世代」とは?意味や使い方!例文や解釈

「次世代」とは、「次の世代」「現在の大人の世代ではない子・孫の世代」を意味する言葉です。

「次世代」「意味・読み方・分解して解釈・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・次世代を使った言葉・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

次世代

Meaning-Book
「次世代」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「次世代」とは?
  • 「次世代」の表現の使い方
  • 「次世代」の類語や類似表現や言い換え
  • 「次世代」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「次世代」を使った表現・意味の解釈
  • 「次世代」の英語と解釈

「次世代」とは?

「次世代」という言葉は、「現世代の次の世代」「現在の大人世代ではない子・孫の世代」を意味しています。

更に「次世代」には、「次の時代・近未来」「技術・製品の機能・都市などが格段に進歩した近未来の段階」といった意味合いもあります。

例えば、「次世代では、現世代とは全く異なる価値観・判断基準で動く人たちが増えるでしょう」といった文章において、「次世代」の意味を分かりやすく伝えることができます。

  • 「次世代」の読み方
  • 「次世代」を分解して解釈

「次世代」の読み方

「次世代」の読み方は、「じせだい」になります。

「次世代」を分解して解釈

「次世代」という言葉を「次(つぎ)」「世代(せだい)」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。

「次」というのは、「その後にすぐ続くこと」「あるものに続く一段低いと見なされる地位」を意味しています。

「世代」という言葉の意味は、「親から子・孫へと引き継がれるそれぞれの代」になります。

「次+世代=次世代」で、「現世代の後に続く新しい世代」「次の子・孫の世代」を意味しているのです。

「次世代」の表現の使い方

「次世代」の表現の使い方は、「現世代の次に来る子・孫の世代」「現代の次に来る新時代・近未来」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「大人はできるだけ次世代の子供たちの負担にならないようにしなければならない」「次世代の科学技術がどこまで進歩することになるのか楽しみです」といった文章において、「次世代」の表現を適切に使用することができます。

「次世代」の類語や類似表現や言い換え

「次世代」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「新世代・子の世代」
  • 「近未来・来るべき社会」
  • 「ネクストジェネレーション・ニューエイジ」

「新世代・子の世代」

「次世代」の類語・言い換えとして、「新世代・子の世代」があります。

「次世代」という言葉は、「新しい次の世代(世代交代して来る次の世代)」「新しい次の子供たちの世代」を意味しています。

それらの意味合いから、「次世代」と近しい似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「新世代・子の世代」を上げることができるのです。

「近未来・来るべき社会」

「次世代」の類似表現・言い換えとして、「近未来・来るべき社会」があります。

「次世代」という表現は、「次の時代・近未来社会」「世代交代によってやがて来るべき社会」を意味しています。

それらの意味合いから、「次世代」と良く似た意味を持つ類似表現として、「近未来・来るべき社会」を指摘することができるのです。

「ネクストジェネレーション・ニューエイジ」

「次世代」の類語・言い換えとして、「ネクストジェネレーション・ニューエイジ」があります。

「次世代」という表現は、「ネクストジェネレーション」と呼んでも一般的に意味が通じます。

「ニューエイジ」というのは「新しい世代」を意味する言葉で、思想哲学の分野では「目に見えないスピリチュアルな存在や自我を超越した価値を信じる新時代の思想潮流」を意味することもあります。

「次世代」の表現は、ほとんど同じ意味合いを持つ「ネクストジェネレーション・ニューエイジ」といった英語的な表現で言い換えられるケースがあるのです。

「次世代」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「次世代」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「次世代」を使った例文1
  • 「次世代」を使った例文2

「次世代」を使った例文1

「社会保障と増税、安全保障、少子化対策など、次世代の子供たちが抱えることになる問題が山積しています」

この「次世代」を使った例文は、「社会保障と増税、安全保障、少子化対策など、現世代(現在の大人世代)の次の世代を担う子供たちが抱えることになる問題が山積している」ということを意味しています。

「次世代」を使った例文2

「次世代のエースと見られる有力なピッチャーが、今日行われたドラフトで一位指名されました」

この「次世代」を使った例文は、「次の世代(新しい世代)のエースと見られる有力なピッチャーが、今日行われたドラフトで一位指名された」ということを意味しています。

「次世代」を使った表現・意味の解釈

「次世代」を使った表現を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「次世代エース」
  • 「次世代住宅ポイント制度」

「次世代エース」

「次世代エース」という表現は、「あるスポーツ競技やグループにおいて、次の世代のエース(代表的な選手)になる可能性が高い人物」を意味しています。

「次世代エース」というのは、「現時点では突出したエースにはなりきれていないが、近い将来に優れたエースになる可能性が高い人物・事物」を意味する表現なのです。

「次世代エース」の表現は、人間以外でも特別な人気が出そうな商品・製品・物事について使うこともできます。

「次世代住宅ポイント制度」

「次世代住宅ポイント制度」という表現は、「政府が増税時に住宅の新築・リフォームにもかかる消費税10%の軽減対策として導入したポイント制度」を意味しています。

消費税率10%が適用される住宅の新築・リフォームをした場合、「一定の省エネ性・耐震性・バリアフリー性能等を満たす住宅」「家事負担の軽減に貢献する住宅」であれば、様々な商品(家電・インテリア・地場産品など)と交換できるポイントが発行されるという制度なのです。

「次世代」の英語と解釈

次世代 meaning in english

「次世代」という言葉を英語で表現すると、“next generation”(次世代・次の世代)や“future generation”(未来の世代・次の世代)になります。

  • “I'm looking forward to the next generation of innovative technology.”

“I'm looking forward to the next generation of innovative technology.”

「次世代」を使ったこの英語の例文は、「私は次世代の革新的な技術に期待しています」ということを意味しています。

icon まとめ

「次世代」という言葉について徹底的に解説しましたが、「次世代」には「次の世代」「現在の大人の世代ではない子・孫の世代」などの意味があります。

「次世代」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「新世代・子の世代」「近未来・来るべき社会」「ネクストジェネレーション・ニューエイジ」などがあります。

「次世代」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。