意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「斜陽産業」とは?意味と読み方!類語や言い換え

「斜陽産業」とは、「需要が減ってきて成長力を失い、売上・規模が縮小傾向にある産業」のことです。

「斜陽産業」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・斜陽産業の具体例・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈・対義語」などについて、詳しく説明していきます。

斜陽産業

Meaning-Book
「斜陽産業」とは?意味と読み方!類語や言い換え>


目次

  • 「斜陽産業」とは?読み方
  • 「斜陽産業」の言葉の使い方
  • 「斜陽産業」を使った例文と意味を解釈
  • 「斜陽産業」の類語や言い換え
  • 「斜陽産業」の英語や解釈
  • 「斜陽産業」の反対の言葉


「斜陽産業」とは?読み方

「斜陽産業」の意味は、「需要が減ってきて未来に向けた成長力を失い、売上・規模が縮小傾向にある産業(ビジネス)」になります。

「斜陽」というのは、「天頂まで登り詰めた太陽が沈むこと・登った太陽が地平線に向かって落ちていくこと」を意味する言葉です。

「斜陽産業」という言葉は、「昔は売上が良くて栄えていたが、今は人気・需要がなくなって成長しなくなった産業」「市場が衰退・縮小の傾向を見せている落ち目の振るわないビジネス」のことを意味しているのです。

「斜陽産業」の読み方は、「しゃようさんぎょう」になります。



「斜陽産業」の言葉の使い方

「斜陽産業」の言葉の使い方は、「産業としての成長期・成熟期を終えて、衰退傾向(没落傾向)にある産業・ビジネス」を指示して使うという使い方になります。

「斜陽産業」という言葉は、「産業構造の転換・人々のライフスタイルの変化」「技術革新(イノベーション)・貿易競争」の影響によって、「市場が成長しなくなり、逆に需要が減って市場規模が縮小している産業」を意味して使う言葉なのです。

例えば、「かつての花形産業だった紡績産業は、中国・インドなどの安価な生糸・綿に押されて斜陽産業になりました」などの文章で使えます。

「斜陽産業」を使った例文と意味を解釈

「斜陽産業」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「斜陽産業」を使った例文1
  • 「斜陽産業」を使った例文2

「斜陽産業」を使った例文1

「技術革新によって今までの技術・製品が陳腐化すると、昔の製品しか作れないメーカーは斜陽産業になってしまいます」

この「斜陽産業」を使った例文は、「技術革新によって今までの技術・製品が古臭いものになると、昔の製品しか作れないメーカーは成長力を失った衰退産業(先行きのない落ち目の産業)になってしまう」ということを意味しています。

「斜陽産業」を使った例文2

「就職活動をする時には、近未来の経済状況・需給の変化を予測して、斜陽産業を避けた方が良いでしょう」

この「斜陽産業」を使った例文は、「就職活動をする時には、近未来の経済状況・需給の変化を予測して、衰退したり落ちぶれたりしていく産業を避けた方が良い」ということをアドバイスする内容になっています。

「斜陽産業」の具体例 「斜陽産業」の具体例として、以下のような仕事・産業の分野を上げることができます。



  • 「石炭産業」
  • 「出版・印刷業界」
  • 「百貨店(デパート)業界」

「石炭産業」

「斜陽産業」の具体例として、「石炭産業」があります。

明治期から1960年代まで、主要なエネルギー源(燃料)として莫大な需要のあった「石炭」ですが、1960年代以降は安価な石油を中東から大量に輸入できるようになり、「エネルギー革命の進展」で急速に石炭産業は斜陽産業になってしまいました。

「出版・印刷業界」

「斜陽産業」の具体例として、「出版・印刷業界」があります。

インターネットの普及によって、紙に印刷された文字・文章を読む活字文化が急速に衰退し、「紙の本」を読む読書人口が大きく減りました。

その結果、「出版・印刷業界」の市場規模は段階的に縮小を続けていて、過去よりも紙の本・雑誌が大量に売れる時代はもう来ないという斜陽産業の状況に陥っています。

「百貨店(デパート)業界」

「斜陽産業」の具体例として、「百貨店(デパート)業界」があります。

デフレ経済が長期化して日本の平均所得も減少を続けたことから、高級品・ブランド品のラインナップが多い「百貨店(デパート)業界」が長期衰退傾向に陥っています。

百貨店(デパート)に代わってコンビニ業界が急速に成長した影響もあり、「百貨店(デパート)業界」も社用業界の一つに数えられています。

「斜陽産業」の類語や言い換え

「斜陽産業」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「衰退産業・需要減少の産業」
  • 「規模が縮小するビジネス」
  • 「時代遅れな産業・没落産業」

「衰退産業・需要減少の産業」

「斜陽産業」の類語・言い換えとして、「衰退産業・需要減少の産業」があります。

「斜陽産業」とは、売上・需要が減少していき衰えていく産業のことです。

その意味合いから、「斜陽産業」とほぼ同じ意味を持つ類語として、「衰退産業・需要減少の産業」を上げることができます。

「規模が縮小するビジネス」

「斜陽産業」の類語・言い換えとして、「規模が縮小するビジネス」があります。

「斜陽産業」とは、技術革新や競争劣位によって市場規模が縮小していく産業・ビジネスの分野のことです。

その意味から、「斜陽産業」「規模が縮小するビジネス」という言葉で言い換えることができます。

「時代遅れな産業・没落産業」

「斜陽産業」の類語・言い換えとして、「時代遅れな産業・没落産業」があります。

「斜陽産業」というのは、「技術革新やニーズの変化などで時代遅れになってしまった没落傾向の産業」を意味する言葉です。

その意味から、「斜陽産業」に似た意味を持つ類語として、「時代遅れな産業・没落産業」を指摘できます。

「斜陽産業」の英語や解釈

斜陽産業 meaning in english

「斜陽産業」という言葉は、“a declining industry”(斜陽している産業)や“an industry on the decline”(斜陽の状態にある産業)、“sunset industries”(日が沈んでいる産業)などの英語で表現することができます。

  • “Publishing industry became a declining industry since about 1990's.”

“Publishing industry became a declining industry since about 1990's.”

この「斜陽産業」を使った英語の例文は、「出版業界は、1990年代頃から斜陽産業になりました」になります。

「斜陽産業」の反対の言葉

「斜陽産業」の反対の言葉は、「成長産業(せいちょうさんぎょう)」になります。

「成長産業」の言葉の意味は、「これから社会・人々の需要(ニーズ)が増えて、さらに成長して伸びていく産業」になります。

産業の発達段階のピークを超えて成長が止まり衰退傾向を示している「斜陽産業」とは反対の意味を持つ対義語として、「成長産業」という言葉があります。

icon まとめ

「斜陽産業」という言葉について徹底的に解説しましたが、「斜陽産業」には「需要が減ってきてこれ以上成長しなくなり、売上・規模が縮小傾向にある産業」などの意味があります。

「斜陽産業」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「衰退産業・需要減少の産業」「規模が縮小するビジネス」「時代遅れな産業・没落産業」などがあります。

「斜陽産業」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。