意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一瞬たりとも」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「一瞬たりとも」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一瞬たりとも」という言葉を使った例文や、「一瞬たりとも」の類語を紹介して行きます。

一瞬たりとも

Meaning-Book
「一瞬たりとも」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「一瞬たりとも」とは?
  • 「一瞬たりとも」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「一瞬たりとも」を使った例文や短文など

「一瞬たりとも」とは?

みなさんは「一瞬たりとも」という言葉を知っているでしょうか。

「一瞬たりとも、目が離せない」と、小さな子供を見ながら思った経験があるかもしれません。

一方で、「一瞬たりとも」という言葉をまるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「一瞬たりとも」という言葉の意味を紹介します。

  • 「一瞬たりとも」の読み方
  • 「一瞬たりとも」の意味

「一瞬たりとも」の読み方

「一瞬たりとも」「いっしゅんたりとも」と読みます。

「一瞬」「いっしゅん」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「一瞬たりとも」の意味

「一瞬たりとも」の意味を紹介します。

「一瞬たりとも」には、「たとえ一瞬であっても」という意味があります。

また「ほんのわずかな時間でも」という意味があります。

小さな子供は、自由に動き回り、危険な目に遭うケースもあります。

そのため「一瞬たりとも、目が離せない」という時、「ほんのわずかな時間でも、目を離せない」となります。

このように「一瞬たりとも」には、「たとえ一瞬であっても」「ほんのわずかな時間でも」という意味があります。

「一瞬たりとも」の類語や類似表現や似た言葉

次に「一瞬たりとも」の類語や類似表現を紹介します。

「一瞬たりとも」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「少しも」
  • 「何にも」

「少しも」

「少しも」には「全然」「まったく」という意味があります。

「少しも寒くない」という時は、「まったく寒くない」という意味になります。

また「少しも悔しくない」「少しも寂しくない」などという使い方をします。

「何にも」

「何にも」には「何事も」という意味があります。

「何にも、やる気が起きない」という場合は、「何事もやる気が起きない」という意味があり、家事も仕事もやる気にならず、遊ぶ気すらしないという意味になります。

また「何にも考えていない」という時は、ちょっとしたアイデアや、考えすら頭の中に浮かんでいないということになります。

「一瞬たりとも」を使った例文や短文など

続いて「一瞬たりとも」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一瞬たりとも」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「一瞬たりとも」を使った例文1
  • 「一瞬たりとも」を使った例文2

「一瞬たりとも」を使った例文1

「強豪と戦う時は、『一瞬たりとも』気が抜けない」

この例文のように、とても強い相手とスポーツの試合をする時は、「一瞬たりとも気が抜けない」と思うでしょう。

例えば格闘技の場合、ほんの一瞬、油断したタイミングで、破壊力抜群のパンチが飛んできて、ノックアウトされてしまうかもしれません。

ずっと相手に集中し、気を抜かないことが、勝利のために重要なポイントになるでしょう。

「一瞬たりとも」を使った例文2

「大好きなアーティストのライブは、『一瞬たりとも』見逃せない」

この例文のように、応援しているアーティストがいる人は、ライブを楽しみにしているでしょう。

一瞬ごとが夢のように素敵な時間で、貴重な時間になります。

アーティストの素敵な場面、笑顔などを見逃さないよう、わずかな時間であっても、よそを見たり、他のことを考えてしまわないよう、気合を入れるのではないでしょうか。

icon まとめ

「一瞬たりとも」という言葉について見てきました。

わずかな時間でも見逃せない、たとえ一瞬であっても、油断できないと思った時などは、「一瞬たりとも」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。