意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「細心の注意を払う」とは?使い方や例文!ビジネスメールでの使い方

「細心の注意を払う」の読み方や意味を紹介します。

また「細心の注意を払う」の使い方や類語を紹介します。

さらに「細心の注意を払う」を使った例文や短文を紹介し、「細心の注意を払う」を分解して解釈していきます。

細心の注意を払う

Meaning-Book
「細心の注意を払う」とは?使い方や例文!ビジネスメールでの使い方>


目次

  • 「細心の注意を払う」とは?
  • 「細心の注意を払う」について詳しく解釈
  • 「細心の注意を払う」の類語や言い換え
  • 「細心の注意を払う」を使った例文や短文など
  • 「細心の注意を払う」を分解して解釈


「細心の注意を払う」とは?

みなさんは「細心の注意を払う」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ビジネスシーンで使う機会が多い言葉のため、社会人として活躍されている人は知っている言葉かもしれません。

一方でまるで「細心の注意を払う」という言葉を聞いた事がない人もいるでしょう。

そこで「細心の注意を払う」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「細心の注意を払う」の読み方
  • 「細心の注意を払う」の意味

「細心の注意を払う」の読み方

「細心の注意を払う」「さいしんのちゅういをはらう」と読みます。

特に難しい漢字が使われているわけではないため、読み間違えることは少ないでしょう。

これを機会に「細心の注意を払う」「さいしんのちゅういをはらう」と読むことを覚えておきましょう。

「細心の注意を払う」の意味

「細心の注意を払う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「細心の注意を払う」には、「細部まで気を付けて、落ち度がないように気を引き締める」 「細部まで注意して、ミスがないようにする」などの意味があります。

単に注意するのにとどまらず、細かい部分にまで目を光らせて行動する時に、「細心の注意を払う」という言葉を使います。



「細心の注意を払う」について詳しく解釈

続いて「細心の注意を払う」という言葉について、詳しく解釈して行きましょう。

「細心の注意を払う」の使い方や、ビジネスシーンでの使い方、敬語についてなどを紹介します。

  • 「細心の注意を払う」の使い方
  • 「細心の注意を払う」の敬語やビジネスでの使い方

「細心の注意を払う」の使い方

「細心の注意を払う」という言葉は、どのように使えばいいでしょうか。

ビジネスシーンで使う時は、ミスが許されない場面だと自覚を促す時に使うことがあります。

仕事に取り掛かる前に、ひとつのミスも許されない案件のため注意しようと言う代わりに、「細心の注意を払うように」と声を掛けます。

また上司に対して、ミスが許されない案件と理解していることをアピールするために、「細心の注意を払います」と言うこともできます。

このように、ミスが許されない重要な仕事の前などに、「細心の注意を払う」という言葉を使ってみましょう。

「細心の注意を払う」の敬語やビジネスでの使い方

「細心の注意を払う」を敬語にするとどのような表現になるでしょうか。

「注意を払う」を敬語表現にして「注意を払ってまいります」「注意を払う所存でございます」などという表現をしてみましょう。

ビジネスシーンでは、相手によっては敬語表現が必要な場面があります。

そのような時に「細心の注意を払う」を、「細心の注意を払ってまいります」「細心の注意を払う所存でございます」などと言い換えてみましょう。

上司や取引先の担当者、年上の人などに対してこのような表現を使うと良いでしょう。

「細心の注意を払う」の類語や言い換え

続いて「細心の注意を払う」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「細心の注意を払う」とよく似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「気を引き締める」
  • 「石橋を叩いて渡る」
  • 「慎重になる」

「気を引き締める」

「気を引き締める」という言葉には、「気持ちを緊張させる」「真剣になる」という意味があります。

対義語として「気を緩ませる」という言葉があり、「緊張を解く」という意味があります。

あまりに緊張しすぎては普段の力が出せなくなりますが、ある程度の緊張が必要な場面があります。

そのような場面で「気を引き締める」という言葉を意識してみましょう。

「石橋を叩いて渡る」

「石橋を叩いて渡る」には、慎重に行動するという意味があります。

石橋のような頑丈だと分かっている橋でも、何が起こるか分かりません。

そのため、棒で石橋を叩いて、何度も安全を確かめて、川の上を通過するという意味があります。

「細心の注意を払う」という言葉にも、「石橋を叩いて渡る」とよく似た意味が含まれています。

「慎重になる」

「慎重になる」には「注意深くなり、軽々しく行動しない」という意味があります。

「細心の注意を払う」とよく似た言葉です。

大きな仕事に臨む前や、大切な作業に取り掛かる前ほど、軽々しく仕事を始めず、しっかりと注意する必要があります。

忘れていることはないか、邪魔になる物はないかなど、不安材料をチェックして取り除いてから作業に取り掛かる必要があるでしょう。



「細心の注意を払う」を使った例文や短文など

「細心の注意を払う」という言葉を使った、例文や短文を紹介して行きます。

「細心の注意を払う」という言葉の使い方のコツを、例文を通じて覚えましょう。

  • 「細心の注意を払う」を使った例文1
  • 「細心の注意を払う」を使った例文2

「細心の注意を払う」を使った例文1

「爆弾処理に際して、『細心の注意を払う』爆弾処理班」

刑事もののドラマや、ハリウッド映画などを見ていると、爆弾処理をする人たちの活躍を見ることがあります。

彼らは爆弾が誤爆してしまわないよう「細心の注意を払う」ことは言うまでもありません。

赤い線と、緑の線のどちらかを間違って切ってしまったら、爆弾が爆発するという場面は、手に汗握って見る場面になります。

映画やドラマの世界だけでなく、世界中の様々な場所で、実際に爆弾処理をしている人がいることに驚かされます。

「細心の注意を払う」を使った例文2

「告白する前に『細心の注意を払う』」

恋愛の場面でも、「細心の注意を払う」必要があるかもしれません。

それは告白の前ではないでしょうか。

どのような場所で告白するか、プレゼントを何にするか、花束をどのようにするか、サプライズにするか、どのような言葉を選ぶかなど、どれかを間違えてしまえば告白が失敗してしまう可能性があるためです。

絶対に成功しそうだと思えても、「細心の注意を払う」必要があるでしょう。

例えばテーマパークに誘うなど万端の準備をしたのに、告白した場所がトイレの前だと、それが断る理由になったりしますので、注意が必要です。

「細心の注意を払う」を分解して解釈

次に「細心の注意を払う」という言葉を、分解して解釈して行きます。

「細心の注意を払う」「細心」「注意」「払う」という三つの言葉に分けられます。

それぞれの言葉には、どのような意味があるでしょうか。

  • 「細心」
  • 「注意」
  • 「払う」

「細心」

「細心」という言葉には、「細かいところまで気を使う」「細かい部分まで気を配る」という意味があります。

「細心の注意を払う」以外にも「細心にことをはこぶ」などの使い方をします。

大雑把に物事を仕上げるのではなく、人が見ないような細かい場面まで気を使う人は、「細心」という言葉がぴったりの性格と言えます。

「注意」

「注意」という言葉は、一般的に良く使われる言葉のため、普段から使っている人が多いのではないでしょうか。

「注意」には、「気をつけること」という意味や、「気を配ること」とい意味があります。

また「悪いことが起こらぬよう、警戒する」という意味もあります。

例えば旅行先で犯罪に「注意」する、という使い方をします。

また「誰かに対して気を付けるように言う」という意味で、「注意」を使うこともあります。

「教師が生徒に注意する」という場合が、この意味になります。

また「あるものを認知しようとする」時にも「注意」という言葉を使います。

「注意深く見る」などという使い方をします。

このように「注意」には、様々な意味があり、様々な使われ方をしていることが分かります。

「払う」

「払う」という言葉の意味を紹介して行きます。

「払う」という言葉には、様々な意味があります。

「邪魔なものを除去する」という意味で「払う」という言葉を使うこと、また「脇へ押しのける」という意味で「払う」という言葉を使うことがあります。

「ハエを手で払う」などがそれです。

また「お金を支払う」という時も「金を払う」「払う」を使います。

また「犠牲を払う」という時は、「ある目的のため、大切なもの使う」という意味があります。

そして「注意を払う」「払う」には、「心を向ける」「心を注ぐ」という意味があります。

「払う」にも「注意」と同様に、様々な意味があり、様々な使われ方をしているということが良く分かります。

icon まとめ

「細心の注意を払う」という言葉について見てきました。

「細心の注意を払う」はビジネスシーンだけでなく、恋愛の場面でも使える言葉です。

これからミスが許されないようなことをする時に、「細心の注意を払う」という言葉を口に出してみましょう。

またビジネスシーンで使えるよう、敬語表現も覚えておきましょう。