意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「趨勢を占める」とは?意味や使い方、類語を解説!

この「趨勢を占める」は、ニュースで聞く機会も多いので、しっかり意味を覚えておきましょう。

趨勢を占める

Meaning-Book
「趨勢を占める」とは?意味や使い方、類語を解説!>


目次

  • 「趨勢を占める」とは?
  • 「趨勢を占める」を分解して解釈
  • 「趨勢を占める」の類語や言い換え
  • 「趨勢を占める」を使った表現の解釈


「趨勢を占める」とは?

「趨勢を占める」(すうせいをしめる)とは、この言葉の対象において、「すごく勢いがある」「多数派に(実際にはそうではなくても)見える」という意味で使います。

例えば、「昨年の自転車販売数では、電動アシスト自転車が趨勢を占めていた」といった使い方になり、意味は、電動アシスト自転車の販売に勢いがあり、多数を占めるほどになっているという解釈です。



「趨勢を占める」を分解して解釈

「趨勢を占める」を2つの言葉に分けて、詳しく解釈していきます。

「趨勢」「趨」は常用漢字ではありませんが、多くの場合でそのまま使われています。

  • 「趨勢」
  • 「占める」

「趨勢」

「趨勢」(すうせい)は、「物事の様子」を指して使う言葉です。

メディアでは常用漢字以外は使わない傾向があるので、「すう勢」と表記されることもありますが、上のように、この表現に限っては、「趨勢」のままで見掛けることが多いです。

「占める」

「多数を占める」という使い方で有名な言葉です。

「多数の割合を持つこと」という意味で使い、「趨勢を占める」とすることで、その物事の様子に深く影響していると解釈できます。

そこから、「すごく勢いがあること」「多数派に見える」という意味に繋がっています。

「趨勢を占める」の類語や言い換え

「趨勢を占める」と似た言葉や、言い換えになる表現です。

こちらの言葉の方が一般によく見聞きするかも知れません。

  • 「シェアを占める」

「シェアを占める」

この「シェア」は、英語の“share”を元にしたカタカナ語で、「所有している割合」「取り分」という意味で使われます。

先に挙げた「〜が趨勢を占めていた」という例文は、「〜がシェアを占めていた」としてもほとんど同じ意味になり、こちらで言い換えることができます。



「趨勢を占める」を使った表現の解釈

「趨勢を占める」を使ったよく見る表現と、その意味の解釈になります。

「趨勢を占める」は、このように使われる言葉です。

  • 「社会の趨勢を占める」

「社会の趨勢を占める」

世の中において、それが勢いがある、多数を占めると思われるという意味になる表現です。

「○○社会の〜」と使うと、その分野やカテゴリーにおいてのことになります。

「スマホの所有者が社会の趨勢を占める今〜」などという使われ方をよく見聞きします。

icon まとめ

現在では、類義表現の「シェアを占める」の方が使われていますが、それと同等の意味のこの「趨勢を占める」も是非覚えておいてください。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。