意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余儀」とは?意味と使い方!例文と類語!「余儀」と「余技」の違い

「余儀」とは、「他の事柄・他に取るべき方法・異なる意見」です。

「余儀」「意味・読み方・語源・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈・余儀と余技の違い」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「余儀」とは?意味と使い方!例文と類語!「余儀」と「余技」の違い>


目次

  • 「余儀」の意味とは?
  • 「余儀」の読み方
  • 「余儀」の語源
  • 「余儀」を使った言葉と意味を解釈
  • 「余儀」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「余儀(余儀なくされる)」の類語や言い換え
  • 「余儀」の英語や例文(解釈)など
  • 「余儀」と「余技」の違い


「余儀」の意味とは?

「余儀」の意味は、「他の事柄・他に取るべき方法」「異なる意見・今までと異なる態度や処遇」になります。

「余儀」という言葉は、一般的に「余儀ない(他の方法がない)・余儀なくされる(そうせざるを得ない)」という慣用的・定形的な言い回しで使われるケースがほとんどです。

例えば、「余儀ない理由があって、葬儀に間に合いませんでした」「想定外の異常気象によって、海外出張のスケジュールの変更を余儀なくされました」などの文章において、「余儀・余儀ない」という言葉の意味を示すことができるのです。



「余儀」の読み方

「余儀」の読み方は、「よぎ」になります。

「余儀」の語源

「余儀」の語源を漢字から考えると、「余」の漢字は「余り・残り・その他・それ以外」を意味していて、「儀」の漢字は「物事を行う方法・決まり(ルール)・作法・立派なさま」を意味しています。

「余儀」の語源は「余+儀=余儀」で、「それ以外の方法」「その他の規範・作法」という意味にあります。

その語源から転じて、「余儀」「その他の事柄・方法(やり方)・ルール」などを意味する言葉になったのです。



「余儀」を使った言葉と意味を解釈

「余儀」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「余儀なくされる」

「余儀なくされる」

「余儀なくされる」という慣用的・定形的な言葉の意味は、「他に取るべき方法がなくて、そうせざるを得ないこと」「そうするしか仕方がないこと」「そうするより他に選択の余地がないこと」になります。

例えば、「交通事故で脚を骨折して、松葉杖の使用を余儀なくされました」「家計の事情で大学進学を断念して、就職を余儀なくされました」「全国大会の欠席を余儀なくされるのは、私にとって非常に不本意なことでした」などの文章において、「余儀なくされる」の言葉を正しく使えます。

「余儀」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「余儀」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「余儀」を使った例文1
  • 「余儀」を使った例文2

「余儀」を使った例文1

「航空機の運行停止という余儀ない事情によって、大切な採用面接の時間に遅れてしまいました」

この「余儀」を使った例文は、「航空機の運行停止という、他にどうしようもならない事情によって、大切な採用面接の時間に遅れてしまった」ということを意味しています。

この例文における「余儀ない」という言葉は、「他に取るべき方法・選択肢がないこと」「自分の意志ではどうしようもならないこと」を意味しています。

「余儀」を使った例文2

「長期入院が必要になる大きな病気をしたことで、単位不足で進学できずに留年を余儀なくされました」

この「余儀」を使った例文は、「長期入院が必要になる大きな病気をしたことで、単位不足で進学できずに、留年するしかない状況に追い込まれたこと」を意味しています。

この例文における「余儀なくされる」は、「それ以外の方法や選択肢がなくて、そうせざるを得ないということ」「そうするしか仕方がないこと(そうすることを避けられないこと)」を意味しています。

「余儀(余儀なくされる)」の類語や言い換え

「余儀(余儀なくされる)」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「他の方法がない・他のやり方がない」
  • 「仕方ない・選択の余地がない」

「他の方法がない・他のやり方がない」

「余儀(余儀なくされる)」の類語・言い換えとして、「他の方法がない・他のやり方がない」があります。

「余儀」とは「他の取るべき方法(やり方)」のことであり、「余儀なくされる」というのは「他に取るべき方法(やり方)がなくて、そうせざるを得ないこと」を意味しています。

その意味合いから、「余儀なくされる」という言い回しは、「他の方法がない・他のやり方がない」という言葉に言い換えることができるのです。

「仕方ない・選択の余地がない」

「余儀(余儀なくされる)」の類語・言い換えとして、「仕方ない(しかたない)・選択の余地がない」があります。

「仕方ない」という言葉は、「他に取るべき方法(やり方)がないので、どうしようもないこと」「やむを得ずそうするしかないこと」を意味しています。

「仕方ない」という言葉は、よりシンプルに表現すれば「選択の余地がない」ということを意味しているのです。

他に採用すべき方法がなくてどうしようもないを意味する「余儀なくされる」の類語(シソーラス)として、「仕方ない・選択の余地がない」という言葉を上げることができます。

「余儀」の英語や例文(解釈)など

「余儀」という言葉は、「他の事柄」の意味では“other thing”(another thing)、「他の方法(やり方)」の意味では“other method(another method)”“other chance”で表現することができます。

「〜を余儀なくされる」という定形的な言い回しは、“I just have to do that〜”(ただ〜するしかない)や“I have no other choice but to〜”(選択肢がなくて〜するしかない)、“The only thing I can do is that〜”(私にできることは〜だけです)で表せます。

  • “I just had to do that I was treated for illness now.”
  • “The only thing he can do is that he studies very hard for the entrance exam.”

“I just had to do that I was treated for illness now.”

この「余儀(余儀なくされる)」を使った例文は、「私は今、病気の治療を受けることを余儀なくされました」ということを意味しています。

“The only thing he can do is that he studies very hard for the entrance exam.”

この「余儀(余儀なくされる)」を使った例文は、「彼は入試のために、一生懸命に勉強することを余儀なくされています」ということを意味しています。

「余儀」と「余技」の違い

「余儀」「余技」の違いは、「余儀」「他の事柄・他に採用すべき方法(やり方)」を意味していますが、「余技」「自分の専門以外(本業以外)の技能・技芸」を意味しているという明らかな違いがあります。

「余儀」には「余儀なくされる(そうせざるを得ない)」の慣用的な言い回しがありますが、「余技なくされる」という言葉はありません。

反対に、「プログラミングは彼の余技の才能です(専門・本業ではない才能です)」という文章も、「プログラミングは彼の余儀の才能です」と書くと意味が通じなくなります。

icon まとめ

「余儀」という言葉について徹底的に解説しましたが、余儀には「他の事柄・他に採用できる方法・異なる意見や態度」などの意味があります。

「余儀(余儀なくされる)」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「他の方法がない・他のやり方がない」「仕方ない・選択の余地がない」などがあります。

「余儀」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。