意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「辛抱強く」とは?類語や辛抱強くを使った言葉など徹底解釈

辛抱強く、という表現を知っているでしょうか。

子供に対して辛抱強くあるように願う親もいるかもしれません。

それならば辛抱強く、とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

ここでは辛抱強く、という表現について紹介します。

辛抱強く

Meaning-Book
「辛抱強く」とは?類語や辛抱強くを使った言葉など徹底解釈>


目次

  • 「辛抱強く」とは?読み方と意味
  • 「辛抱強く」を使った言葉(意味を解釈)
  • 「辛抱強く」の類語
  • 「辛抱強く」の英語や例文(解釈)など


「辛抱強く」とは?読み方と意味

辛抱強く、という言葉は「しんぼうづよく」と読みます。

形容詞「辛抱強い」の連用形であり、辛いことや困難があってもその物事に取り組む、諦めずに粘り強く努力をする、などといった意味を持ちます。

我慢をするという表現とは少し異なり、諦めない、といった意味合いが強くなります。

何かがうまくいかなくてもすぐに諦めるのではなく、努力を続けるといったニュアンスが含まれます。



「辛抱強く」を使った言葉(意味を解釈)

ここでは辛抱強くという言葉を使った言い回しを紹介します。

  • 「辛抱強く待つ」
  • 「辛抱強くなる」

「辛抱強く待つ」

辛抱強く待つ、というのは社会人としても非常に大切な姿勢です。

例えば、大学4年生になると就職活動をしなければいけませんが、結果が出るまでにはとにかく時間がかかるということがあるでしょう。

面接をした後、採用の結果が来るまではそわそわ落ち着かないものですが、そのような時にも辛抱強く待たなければいけません。

取引先等からの連絡を待ち、イライラしてしまったとしても、だからといってこちらから電話をしたりするのではなく、相手からの連絡を待つという姿勢が大切です。

相手からメールが来なかったとしても、嫌味を書いたメールを送るのではなく、「その後はどうなっているのか」と丁寧な連絡ができるということも辛抱強く待てるということになります。

「辛抱強くなる」

辛抱強くなるというのは、簡単に言えば短気ではなく、じっと耐えられる、長く待っている、という意味になります。

短気な人は辛抱強いとは言えません。

何かあったときにすぐに起こり出してしまう、何かあったときにすぐに相手に問いただしてしまう、などという人は少し辛抱強くなる必要があります。

何かあったとしても「相手にも理由があるんだろう」と割り切ることも大切です。

「辛抱強く」の類語

辛抱強くという言葉の類義語には粘り強い、根気よく続ける、などといった表現があります。

入念に、地道に、集中力を切らさず、弛みなく、などといった表現も使われます。



「辛抱強く」の英語や例文(解釈)など

辛抱強く meaning in english

辛抱強く、という表現を英語にすると“patiently”という表現が使えます。

例えば「彼女は高校生の時に辛抱強くなった」というのであれば“Her patients grew stronger when she was a high school student.”と言えます。

または“She has learned to be patient.”でも良いでしょう。

icon まとめ

辛抱強くある姿勢は社会人として必要です。

そのため、子供のうちに出来る限り辛抱強くいられるよう、訓練をしておかなければいけません。

何かうまくいかなかったとしてもコツコツと努力を続けていけると良いですね。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。