意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「終盤に差し掛かる」とは?意味や類語!

皆さんは「終盤に差し掛かる」という言葉を耳にしたことはあるかと思いますが、その多くの人は、何となく聞き流していることがあるかもしれません。

そんなに難しい意味ではないように思えるかもしれませが、その意味を理解してみると、意外に深い解釈ができる言葉の1つでしょう。

終盤に差し掛かる

Meaning-Book
「終盤に差し掛かる」とは?意味や類語!>


目次

  • 「終盤に差し掛かる」とは?意味
  • 「終盤に差し掛かる」の表現の使い方
  • 「終盤に差し掛かる」の英語と解釈
  • 「終盤に差し掛かる」を使った例文と意味を解釈
  • 「終盤に差し掛かる」の類語や言い換え


「終盤に差し掛かる」とは?意味

「終盤に差し掛かる」とは「物事が終わりに近くなること」という意味があります。

「終盤」とは、「長期間行われて続いてきた物事が次第に終わりに近づきつつある時期」のことで、「その段階への入口まで来ている」という解釈もできます。

  • 「終盤に差し掛かる」の読み方

「終盤に差し掛かる」の読み方

「終盤に差し掛かる」「しゅうばんにさしかかる」という読み方をしますが、そんなに難しい読み方ではないので、読み方で困ることはあまりないでしょう。



「終盤に差し掛かる」の表現の使い方

「終盤に差し掛かる」が使われる場面としては、何かの取り組みをしており、ラストの段階まで来ている時や、仕上げの段階になる時があります。

この言葉は、激しいデッドヒートを繰り返しているレースのようなイメージが強いのですが、このような場面で使われるケースが多いでしょう。

「終盤に差し掛かる」の英語と解釈

終盤に差し掛かる meaning in english

「終盤に差し掛かる」を英語で表現すると、“reach the final stage”という言葉で訳すことができます。



「終盤に差し掛かる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「終盤に差し掛かる」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「終盤に差し掛かる」を使った例文1
  • 「終盤に差し掛かる」を使った例文2

「終盤に差し掛かる」を使った例文1

「序盤ではストレートなコースが続いていたが、終盤に差し掛かると複雑なコースの連続となり、ドライバーのテクニックと経験が重要になってくる」

この例文は何かのレース展開のことを言っているのでしょうが、スタートしてからしばらくは、ストレートなコースだったのかま、後半から終盤にかけて複雑なコースとなり、後はドライバーの腕に掛かっていることになるようです。

「終盤に差し掛かる」を使った例文2

「夏休みも終盤に差し掛かっているというのに、子供はまだ宿題が終わっていない」

この例文を見ていく見て照れ臭くなる親御さんもいることでしょう。

夏休みの終盤ともなると、学校の宿題を全くやっておらす、バタバタとすることがあるのが、定番だったりします。

「終盤に差し掛かる」の類語や言い換え

「終盤に差し掛かる」を似ている言葉で言い換えると、次のような類義語が出てきます。

  • 「終結に向かう」
  • 「終わりに向かう」
  • 「ラストコーナーに入る」

「終結に向かう」

「終結に向かう」とは、「物事が終わりの方向な決着する方向に向かっていること」という意味があります。

よく耳にするのが、「戦争が終結に向かう」といったような表現ですね。

「終わりに向かう」

「終わり向かう」「終盤に差し掛かる」の類義語として挙げることができますが、「ある物事が今まさに終わろうとしている」という意味で使われます。

「ラストコーナーに入る」

「ラストコーナーに入る」も似たような意味があります。

「最終コーナーに突入する」という意味で、レースの場面で出てくる言葉で、仕事の中でも、「最終段階に入る」という意味で使われています。

icon まとめ

「終結に差し掛かる」という表現は、「それまで取り組んできたことがやっと終結を見ることができる段階まで来た」という解釈ができる言葉かもしれません。

人生においても、プライベートな生活の中でも、必ず「終盤」というものは存在しています。

それに向かって多くの人達が、必死に頑張っている姿はとても感動的です。

できるなら、「終盤に差し掛かる」後のラストスパートも全力で取り組むことで、いい仕事ができるはずです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。