意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「甘んじて受ける」とは?意味や使い方!例文や解釈

「甘んじて受ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「甘んじて受ける」という言葉を使った例文や、「甘んじて受ける」の類語を紹介して行きます。

甘んじて受ける

Meaning-Book
「甘んじて受ける」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「甘んじて受ける」とは?
  • 「甘んじて受ける」を使った言葉と解釈
  • 「甘んじて受ける」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「甘んじて受ける」を使った例文や短文など


「甘んじて受ける」とは?

みなさんは「甘んじて受ける」という言葉を知っているでしょうか。

誰かからの批判を「甘んじて受けた」経験がある人もいるかもしれません。

一方で、「甘んじて受ける」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「甘んじて受ける」という言葉の意味を紹介します。

  • 「甘んじて受ける」の読み方
  • 「甘んじる」の意味
  • 「甘んじて受ける」

「甘んじて受ける」の読み方

「甘んじて受ける」「あまんじてうける」と読みます。

「甘んじて」「あまんじて」「受ける」「うける」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「甘んじて受ける」「あまんじてうける」と読みましょう。

「甘んじる」の意味

「甘んじて受ける」「甘んじる」の意味を紹介します。

「甘んじる」には「与えられたものが不十分であっても、それを受け入れる」という意味があります。

例えば、「薄給に甘んじる」という言葉には、「給料が安くて、生活するのに十分ではないが、それを受け入れる」という意味があります。

「甘んじて受ける」

それでは「甘んじて受ける」には、どのような意味があるでしょうか。

「甘んじて受ける」には、「十分とはいえない境遇や対応を受け入れること」という意味があります。

また「甘んじて受ける」には、「仕方がないため、不満はあるが受け入れる」という意味もあります。

最近は、どちらかといえば「仕方がないため、不満はあるが受け入れる」という意味で使うことが多いようです。

例えば「批判を甘んじて受け入れる」には、「批判に対して、文句や不満はあるが、仕方がないため受け入れる」という意味があります。

このように「甘んじて受ける」には「十分とは言えない境遇や対応を受け入れる」「仕方がないため不満はあるが受け入れる」という意味があります。



「甘んじて受ける」を使った言葉と解釈

続いて「甘んじて受ける」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「甘んじて受ける」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「運命を甘んじて受ける」
  • 「甘んじて支配を受ける」
  • 「無礼を甘んじて受けることはできない」

「運命を甘んじて受ける」

「運命を甘んじて受ける」という言葉があります。

「甘んじて受ける」には、十分ではない環境や境遇を受け入れるという意味があるため、「運命を甘んじて受ける」には、「十分とは言えない運命を、受け入れる」という意味になります。

おそらく辛いことが続くような、過酷な運命をたどっている人物が、このような言葉を口にするのでしょう。

辛すぎる運命を嘆くのではなく、これも自分に与えられた運命だと、受け入れている様子が見てとれます。

「甘んじて支配を受ける」

「甘んじて支配を受ける」という言葉があります。

例えば、古代の世界は、強い国が周辺の国を征服するのが当たり前でした。

そのため、戦いに敗れてしまった国々の人たちは、強い国の支配を受け入れざるを得ませんでした。

受け入れない場合は、殺されてしまうかもしれないためです。

支配を受けるか、死ぬかの二択で、「甘んじて支配を受ける」と決めるのは不思議なことではないでしょう。

「無礼を甘んじて受けることはできない」

「無礼を甘んじて受けることはできない」には、「相手の無礼な態度や扱いを、許せず、受け入れられない」という意味があります。

例えば仕事相手が大きな企業で、無礼な態度で接してきた時、その無礼さを受け入れて、仕事を続ける選択肢もあるでしょう。

しかし、その企業相手に仕事をしなくても、会社が成り立つ場合は、無礼を受け入れないという選択肢もあります。

そして「無礼を甘んじて受けることはできない」と、態度を表明しても不思議ではありません。

「甘んじて受ける」の類語や類似表現や似た言葉

「甘んじて受ける」の類語や類似表現を紹介します。

「甘んじて受ける」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「甘受する」
  • 「容認する」

「甘受する」

「甘受する」には「やむを得ないものとして、甘んじて受け入れる」という意味があります。

例えば、「苦言を甘受する」という言葉には、相手が苦言を呈すのも仕方ないと思い、不本意であるが受け入れるという意味があります。

「容認する」

「容認する」には、本来は認められないようなことを、認めるという意味があります。

例えば、部下が遅刻してきた時、本来なら激怒するところを、まあいいかと矛を収める時に、「部下の遅刻を容認する」という文章にできます。



「甘んじて受ける」を使った例文や短文など

「甘んじて受ける」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「甘んじて受ける」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「甘んじて受ける」を使った例文1
  • 「甘んじて受ける」を使った例文2

「甘んじて受ける」を使った例文1

「上司からの説教を『甘んじて受ける』」

この例文は、上司から説教されることに対して、本当は嫌だと思っていて逃げ出したいと思っていますが、仕方ないので説教されるままにしておくという意味があります。

このように「甘んじて受ける」には、ややキレ気味、不満が表に出ている感じがあります。

そのため、上司が不満そうな態度に気が付き、「説教されるのが不満か?」などと聞いた時に、「甘んじて受けます」などと言うと、「不満だけれど我慢して説教を受ける」という意思表示になり、より上司に怒られるかもしれません。

「批判を甘んじて受ける」もそうですが、やや逆切れ気味の言葉のため、使い方に注意しましょう。

「甘んじて受ける」を使った例文2

「一人ぼっちの寂しい生活を『甘んじて受ける』」

この例文に登場する人は、一人ぼっちの寂しい生活は、本来送るべきではないと思いつつ、受け入れています。

実際は、一人の暮らしが嫌いでないのでしょう。

このように、一般的に不満を持ちそうな生活が、合っているという人もいて、改善しようと躍起になるより、「甘んじて受ける」方が楽な場合もあります。

icon まとめ

「甘んじて受ける」という言葉について見てきました。

仕方なく受け入れるしかないと思った時などに、「甘んじて受ける」という言葉を使ってみましょう。