意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「戦慄が走る」の意味や使い方、例文や類語を紹介

「戦慄が走る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「戦慄が走る」を分解して解釈し、「戦慄が走る」を使った例文を紹介して行きます。

戦慄が走る

Meaning-Book
「戦慄が走る」の意味や使い方、例文や類語を紹介>


目次

  • 「戦慄が走る」とは?
  • 「戦慄」の類語や、言い換えられる言葉
  • 「戦慄が走る」を分解して解釈
  • 「戦慄が走る」を使った例文や短文など


「戦慄が走る」とは?

みなさんは「戦慄が走る」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

今回初めて「戦慄が走る」という言葉を知った人も多いかもしれません。

そこで「戦慄が走る」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「戦慄が走る」の読み方
  • 「戦慄が走る」の意味

「戦慄が走る」の読み方

「戦慄が走る」「せんりつがはしる」と読みます。

「戦慄」「せんりつ」と読みます。

難しい漢字が使われていますので、いきなり正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「戦慄が走る」「せんりつがはしる」と読むことを覚えておきましょう。

「戦慄が走る」の意味

「戦慄が走る」にはどのような意味があるでしょうか。

「戦慄が走る」には、「恐ろしさに震えおののく感覚が、体中に駆け巡る」という意味があります。

また「恐怖などに触れて、震えおののくこと」という意味があります。

たとえばホラー映画を見て、残酷なシーンを目にした時、「戦慄が走る」かもしれません。

体に電気が走るように、恐怖が全身に駆け巡る時に、「戦慄が走る」という言葉を使います。



「戦慄」の類語や、言い換えられる言葉

次に「戦慄」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「戦慄」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「身震い」
  • 「総毛立つ」
  • 「泡立つ」
  • 「悪寒」

「身震い」

「身震い」という言葉には「恐ろしさや寒さなどで体が震える」という意味があります。

ホラー映画などを見ていると、怪物やモンスターなどに追い詰められた登場人物が体を震わせているシーンを目にすることがあります。

このような状態を「身震い」と言います。

また寒い朝などに、体がカタカタと震えていることに気付くかもしれません。

このような身体的な動きも「身震い」と言います。

「総毛立つ」

「総毛立つ」という言葉があります。

「総毛立つ」には「ぞっとして身の毛がよだつ」という意味があります。

例えば蛇が嫌いな人なら、蛇が近くにいるだけで、ぞっとするかもしれません。

このような状態を「総毛立つ」と言います。

「泡立つ」

「泡立つ」という言葉も「戦慄」とよく似ている言葉です。

「泡立つ」には、「毛穴があわつぶのようにぶつぶつになる」という意味があります。

余りにも恐ろしいシーンに出くわすと、体が異常な反応を見せるようになるかもしれません。

そして「泡立つ」ような感覚を持つのかもしれません。

「悪寒」

「悪寒」「おかん」と読みます。

「悪寒」には「ぞくぞくと寒気がすること」という意味があります。

例えば熱が高くなると、ぞくぞくと寒気がします。

布団の中に入っても寒気が取れないような時、「悪寒」を感じているのかもしれません。

「戦慄が走る」を分解して解釈

次に「戦慄が走る」という言葉を分解して解釈して行きます。

「戦慄が走る」「戦慄」「走る」に分けられます。

それぞれの言葉には、どのような意味があるでしょうか。

  • 「戦慄」
  • 「走る」

「戦慄」

「戦慄」には、「恐ろしさに震えおののくこと」という意味があります。

「戦慄する」「戦慄が体を襲う」などという使い方をします。

「走る」

「走る」という言葉には、様々な意味があります。

例えば「足を素早く動かして移動する」という意味があります。

「短距離走を走る」「マラソンを走る」などという使い方をします。

また「乗り物が進む」時にも「走る」という言葉を使います。

「電車が走る」「車が走る」などという使い方をします。

さらに「ペンが走る」という場合は、「物事がすいすいと運ぶ」という意味があります。

そして「戦慄が走る」という場合の「走る」には、「感覚や感情などが一瞬現れて消える」という意味があります。



「戦慄が走る」を使った例文や短文など

最後に「戦慄が走る」を使った例文や短文を紹介します。

「戦慄が走る」の使い方のコツを、例文を通じて覚えましょう。

  • 「戦慄が走る」を使った例文1
  • 「戦慄が走る」を使った例文2

「戦慄が走る」を使った例文1

「ラスボスと対峙して『戦慄が走る』勇者」

この例文はRPG内における、勇者の心境を文章にしたものです。

ラスボスは、恐ろしい外見で、さらに恐ろしい魔法や技を使ってくるため、勇者やパーティの仲間に「戦慄が走る」ことがあります。

動けなくなってしまう仲間がいるほどです。

「戦慄が走る」を使った例文2

「戦争のフィルムを見て、『戦慄が走る』」

この例文のように、戦争の場面が記録されたフィルムや映像を見て、全身に「戦慄が走る」経験をした人がいるかもしれません。

とても恐ろしい光景が目の前に広がるため、恐ろしさにおののいてしまうのも無理はないでしょう。

icon まとめ

「戦慄が走る」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「戦慄が走る」ような体験は、日常生活を送っているとほとんど味わうことは、ありませんが、そのことを幸せに感じましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。