意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「主体性がない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「主体性がない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「主体性がない」という言葉を使った例文や、「主体性がない人」の特徴を紹介して行きます。

主体性がない

Meaning-Book
「主体性がない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「主体性がない」とは?
  • 「主体性がない人」の特徴
  • 「主体性がない」を使った例文や短文など


「主体性がない」とは?

みなさんは「主体性がない」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの中には、「主体性がない」ことを悩んでいる人もいるかもしれません。

一方で、「主体性がない」という言葉を、今回初めて目にした人もいるでしょう。

そこで「主体性がない」という言葉の意味を紹介します。

  • 「主体性がない」の読み方
  • 「主体性がない」の意味

「主体性がない」の読み方

「主体性がない」「しゅたいせいがない」と読みます。

「主体性」「しゅたいせい」と読みます。

これを機会に「主体性がない」「しゅたいせいがない」と読みましょう。

「主体性がない」の意味

「主体性がない」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「主体性」には、「自分の意志で考えて、判断したり、行動すること」という意味があります。

何もない状況でも、自分で考えて判断し、何かを始められる人は、「主体性がある」人かもしれません。

一方で、自分の意志で考えたり、判断したり、行動できないことを、「主体性がない」と言います。



「主体性がない人」の特徴

「主体性がない人」には、共通する特徴があります。

もしかしたら、「主体性がない」かもしれないと感じている人は、紹介する特徴が、自分に該当するかどうか見てみましょう。

  • 「マイナス思考」
  • 「受け身癖がついている」
  • 「責任を取りたくない」

「マイナス思考」

何事も悪く考えてしまう人、良い面を見ずに悪い面ばかり見てしまう人の心の状態を、「マイナス思考」と言います。

マイナス思考の持ち主は、自分の判断よりも、他人の判断の方が素晴らしく見えるため、判断や考えることをやめてしまった結果、「主体性がない人」になったのかもしれません。

「受け身癖がついている」

子供の頃から、親の指示通りにしてきた人は、自分で考えて行動したり、自分で決断したりする習慣がありません。

「受け身癖がついている」ため、「主体性」を発揮できません。

「責任を取りたくない」

「責任を取りたくない」ため、自分で考えたり決断しない人がいます。

例えば、自分が提案した仕事でないなら、責任を取らずに済み、文句を言っても許されると考えています。

このような人は、「主体性」を発揮することを放棄している人で、その割に文句ばかり言うため、面倒なタイプの人と見做されます。

「主体性がない」を使った例文や短文など

最後に「主体性がない」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「主体性がない」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「主体性がない」を使った例文1
  • 「主体性がない」を使った例文2

「主体性がない」を使った例文1

「『主体性がない』ため、一人ではランチを決められない」

この例文のように、自分で考えたり、決めたりする習慣がない人は、ランチですら一人では決められないことがあります。

パートナーや同僚、友達に決めてもらい、ついて行く習慣がつくと、自分が何を食べたいかすら分からなくなるかもしれません。

「主体性がない」を使った例文2

「人に決めてもらった方が楽なので、『主体性がない』と言われても構わない」

この例文のように、開き直っている人もいるかもしれません。

特に子供の頃から、親の敷いたレールを走ってきた人は、今更自分で考えたり、決断するのが面倒だと思うかもしれません。

しかし、「主体性がない」人生は、自分の人生とは呼べないかもしれません。



icon まとめ

「主体性がない」という言葉について見てきました。

何も決められない人、自発的に行動できないタイプの人を見た時は、「主体性がない」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。