意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「達成感」とは?読み方や意味と使い方!「違和感を感じる」という表現は重複表現?

「達成感」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

何か努力していることが終了した時や成功したときなど、やり切った、頑張った、と満足感を覚えることがありますよね。

それならば、「達成感」とは一体何を指すのでしょうか。

ここでは「達成感」という言葉について紹介します。

Meaning-Book
「達成感」とは?読み方や意味と使い方!「違和感を感じる」という表現は重複表現?>


目次

  • 「達成感」とは?
  • 「達成感を味わう」心理的効果
  • 「達成感」を使った言葉と意味を解釈
  • 「達成感」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「達成感を得る」の類語や類義語・言い換え
  • 「達成感」と「追求感」の違い
  • 「達成感」と「充実感」の違い


「達成感」とは?

「達成感」というのは何かを成し遂げたことによって得られる満足感を指しています。

例えば、学校の勉強をしていれば試験が終わった時に「達成感を覚えること」もあるでしょう。

仕事にはやりがいを感じ、大きなプロジェクトが終わったときには「達成感を感じる人」もいるかもしれません。

引っ越しをして荷物を運び終わった後には「達成感を感じるもの」ですし、「終わった!」と叫びたくなることもありますよね。

ダイエットに成功した時に「達成感を覚える」こともあります。

そのような感覚を「達成感」と呼びます。

充実した人生を送るために「達成感」は大切です。

  • 読み方
  • 「違和感を感じる」という表現は重複表現?

読み方

「達成感」という言葉は「たっせいかん」と読みます。

「違和感を感じる」という表現は重複表現?

「達成感」という言葉を使う時、どのような動詞を使ったら良いのでしょうか。

「達成感」というものが心で感じるものですから、どうしても「達成感を感じる」と思う人もいるかもしれません。

しかし、「達成感を感じる」というのは重複になります。

もしも「達成感」という単語を使いたいのであれば、「達成感を覚える」「達成感を味わう」という表現にすると問題ありません。



「達成感を味わう」心理的効果

「達成感」を味わうというのはどのようなものなのでしょうか。

ここでは「達成感」を味わう心理的な効果について紹介します。

  • やる気・モチベーション維持・向上
  • 自己肯定感が得られる

やる気・モチベーション維持・向上

「達成感」を味わえると、やる気やモチベーションを上げることが可能になります。

例えば、何かが成功すると、次も頑張ろうと思える事がありますよね。

料理が好きで、頻繁に色々と料理を作ったり、お菓子を焼いたりしているとしましょう。

上手に料理ができたり、ケーキが焼けたりすると、嬉しく感じるのではないでしょうか。

もしも新たなメニューに挑戦する、あなたのレシピを使ってみる、という時にうまく調理ができると、次も頑張ろう、もっと新たな分野を開拓してみたい、と感じるものです。

自分だけのオリジナルレシピができたりすると、さらに感激してもっとおいしい料理を作ろう、と思うものです。

自己肯定感が得られる

「達成感」を味わえると、自分に自信が持てるようになります。

例えば、スポーツの試合に向けて努力を続け、その試合に勝つことができれば、今までの努力が報われるわけです。

それと同時に自分に自信が持てると感じる人も多いのではないでしょうか。

あるいは、新たな言語などを勉強し始めて試験を受け、その試験に合格できると、自分に自信を持ち、自分を褒めてあげたくなるということもあるでしょう。

このような感覚は生きていく上でとても大切だと言われています。

「達成感」を使った言葉と意味を解釈

「達成感」という言葉を使った言い回しを紹介します。

  • 「達成感に包まれる」
  • 「達成感を味わう」
  • 「達成感を得る」
  • 「達成感に溢れる」

「達成感に包まれる」

「達成感に包まれる」というのは「達成感でいっぱいになる」ということです。

まるでその「達成感に包まれているかのように気持ちがいっぱいになる」ということを指しており、生きていて良かった、これからも頑張ろう、と思える状態を指しています。

「達成感」に包まれている時は、普段抱えている悩みや心配事なども覚えていないかもしれません。

それほど「達成感しかない状態」になると、それを「達成感に包まれる」と表現できるのです。

「達成感を味わう」

「達成感を味わう」というのは1番オーソドックスな使い方です。

何かを成功させた、何かを修了した、という区切りに感じることが多く、例えば大学卒業で学歴を手にし、「達成感を味わう」という人も多いのではないでしょうか。

修士論文や博士論文を書き、口頭試問を終えて教授から褒められ、「達成感を味わう」ということもあります。

「達成感を得る」

「達成感を得る」という表現も「達成感を味わう」ということと同じ意味を持ちます。

「達成感を手にする」ということであり、何かを達成して嬉しく思う、誇りに思う、ということになります。

何かを達成できれば、それは自分の自信になりますし、生きていく上での活力にもなるのです。

「達成感に溢れる」

「達成感に溢れる」という言い方も「達成感に包まれる」という表現とよく似たニュアンスを持っています。

「達成感に包まれる」と同じく、今はそれ以外の不安などは一切無い、達成して幸せな気持ちでいっぱいである、という状態を指しています。

「達成感に溢れている人」にはどのような不安もないでしょう。



「達成感」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは「達成感」という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「達成感」を使った例文1
  • 「達成感」を使った例文2
  • 「達成感」を使った例文3

「達成感」を使った例文1

「就職活動で希望していた会社から内定をもらい、達成感でいっぱいになった」

最近は大学4年生で就活をしなければいけませんから、大学生活もなかなか大変ですよね。

楽しい学校生活に終止符を打つために、就職活動をきちんと成功させなければいけません。

最近は就職活動も楽になり始めているなどと言われていますが、それでも以前ほど簡単ではなくなりました。

そのため、就職活動で精神的に参ってしまうという人も少なくありません。

そんな中、もしも希望していた会社から内定をもらったら、これからも頑張ろうと思いますし、今まで頑張ってきた自分への自己肯定感にもつながっていきます。

大学生活を素晴らしいものにするためにも、最後の就職活動に力を入れる必要があるのです。

「達成感」を使った例文2

「初めて任されたプロジェクトが成功し、上司に褒められたときには達成感でいっぱいになった」

人間は、最初こそ誰もが新入社員ですが、経験を積むごとに頼られる存在になります。

そしてプロジェクトを任されたときには自分が責任者となり、プロジェクトを進めていかなければいけません。

そのような中、もしも初めて任されたプロジェクトを成功させ、上司から「よくがんばった」などと声をかけてもらえたら、大きな「達成感」につながるのではないでしょうか。

今度は新たな後輩を育て、さらに飛躍していきたいと感じますよね。

「達成感」を使った例文3

「教授はやっと自分の論文を出版させて達成感に溢れている」

大学に携わる場合、あらゆる形で論文などを発表しなければいけません。

しかし最近は査読なども厳しくなっており、なかなか出版できない、発表できない、とも言われています。

また、どこから出版されるかということも大切な問題になるため、できる限りレベルが高い学術書から出版してもらいたい、と感じる人も多いのではないでしょうか。

自費出版という形で本を出版する人も増えているため、あらゆるところで出版をめぐる競争が起こっています。

そのような中で、それなりのレベルの出版社から自分の論文をやっと出版できれば、とても嬉しいものです。

今まで研究を頑張ってきたという「達成感」が得られます。

「達成感を得る」の類語や類義語・言い換え

ここでは「達成感を得る」という言い回しの類義語を紹介します。

  • 「満足する」
  • 「満たされる」

「満足する」

満足する、というのは心に叶って不平不満がないこと、心が満ち足りること、という意味を指しています。

例えば、今の生活に充分満足しているのであれば、今の生活には不満がない、幸せな生活ができている、ということになります。

心が充足する、という意味を持っているのです。

「満たされる」

満たされるという表現は、中にあるものがいっぱいになる、溢れる、という意味になります。

心が満たされるという意味で使われることも多く、この場合は充実感や幸福感を持つ、という意味になります。

「達成感」と「追求感」の違い

追求感という言葉はあまり聞いたことがないという人もいるかもしれません。

例えば仕事などで成長していく時、頻繁に「達成感」が得られないということもありますよね。

例えば研究者などは毎日研究を続けていきますが、だからといって誰もが驚くような研究結果を頻繁に出せるというわけではありません。

しかし、それでも研究を続けていこう、目的に向かって頑張ろう、という追求感がなければ研究を続けられないのです。

その一方で、例えば誰かから「その研究、いいね」などと言われると、まだ結果が出せていないから「達成感」とは言えませんが、それなりに精神的報酬を受けている気持ちになるのではないでしょうか。

農業などは1年かかってやっと収穫しますから、「達成感」は1年後まで得られないかもしれません。

しかし、例えば苗の芽が出た、芽が大きくなった、花が咲いた、実がなった、などという時にちょっとした喜びを感じられると、「達成感」は感じられなかったとしてもこれからも頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

それを追求感と言います。

目に見える形としてではなく、自分の努力の積み重ねに小さな喜びを感じられる場合、それを追求感というのです。

そのため、物事をやり遂げたときに得られる「達成感」とは大きく異なります。

「達成感」と「充実感」の違い

「達成感」とよく似た言葉に充実感というものがあります。

「達成感」というのは長続きしない感情を指しますが、充実感というのは長続きする感情だと考えられます。

「達成感」というものはあくまでも結果によって得られるものであり、充実感というのはその結果を出すためのプロセスから得られるものになります。

今まで後悔のないように準備をしてきた、それで結果が出せた、という場合は充実感が得られる、と言えるでしょう。

その一方で、たとえしっかりと準備をしなかったのであっても結果さえ出せれば「達成感」は得られるのです。

icon まとめ

人間には「達成感」が必要だと言われています。

小さなことであったとしても、適宜追求感を得ながら努力を続けていけば必ず「達成感」が得られます。

そしてそのプロセスも大切にし、充実感も得られると素敵ですよね。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。