意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「叱咤」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!

社会人になると上司から「叱咤」されることもあるでしょう。

「叱咤」とはどの様な意味なのか、使い方や類語などを紹介します。

叱咤

Meaning-Book
「叱咤」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「叱咤」の意味とは?
  • 「叱咤」の読み方
  • 「叱咤」の言葉の使い方
  • 「叱咤」を使った言葉と意味を解釈
  • 「叱咤」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「叱咤」の類語や言い換え(シソーラス)
  • 「叱咤」の英語(解釈)など


「叱咤」の意味とは?

「叱咤」の意味と言葉の成り立ち、「叱責」との違いについて紹介します。

  • 「叱咤」の意味
  • 「叱咤」の言葉の成り立ち
  • 「叱責」

「叱咤」の意味

「叱咤」の意味は「怒りを表して大声で叱りつけること」です。

ただ叱るのではなく、怒っている様子を見せて大声を出しながら叱ることを言います。

会社でミスをした時に「もっとしっかりしなさい」と言うのではなく、「どんなに相手に迷惑をかけたのか分かっているのか、君は!」と大声で叱るのです。

但し、「怒る」のではなく「叱る」のですから、ただ感情に任せて怒鳴るのではなく、部下の非を指摘して注意するという意味が込められています。

普段よりも強い口調で相手を責めて注意する時に使われます。

「叱咤」の言葉の成り立ち

「叱咤」をより理解する為に言葉の成り立ちについても紹介します。

「叱」「しかる」の他に「シッと舌打ちする音」という意味があります。

人は怒った時に舌打ちをすることがあるもので、怒りの感情を表しています。

「咤」も同じく「しかる」「シッと舌打ちする音」という意味があるのです。

つまり、どちらも同じく「シッと舌を打ち鳴らして叱る」という意味を強調させている言葉なのです。

この2つの意味の漢字が組み合わさり「大声で強く叱る」という意味で使われる様になりました。

「叱責」

「叱咤」と似た言葉に「叱責」があります。

どちらも「怒る」という意味では似ていますが、内容は全く違います。

「叱咤」「大声を出して相手を叱る」という意味です。

「叱責」「相手の失敗や過ちを指摘して非難すること」です。

「叱咤」は相手に対して期待しているという意味がありますが、「叱責」は単に相手を非難しているだけの意味です。

もしも上司が部下を怒るのならば、「叱責」よりも「叱咤」するべきですが、自分の肩書に溺れいてる人は中々その使分けができないのが現状です。



「叱咤」の読み方

「叱咤」「しった」と読みます。

知らないと中々読めない言葉ですので、これを機に覚えてしまいましょう。

「叱咤」の言葉の使い方

「叱咤」の言葉の使い方には以下のポイントがあります。

  • 多くは動詞形で使う
  • 第三者が使うことが多い
  • 敬語で「ご叱咤」とはならない

多くは動詞形で使う

「叱咤」は名詞ですが、最も多い使い方は「叱咤する」という動詞形です。

「怒る+叱る」が組み合わさった言葉で、ビジネスで失敗や間違いをした時によく使われます。

受動態として「叱咤される」という言葉も使われます。

第三者が使うことが多い

一般的に「叱咤」「大声で怒る動作」を表していて、怒り方に関しては人それぞれです。

「叱咤する」と言っても実際に言葉で「叱咤」という訳ではなく、その人なりのやり方で怒ることを表します。

基本的に目上の人から目下の人に対してする行為であり、その様子について第三者又は「叱咤」された本人が「叱咤した・された」と使います。

敬語で「ご叱咤」とはならない

目上の人から怒られた時に「ご叱咤頂きまして」と使うのは間違いです。

「叱咤」は大声で怒ることで、あまり品の良いものではありません。

敬語にする時には「お叱りを頂きまして」とシンプルに言った方が良いでしょう。



「叱咤」を使った言葉と意味を解釈

「叱咤」を使った言葉と解釈を紹介します。

  • 「叱咤激励」

「叱咤激励」

「しったげきれい」と読みます。

意味は「大声で相手を叱りながら奮い立たせること」です。

ただ叱るだけではなく、相手の良い点を認めて今後の活躍を期待して、励ましの言葉をかけるという意味が含まれています。

多くの場合「叱咤」されるよりも「叱咤激励」をされた方が部下は伸びるものです。

但し、文章によっては「叱咤」「叱咤激励」の意味も含むこともあります。

「叱咤」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「叱咤」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「叱咤」を使った例文1
  • 「叱咤」を使った例文2

「叱咤」を使った例文1

「彼はケアレスミスをやらかして上司から叱咤された」

仕事は慣れてくると段々と手を抜く様になってくるものです。

いつも大丈夫だったので今回も大丈夫だろうと思っていると、注意を怠りミスが生じてしまうのです。

本来ならば防げて当然のケアレスミスをした部下に対して上司が厳しく注意をしている様子を表しています。

「叱咤」を使った例文2

「上司から叱咤されて落ち込んだ同僚をなぐさめた」

上司から強い口調で怒られると落ち込むもので、自分に自信がなくなってしまう人もいます。

その様な時に同僚が飲みに誘ってあげて「気にするなよ」となぐさめている様子を表しています。

同僚は「叱責」されたのではなく「叱咤」されたと分かっているので、上手になぐさめてあげることでしょう。

「叱咤」の類語や言い換え(シソーラス)

「叱咤」の類語には以下のものがあります。

  • 「叱り飛ばす」
  • 「一喝する」

「叱り飛ばす」

「ひどく叱ること」という意味です。

「飛ばす」が付くことで、言葉を遠くへ勢いよく放つという意味合いがあり、相手がかなり大声を出していることが伝わります。

「一喝する」

「いっかつする」と読みます。

意味は「大声でひと声叫んで叱りつけること」です。

普段滅多に怒らない人や強面の人が一言でピシャリと叱りつけることを言います。

基本的に大勢いるなかでただ一人が事態を収束させる為に大声を出して怒った時に使われます。

「叱咤」の英語(解釈)など

叱咤 meaning in english

「叱咤」の英語訳は以下の通りです。

  • “He was scolded by his mother for telling a lie.”
  • “The boss gave his staff a pep talk to make effort for the resolution.”

“He was scolded by his mother for telling a lie.”

「彼はウソをついて母親に叱咤された」と訳します。

「scold」「子供をがみがみと叱る」という意味です。

“The boss gave his staff a pep talk to make effort for the resolution.”

「上司は問題の解決の為に努力する様に部下を叱咤激励した」となります。

“pep”には「元気づける」という意味があり、“give a pep talk”「叱咤激励する」の英語訳になります。

icon まとめ

「叱咤」「大声を出して人を叱ること」です。

その裏には愛情と期待が込められていることを忘れない様にしましょう。

人を叱る時にはただ感情的に怒るのは「叱責」で、その人の成長を思って怒るのが「叱咤」になります。

この違いをよく覚えておきましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。