意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「水増しインフルエンサー」とは?意味!概要

SNSなどのネット上で影響力のある人のことを、いつしか「インフルエンサー」と呼ぶようになりましたが、そのように見える人全てがそうだとは限りません。

水増しインフルエンサー

Meaning-Book
「水増しインフルエンサー」とは?意味!概要>


目次

  • 「水増しインフルエンサー」とは?
  • 「水増しインフルエンサー」の概要
  • 「水増しインフルエンサー」を分解して解釈
  • 知らずに水増しに利用されていることも?


「水増しインフルエンサー」とは?

「水増しインフルエンサー」とは、SNSにおいて、フォローしてくれている人の数を水増ししている人のことです。

SNSでは、このフォロワー数が多い人ほど「インフルエンサー」に近いと考えることができます。

それは、その人の発言を直接見る人の数そのものだからです。

水増しの方法としては、自分自身や人に頼んでいくつも同SNS上で別アカウントを作り、それらにフォローしてもらうという手だけでなく、そのようなことが依頼できる業者さえ存在しています。

前者の場合はフォロワーを確認した時に、何の発言もしていないようなアカウントばかりで、すぐに分かってしまうことも多いですが、後者は簡単には見抜けないので厄介な存在です。



「水増しインフルエンサー」の概要

業者を使ってまで「水増しインフルエンサー」になりたい理由は、単に自分が有名になりたい(なった気分になりたい)というだけのこともありますが、そのほとんどは「インフルエンサー商法」の為だと考えていいでしょう。

この「インフルエンサー商法」とは、ネット上で影響力のあると思われる人にサービスや商品などを紹介してもらうという企業側が仕掛ける広告手段です。

もちろんお金が絡む話で、とても有名な人に1つ商品やサービスを紹介してもらうと、それだけで100万円以上の謝礼が支払われることもあるほどです。

フォロワー数を増やすことで、そのうちそのような依頼があると期待し、水増しする行為が行われているという訳です。

しかし、近年では水増しされていると判別できるツールなどが登場しており、下手な水増し行為はそのうちバレてしまうものです。

「水増しインフルエンサー」を分解して解釈

「水増しインフルエンサー」を2つに分解して解釈していきます。

特に「水増し」は、色々な所で使う言葉なので、この機会に詳しく知っておきましょう。

  • 「水増し」
  • 「インフルエンサー」

「水増し」

この言葉は、水を混ぜることで、本来より多く見せ掛けるという行為からきています。

本来より量や数を多く見せ掛けるという意味で、「入場者数の水増しがあった」などといった形で使われます。

フォロワー数の水増しは、本当にその人をフォローしたいと思ってしている人だけでなく、色々な手段によってその数が(言わば、不正に)増やされていることの表現です。

「インフルエンサー」

「多くの人に影響力をもつ人」という解釈で使われるようになった表現です。

言葉そのものは昔からありましたが、よく聞くようになったのは最近で、ネット上でそう呼ばれるような人が増えてきたからだと推測されます。



知らずに水増しに利用されていることも?

この「水増しインフルエンサー」については、テレビ番組で特集があったほどで、知らないうちにそれに利用されていることもあると言われています。

その仕組みも実に巧みで、フォローした人の友人だと思ってフォローした先が、実は水増しの相手だったといったケースも多く報告されています。

それによる実質的な損害などはありませんが、友達繋がりとしてフォローしたつもりが、そのように利用されては気分のいいものではないでしょう。

icon まとめ

フォロワー数を水増ししてまで、インフルエンサーと見えるようになりたい理由は、それによって得られることになる企業からの収入の為に他なりません。

ですが、企業側もそのような水増しは見抜くことが多くなった為、最近では無駄に終わることがほとんどだと考えていいでしょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。