意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無礼を働く」の意味とは・敬語・英語【使い方や例文】

「無礼を働く」、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

日本では相手に礼儀を果たすという見解が重視されますので、「無礼を働く」事はない、と思う人もいるかもしれません。

しかし、この言葉にはどのような意味を持つのでしょうか。

ここでは、言葉の表現について紹介します。

無礼を働く

Meaning-Book
「無礼を働く」の意味とは・敬語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「無礼を働く」の意味とは?
  • 「無礼を働く」の読み方?
  • 「無礼を働く」の英語(解釈)
  • 「無礼を働いたとき」のビジネス敬語での謝り方
  • 「無礼を働く」の言葉の使い方
  • 「無礼を働く」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「無礼を働く」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「無礼を働く」の類語や言い換え(シソーラス)


「無礼を働く」の意味とは?

「無礼を働く」の意味とは?

ブレイド働くというのは誰かに対して失礼な態度や振る舞いを取る、ということになります。

無礼というのは礼儀に欠けていること、礼儀に外れていること、などという意味を持ち、例えばこちらが挨拶をしたのに向こうが何も言わない、などという時にこの言葉が使われます。

本来は靴を脱がなければいけない神社に土足で入り込んだ人も、無礼を働いたということになります。

ビジネスでは「ご無礼」という形で使われる場合もあります。

また、ご無礼という言葉に関しては何か相手に失礼なことをしてしまった、そうなれば謝罪をしなければならない、という時に使われます。



「無礼を働く」の読み方?

「無礼を働く」の読み方?

「無礼を働く」という言葉は「ぶれいをはたらく」と読みます。

これ以外に読み方はありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

「無礼を働く」の英語(解釈)

「無礼を働く」の英語(解釈)

「無礼を働く」という表現の英語には様々なものがあります。

ここでは2つの言い回しを紹介します。

  • “be rude to somebody”
  • “say something rude to somebody”

“be rude to somebody”

“be rude to somebody”というのは、「無礼を働く」という英語表現の1つです。

誰かに対して無礼な働きをする、礼に欠けた態度を取る、ということになるのです。

“rude”は無作法、失礼、無礼、などという意味を持ちます。

“say something rude to somebody”

“say something rude to somebody”は、誰かに対して無礼なことをいう、という意味になります。

無作法な何かをする、ということではなく、失礼に欠いた発言をする、その人の気持ちを無視した発言をする、などという時にこの言葉が使えます。



「無礼を働いたとき」のビジネス敬語での謝り方

「無礼を働いたとき」のビジネス敬語での謝り方

ビジネスでは、無礼を働いてしまうと人間関係に影響を与えてしまい、悪い結果を招いてしまうかもしれません。

そのような時に無礼を働いてしまったら、すぐに謝罪をしたいものです。

ビジネス敬語で正しく謝罪をするためには、口頭で謝罪した後にメールをするようにしましょう。

メールだけだと誠意が感じられず、気持ちが伝わらない可能性があります。

そのため、直接、あるいは電話で話をした後にメールを送ることで丁寧に謝ることが可能になります。

ビジネス敬語で謝るときには簡潔に謝罪しましょう。

「無礼を働く」の言葉の使い方

「無礼を働く」の言葉の使い方

「無礼を働く」という言葉は残念ながら、日常的によく使う表現でもあります。

例えば、「彼女が私に無礼を働いてきた」などという表現ができます。

足を踏んだのに謝罪をしてこなかった、レストランで並んでいたのに横入りをしてきた、など、小さな物から大きなものまで、無礼は様々です。

いずれにせよ、誰かを不愉快にさせてしまったのであれば、その人は無礼を働いたのです。

その人は謝罪をしなければならなくなります。

「無礼を働く」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「無礼を働く」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

ここでは、言い回しを紹介します。

  • 「取引先に無礼を働く」

「取引先に無礼を働く」

取引先に「無礼を働く」、というのはビジネスマンにとっては大変なことです。

取引先の会社は自分たちのプロジェクトを一緒に担う存在であり、どちらもお互いのことを頼りにしています。

しかし、そんな時に取引先の人に対し無礼な行いをしてしまった、間違ったメールを送ってしまったのにすぐに謝罪ができなかった、間違った日付を教えてしまった、などということがあれば、プロジェクトがうまくいかなくなる可能性もあります。

「無礼を働く」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「無礼を働く」を使った例文や短文など(意味を解釈)

ここでは「無礼を働く」という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「無礼を働く」を使った例文1
  • 「無礼を働く」を使った例文2

「無礼を働く」を使った例文1

「彼女は大学時代から気位が高かったけれど、卒業旅行に行った時、今までずっと好きだと思っていた人に無礼を働いてしまい、失恋したんだって」

今まで好きな人がいたら、やはりその好きな人にはいつか振り向いてほしいと思いますよね。

今度は自分のことを好きになってほしいと思うのではないでしょうか。

しかし、好きだと思っていた人にもしも無礼を働いてしまったら、その計画は崩れてしまうでしょう。

大学の時から気位が高かった彼女に好かれた男性は、それなりにうまくその女性との距離を縮めようとしていました。

しかし、とうとう女性が失礼な態度をとってしまったため、その男性はその女性が彼女だと見られなくなってしまったのです。

「無礼を働く」を使った例文2

「彼女は、部下の3人が彼女に無礼を働いたため、この部下の3人を左遷したらしい」

日本社会では、上司は男性、部下は女性、といった流れがあります。

年功序列、男尊女卑、といった考え方が根強く残っていますよね。

しかし、最近は女性の力が強くなってきたと言われています。

女性が男性の上に立つこともあるのです。

そのような場所で部下である男性3人が上司である女性に無礼を働き、最終的に職を失うという結果を迎えました。

セクハラというのは受けた側の感覚であり、基本的に女性が受けた感覚こそが大切な証拠となります。

セクハラは女性が喜ぶもの、という誤解はさっさと正様ければいけません。

「無礼を働く」の類語や言い換え(シソーラス)

「無礼を働く」の類語や言い換え(シソーラス)

ここでは「無礼を働く」という言葉の類義語を紹介します。

  • 失礼【しつれい】
  • 無作法【ぶさほう】
  • 侮辱【くつじょく】

失礼【しつれい】

失礼という表現は礼儀に反する振る舞いをすること、設計、という意味があります。

また、軽い気持ちでお詫びをする時にも「あ、失礼」「失礼致します」などと表現できます。

無作法【ぶさほう】

無作法というのは礼儀作法に外れること、不躾、という意味を持ちます。

激方法に外れているため無作法という言葉ができあがったのです。

例えば食事のマナーができていないなども無作法だと思われることが多いですと考えられます。

侮辱【くつじょく】

侮辱というのは馬鹿にして辱めることになります。

侮蔑と言い換えられることもあるでしょう。

他人を妬んだりして、蔑ろにすることを指しています。

icon まとめ

「無礼を働く」という表現はよくビジネスにおいても使われます。

ビジネスでは「無礼を働く」という事は失礼なことであり、特に男性が女性に対して無礼を働いた場合、セクハラだと疑われることもあります。

また、最近ではセクハラ以外にもモラハラやパワハラなどという言葉がありますから、権力を持つ人は、権力があるが故に気をつけなければいけない、と言われているのです。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。