意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「脈ありサイン」とは?意味や類語!表現の使い方

「脈ありサイン」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「脈ありサイン」という言葉の理解を深めていきましょう。

脈ありサイン

Meaning-Book
「脈ありサイン」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「脈ありサイン」とは?意味
  • 「脈ありサイン」の表現の使い方
  • 「脈ありサイン」の具体例・一般的に言われている事例
  • 「脈ありサイン」を使った例文と意味を解釈
  • 「脈ありサイン」の類語や言い換え


「脈ありサイン」とは?意味

「脈ありサイン」とは、主に恋愛において、今後の発展が期待できること、また見込みがあるかどうか、そのようなことが判断できる言動のことを言います。



「脈ありサイン」の表現の使い方

「脈ありサイン」という言葉は恋愛に関する話題でよく使う、出てくる言葉です。

例えば「相手の目をじっと見つめる」「目をそらさない」このような特徴が見られたら、それは「脈ありサイン」ですといったように使います。

また「片思いの相手に脈ありサインをさりげなく出している」「脈ありサインなのかどうかよくわからない」といったように使ったりもします。

「脈あり」の意味としては見込みがあるかどうか、発展が期待できるかということですから、両思いの恋人同士に使う言葉ではなく、片思い、これからアプローチをするといった人が主に使う言葉となります。

「脈ありサイン」の具体例・一般的に言われている事例

「脈ありサイン」という言葉がどのように使われているか、いくつかの例をあげてみましたので見ていきましょう。

  • 「目がキラキラ、潤んでいるのはわかりやすい脈ありサイン」
  • 「距離感が近いのは脈ありサイン」
  • 「容姿を褒めるのは脈ありサインだが異性慣れしている人の場合は当てはまらないこともある」

「目がキラキラ、潤んでいるのはわかりやすい脈ありサイン」

一般的に好きな異性の前では男女ともに目がキラキラ、潤んだりするとされています。

実はこれは意識してではなく無意識にそうなるので、気持ちを隠そうとしても隠せなかったりするのです。

「相手の目を見たら気持ちがわかった」という人が多いのも納得です。

「距離感が近いのは脈ありサイン」

これは男性に多いタイプの脈ありサインなのですが、やたら距離が近いという特徴があります。

気になる女性の後ろにいつの間にか立っているということがあります。

とはいえ、気軽に触ったりすることはそれほどありません。

むしろ触らないという人も多いのです。

これは近づきたいけれど、馴れ馴れしくして嫌われたくないという気持ちの表れです。

なぜか距離が近い、気がつけば側にいることが多いというのは脈ありサインの可能性が期待できます。

「容姿を褒めるのは脈ありサインだが異性慣れしている人の場合は当てはまらないこともある」

発言における脈ありサインですが、相手の容姿を褒めるというものがあります。

「かっこいい」「かわいい」「きれい」「スタイルがいい」「ファッションセンスが素敵」といった言葉です。

ですが、異性に慣れている人は気軽にこのようなセリフが言えたりもしますので、相手の性格を見てから判断する必要もあります。

控えめな人、異性にあまり慣れていない人ならばかなり勇気を出して発言していると思われますので「脈ありサイン」だと受け取っていいのではないでしょうか。



「脈ありサイン」を使った例文と意味を解釈

それでは「脈ありサイン」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「脈ありサイン」を使った例文1
  • 「脈ありサイン」を使った例文2

「脈ありサイン」を使った例文1

「脈ありサインだと思うけど、うぬぼれかもしれないと不安にもなる」

「脈ありサイン」であるとわかっていても、もしかしたら違うかもしれないと思って不安になり、なかなか関係性が発展しない人もいます。

このような場合はさらに「脈ありサイン」を強調、もしくは告白をするか、「脈ありサイン」を出されている側が不安でも告白するかなど、どちらかが一歩踏み出さないとならないでしょう。

「脈ありサイン」を使った例文2

「脈ありサイン確実だね、早く告白したらどう?」

「脈ありサイン」を出してくる側というのは、相手に気持ちを気づいてもらいたい、告白させたい、もしくは告白しやすい空気を作ってもらいたいといった狙いのようなものがあるのです。

わかりやすい「脈ありサイン」ならば「早く告白して欲しいな」ということとほぼ同じでしょう。

「脈ありサイン」の類語や言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「見込みがある」
  • 「期待できる」
  • 「前向きな感触を得る」

「見込みがある」

「見込み」とは将来について期待できる予想、可能性、期待といった意味になります。

「見込みがある」とは自分が思った通りになる可能性が高い時に使う言葉です。

「彼はプロになれる見込みがある」「彼女とデートできる見込みがある」などと使います。

「期待できる」

「期待できる」とは良い結果、状態が予想できるという意味になります。

恋愛に限らず「期待できる」はよく使われる言葉です。

「いい成績が期待できる」「今後の関係性に期待できる」という風に使います。

「前向きな感触を得る」

「脈ありサイン」という言葉の言い換えとしては「前向きな感触を得る」という言葉を当てることができます。

「脈ありサイン」とは主に恋愛に対して使われる言葉です。

今後、つき合えるかどうか、両想いかどうかといった見極めをする必要があり、相手の言動から探るのです。

「脈ありサイン」=「前向きな感触を得る」ということになります。

「彼女の様子からつき合ってもいいという前向きな感触を得る」というように使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「脈ありサイン」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

好きな人、気になる人がいる人は、相手の言動に一喜一憂することも多いのではないでしょうか。

自分に対しての「脈ありサイン」なのか、または「脈なしサイン」なのか気になって、スマホで色々検索してしまうことは誰にでも一度や二度は経験があることだと思います。

相手の日頃の言動から「脈ありサイン」を見極めることが得意な人は恋愛上手な傾向にあります。

それでは「脈ありサイン」の意味を正しく理解して使ってください。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。